FC2ブログ
03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

斑鳩の地に法隆寺を訪ねる その2 


 では法隆寺の写真などご紹介しながら、梅原猛氏の論じた法隆寺論の一部についてもご紹介してみます。

 DSC_0935_20190224143609385.jpg

 写真は左が金堂、右が五重塔、中央奥の方に写っているのが中門で、これら建造物はいずれも国宝に指定されています。

 DSC_0908_20190224143607464.jpg
 (中門、門の中央に柱という例外的な構造をもっています)

 梅原氏の説によれば、法隆寺は、聖徳太子の霊が怨霊となって祟りをなすことを恐れた藤原氏一族が、太子の霊を鎮め、またこれを封じるために再建したものとされています。
 不遇のうちに亡くなった英雄の怨霊が災いをなすことを恐れて、これを祭るという文化は日本の歴史の中で繰り返しみられます。菅原道真公、崇徳上皇、安徳天皇…etc.
 聖徳太子は、皇極2年(643年)その子、山背大兄皇子(やましろのおおえのおうじ)が一族もろとも(再建前の)法隆寺五重塔で絶滅するという悲劇が起きています。

 DSC_0962.jpg

 梅原氏は、山背大兄皇子一族を絶滅させた首謀者の1人が法隆寺に多額の寄進(食封)をしていることを見つけたときに、自説の着想を得たとされています。

 DSC_0959_201902241436295fd.jpg
 (五重塔、金堂は、このような回廊の内側にあります)

 梅原氏の論は、その着想、発想に驚かされるという点もさることながら、もっとも感心してしまうのは、その論証の多様さです。繰り返し繰り返し角度を変え、別の事象を取り上げて、驚くほど多くの側面から自説の合理性を明らかにし、また自説を前提とすることで初めて、夥しいほどの事実が整合的に説明されていくことをもって自説の正当性を証明しようとします。まさに圧倒的な知の力を感じさせる作業なのです。

 DSC_0931.jpg
 (金堂)

 この金堂の中にある釈迦三尊像と薬師如来像の光背の裏面には、それぞれの仏像が造られた由来などを記した銘文が記載されているそうなのですが、梅原氏は、これらの銘文を後世のねつ造としています。その論証の鮮やかさといったら、もう(笑)

 DSC_1034.jpg
 (夢殿)

 そして聖徳太子の廟といわれている夢殿。太子が住んでいた斑鳩宮の跡地に建てられています。
 でも、建てられたのは天平11年(739年)、聖徳太子が亡くなられた推古30年(622年)から100年以上経ってからです。おかしいですよね。
 その2年前、確固たる地位を築いていた藤原氏の当時の支柱であった4兄弟が次々と亡くなるという事態が発生しているのです。怨霊の怒りを封じようとしたという説明はとても説得力をもっています。

 DSC_1026.jpg

 長い歴史をもち、そして今も往時の姿をとどめる法隆寺。
 その地で、今も息づく法隆寺の姿を体感しつつ、その歴史に思いをはせることができました。最高の時間でしたよ。
 (なおつづく…つもり)



 
 ブログランキングに、いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 最新アルバム「ばら色のJE T’AIME! 」Amazonにて発売中です。
 下のジャケット写真をクリックすると、試聴できるサイトが開きます。

 ジャケ写beppu3

 今日の1曲は「花の季節」です。

 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

斑鳩の地に法隆寺を訪ねる 


 2月の冷え込んだ日のこと、別府は斑鳩の地に向かいました。
 電車を乗り継ぐこと1時間余り、JR法隆寺駅に到着です。
 寡聞にして、この有名なお寺の名前を冠した駅があると知ったのは初めてのことでした。
 そして駅のコンコースに記念撮影スポット発見!

 DSC_0878_20190218191852dd6.jpg

 これは見逃せません。
 当然、撮影でございます。
 この駅から徒歩で20分あまり、景色を楽しみながらブラブラと歩いていくと、やがて法隆寺が見えてまいります。

 DSC_0901.jpg

 日本最初の世界文化遺産、法隆寺に到着です。

 DSC_0921.jpg

 さっ、行きましょう!

 DSC_0993_20190218191946065.jpg

 ところで今回の斑鳩・法隆寺紀行のきっかけとなったのは1冊の本でした。

 DSC_1286_20190218191949fb5.jpg

 「隠された十字架 法隆寺論」
 先般亡くなられた哲学者 梅原猛氏の代表作の1つです。
 別府は、氏が亡くなられたというニュースを聞いて、なんとはなしに興味をそそられて、読んでみたのですが、なんというか衝撃を受けるほどの面白さでした。

 DSC_0911_HORIZONa.jpg

 氏は繰り返します。
 すべての事象をもっとも合理的で整合的に説明する仮説こそが真理の地位を獲得するのだ。常識に捕らわれてはならないと。

 DSC_0936_HORIZON.jpg
  (法隆寺五重塔)

 法隆寺は推古天皇の時代、607年に建立されたと言われています。聖徳太子が摂政だった時代ですね。ただ現在の法隆寺は、そのとき建てられたものか、それとも1度焼けて再建立されたのか、いわゆる非再建論と再建論との争いがあったそうです。日本書紀に天智9年(670年)に法隆寺は全焼したという記述がある一方で、再建されたとは、どこにもはっきり書いてないからという辺りが原因みたいです。

 DSC_1005-(1).jpg

 非再建論に立つと、いまの法隆寺は、聖徳太子が建立した当時のお寺がそのまま残っているということになって、その権威いや増すというところですね。
 でも現在では、もっぱら再建論が支持されているそうです。発掘調査の結果、現在の法隆寺の南方に、現在の法隆寺とほぼ同じ規模の伽藍の跡が残っていることが分かっているからです。

 では、現在の法隆寺は、一体いつ、誰が、何のために建てたのか?法隆寺、最大の謎です。
 ただ法隆寺にまつわる謎は実にたくさんあるのです。大小さまざま形を変えて…
 梅原氏は「隠された十字架 法隆寺論」の中で、これらの謎に挑んでいます。手を変え品を変え、あらゆる角度から。

 DSC_1001.jpg

 別府はぐいぐい引き込まれ、そして思ったのですよ。これはもう、法隆寺に行くしかないと。
 (つづく…はず)




 
 ブログランキングに、いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 最新アルバム「ばら色のJE T’AIME! 」Amazonにて発売中です。
 下のジャケット写真をクリックすると、試聴できるサイトが開きます。

 ジャケ写beppu3

 今日の1曲は「ローズです。

 

[edit]

trackback: -- | comment: 1

ピアフを思う 


 新年あけましておめでとうございます。
 どうもこのブログの更新は、世間よりテンポが遅れているみたいです(笑)

   pet_tehe_cat_201901051336097b6.jpg

 というわけで、今日の記事は、暮れのクリスマスライブのレポートです。
 この日のライブは大阪にありますJAZZ LIVE BARグラバー邸さんでした。
 今回のライブ、おかげ様で3週間以上前から予約で満席になってしまい、お申し込みをお断りせざるを得ないケースもあって、ご来場できなかった皆さま、申し訳ありませんでした。

 DSC_0427-(1).jpg

 10月に予定していたグラバー邸さんでのライブが台風の影響で中止になった後、お店の方から、この日が空いているけど、どう?とお声をかけてもらってのがきっかけでした。ありがたいことですよねー

 IMG_7365.jpg

 そんな経緯もあってメンバーはピアニスト上田裕司さんとのコンビでした。
 上田さんは、別府が本格的に歌い始めた当初の頃から、ずっと弾いてもらっていたピアニストです。
 抜群の技量をもつ関西の重鎮とも言うべき上田さんに弾いてもらうのは、すごく安心だったし、とても勉強になったのですが、もっと自分の色合いを出したいと考えたとき、別府葉子シャンソントリオというマイバンドを持つことになって、上田さんとの演奏機会は自然に減ってきて、この日は久しぶりの協演でした。

 IMG_7468.jpg

 この日は、上田さんと一緒に収録したファーストアルバムやセカンドアルバムから大半の曲を選んでライブプログラムをつくりました。

 IMG_7408.jpg

 それで思ったのですが…
① やっぱり上田さんは凄い。
② 上田さんとだと、打ち合わせはほとんどいらない。
③ 上田さんの演奏が、自分の曲イメージと1番ぴったり重なる曲がある。代表的なものとしてエディット・ピアフ。

 IMG_7493a.jpg

 ずっと考えていたエディット・ピアフ特集的なライブの形が少しずつ見えてきているような気がしております。




 
 ブログランキングに、いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 最新アルバム「ばら色のJE T’AIME! 」Amazonにて発売中です。
 下のジャケット写真をクリックすると、試聴できるサイトが開きます。

 ジャケ写beppu3

 今日の1曲は「群衆」です。

 

[edit]

trackback: -- | comment: 4

ずいぶん更新を怠ったままで… 

 もう1月も前の話になってしましましたが、新しいアルバムのためのレコーディングを行いました。

 IMG_2318.jpg

 別府葉子シャンソントリオとしては2枚目のアルバムです。

 IMG_7006a.jpg

 レコーディングに要した期間は丸3日でした。
 ピアノの鶴ちゃん、ベースの尚美ちゃんと、朝、スタジオで落ち合って、あとはほとんど1日中スタジオにこもる感じでした。

 IMG_7055.jpg

 夜、解放された後で、あれこれとお喋りしながらの食事も楽しかったけど、食事を終えたらバタンきゅーという感じでしたねー

 DSC_0346.jpg

 今回のアルバム、これまでの別府のアルバムとは少し違います。
 これまでの別府のアルバムは(例外はありますが)基本的にはライブでやっていることを再現してきました。

 IMG_2373a.jpg

 だからワンテイク一発OKなんて当たり前って感じでしたが、今回は少しやり方を変えております。

 IMG_7132.jpg

 メンバー1人1人が、意見を出して、こうしたい、ああしたいとディスカッション。
 やってみた演奏を聴いてみては、またディスカッション。
 納得がいくまで作りこんでみたという感じ。

 IMG_7163.jpg

 皆が積極的に意見を出し合えたことが嬉しかったですね。

 IMG_2368.jpg

 そのほかメンバーによる10人ハモリとか、パーカッション重ねとか、スタジオならではのテクニックもいろいろ駆使して、たっぷり楽しんでいただけるものになったと思います。

 DSC_0325.jpg

 発売時期は、また改めてお知らせさせていただきますね。




 
 ブログランキングに、いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 最新アルバム「ばら色のJE T’AIME! 」Amazonにて発売中です。
 下のジャケット写真をクリックすると、試聴できるサイトが開きます。

 ジャケ写beppu3

 今日の1曲は「愛の讃歌」です。

 

[edit]

trackback: -- | comment: 3

この場を与えられたことに深い感謝… 

 先日、高松にて盲学校の生徒さんたちとその保護者の皆さま方をお招きした「ふれあいコンサート」をやらせていただきました。
 東急グループによる社会貢献活動として行われている企画に今回、別府葉子シャンソントリオがご指名をいただいたものでした。

 1541808477497.jpg

 もっとも多感な年ごろ、そして健常者以上に優れた耳を持っている皆さん方にコンサート構成で曲を聴いてもらう、最初にお話をいただいたときから、容易な仕事ではないし、十分な準備が必要だと感じていました。

 45852217_1843745805723235_6.jpg

 その準備が役になってくれたのだと思います。本番のコンサートはメンバー1人1人にとって忘れられない熱い思いを残す、貴重な想い出となったのでした。

 DSC_0048.jpg

 人生で出会う曲、たとえこれまで聴いたことがなかったとしても、いずれどこかで耳にするであろう曲。そんなスタンダードナンバーを演奏する側の都合にあわせた編曲ではなく、オリジナルを再現する形で知って欲しい。それをプログラムのテーマにしました。
 花の季節、ケ・サラ、シェルブールの雨傘、百万本のバラ…etc
 皆いきいきと盛り上げてくれて…

 1541808495947.jpg

 そして皆で一緒に歌うための1曲として「ひまわりの約束」
 皆の音程とリズムが正確なことに驚かされました。別府だけじゃなく、他のメンバーも一様にビックリです。

 DSC_0046.jpg

 さらに音楽の強烈な魅力というより、その魔力にも似た強い力に少しだけ触れてほしい。そう思って選んだ曲を2曲いれました。
 1つは「ハーメルン」
 実話にもとづくと言われていますが、街の人たちが約束の報酬を払わなかったことに怒った笛吹き男が町中の子供たちをさらってしまうという、かなりオドロオドロしいお話です。

 sage-67789_1280.jpg

 1つは「軍人の妻」
 軍人に宛てられた、もう家族のもとには帰れないのなら自分(妻)のことは忘れてくれと綴られた慟哭の手紙にまつわるお話です。

 1541808529288f.jpg

 コンサートの後、皆を代表してスピーチしてくれた生徒さんが、もっとも印象に残った曲として上の2つを挙げ、言葉が分からなくても頭の中に状況が浮かんだ(冒頭に日本語の台詞を入れてフランス語でうたっています)と話してくれたことは胸が熱くなる思いでした。

 0079.jpg ピアノ提供 ピアノ110番 大森社長

 終了後、参加者の皆さま、関係者の皆さまからの、心のこもったお言葉をいただき、このような機会をもてたことに、ミュージシャンの途を選んだことの誇りと喜びでいっぱいになった1日でした。




 
 ブログランキングに、いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 12月23日(日)14時~ 「別府葉子クリスマスライブ大阪 with 上田裕司」
 浪速の大御所ピアニスト上田裕司と別府葉子がひさびさのコンビ結成!聞き逃せませんよ、売り切れの予感。
 【会場】 JAZZ LIVE BAR グラバー邸
    大阪市中央区谷町5丁目7-3 タニマチビルディング9F
 【チャージ】3,500円(要ドリンク代別)
 【予約】TEL 06-6768-5963 (お店19:00~翌02:00)、またはTEL 06-6231-5656(やさかオフィス)、または出演者

20181223oosaka_01.jpg

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 最新アルバム「ばら色のJE T’AIME! 」Amazonにて発売中です。
 下のジャケット写真をクリックすると、試聴できるサイトが開きます。

 ジャケ写beppu3

 今日の1曲は「花の季節」です。
 

[edit]

trackback: -- | comment: 4