02 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 03

5月に香川県にて連日のライブです 

 5月13日、14日は香川県でライブです。
 5月13日(土)三豊市高瀬町 蘭ズ・ガーデン
 5月14日(日)高松市 ほのほ
です。

 SnapShot(1765).jpg

 昨年、最初にお話をいただいたときは、まだ先のことだな~という感じだったけど、あっという間に2か月後だぁ!
 今週、高松に滞在している間にいろいろ打ち合わせがあったりして。

 蘭’sガーデン

 5月13日の「蘭ズ・ガーデン」は初めてライブをさせていただきます。
 地理的にいいますと、別府のふるさと高松からは大分とおい西讃、金毘羅さんより、さらに西の方です。

 らんmap

 お名前の通り、蘭を作っておられて、お花の生産所ということになるわけですが…

 ranz.jpg

 広い敷地の中で蘭を作っていて、さらに販売もされておられるとともに、カフェとかも備えられていて、三豊市の観光名所の1つとなっているわけでございます。

 1464942901.jpg

 ライブは広々としたお庭で開催される予定とうかがっております。

 17022034_1476465365698246_1.jpg

 万一、お天気が崩れても、十分な広さのある屋内スペースでのライブ可能とうかがっておりますが、出来れば5月の陽光のもと、のびのびとやりたいなぁ
 女子会トリオで参ります!

 ジョシ

 翌日5月14日は高松の「ほのほ」さんです。
 昨年に続きまして、2回目となります。

 SnapShot(896).jpg

 初回となりました昨年は、会場となった「ほのほ」さんのお2階が人でぎっしりと埋まって、熱いご声援をいただきました。なんとも有難い思い出です。

 SnapShot(877).jpg

 今年の5月もたくさんの皆様とお目にかかれますように。
 ピアノの鶴ちゃん、ベースは浜野光男さんにて伺います。

 どちらのライブも近いうちに詳細をご案内させていただきます!



 
 ブログランキングに、いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 本日の1曲は「6月の雨」です。

 

[edit]

trackback: -- | comment: 0

ベーシスト中村尚美! 

 前回記事の続きです。
 鶴ちゃんと一緒に新世界を訪れた後、私たちが向かったのはこちらでした。

 1488792522436.jpg

 大阪は日本橋にある国立文楽劇場です。
 この日の演目は「エディット・ピアフ物語」

 20170223141144001.jpg

 「勘緑人形、講談、シャンソン、フレンチジャズ、奇跡のコラボレーション」でございます。
 入口にて記念撮影。

 1488792489809.jpg

 イエーイ!
 そして、私たちがここに来た1番のお目当ては、この人。

 napShot(1108).jpg

 われら別府葉子女子会トリオのベーシスト中村尚美ちゃん、その人が出演することでありました。
 尚美ちゃんがもともとやっているのは、フランスではジャズ・マヌーシュと呼ばれる、ジプシー音楽とスウィング・ジャズを融合させた音楽なのです。

 1488792005435.jpg

 つまり演目で「奇跡のコラボ」と称されている中のフレンチジャズが彼女の担当部門でございます。
 1階のロビーはすごい人波でした。
 ひえ~と驚きつつ待つこと20分あまりで入場開始。
 2階にある800席近いホールはぎっしり満員でした!

 1488792420268.jpg

 開演前、ホール前のロビーでは文楽人形がお客様をお出迎えです。
 そして午後4時半すぎに、いよいよ開演。
 舞台上手(客席から見て右側)に尚美ちゃんをはじめ数人のミュージシャンたちが演壇に陣取って自在な音楽を奏で、他方、舞台下手の演台からは講談師・玉田 玉秀斎さんが情感豊かなお声で朗々と物語を語ります。
 そしてステージ中央で、勘緑さん率いる木偶舎の面々が操る人形たちがピアフの生涯を演じ、節目ごとに登場するZaZa(ザザ)さん(別府とZaZaさん出会いの記事はこちらです)が数々のシャンソンを歌いあげます。

 1488792172583.jpg

 途中休憩も入れて2時間半足らずの濃密な舞台は、万雷の拍手とともに終了しました。ブラボー
 隣に座った鶴ちゃんは感涙にひたっておりました。
 奇跡のコラボのポテンシャルの高さに脱帽です。
 さらに熟成を重ねていくはずの今後の展開にも大注目ですよ!



 
 ブログランキングに、いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 本日の1曲は「愛の讃歌」です。もちろんベーシストは中村尚美。

 

[edit]

trackback: -- | comment: 3

鶴ちゃんと大阪を歩く 

昨日はお昼前からこちらにお出かけです。

 p_chuogate_01.jpg

 新幹線「新大阪駅」です。
 この人をお迎えにね。

 napShot(1893).jpg

 今回は仕事じゃなくて…
 大阪に遊びに来た鶴ちゃんでした。
 お腹が空いているとのことで、鶴ちゃんのリクエストにより、やって来たのがこちらでございます。

 CA390583.jpg

 昭和町のボストンというハンバーグのお店。
 鶴ちゃんが師匠とよび、敬愛してやまないピアニストの工藤隆さんが、よく行かれるお店なんだそうです。

 CA390585.jpg

 アツアツをいただきます。
 ふうう、食べたよ~
 さて、これから、どこに行く?

 CA390587.jpg

 大阪なんで、まず通天閣に昇ってから、新世界あたりでディープな大阪を探ってみますかということになりました。

 CA390588.jpg

 通天閣が、パリの凱旋門とエッフェル塔を模して造られたというのは知る人ぞ知る事実でして。この通天閣を中心に放射線状に伸びる道も、パリの凱旋門周辺をイメージしております(ホント)。

 通天閣に昇るには40分待ちだったので断念して、新世界をぶらぶらします。

 CA390589.jpg

 うそつきは噛まれますが、鶴ちゃんは大丈夫みたい(笑)

 CA390591.jpg

 さらに「よう似とる」なんて言いながら、ビリケンさんと一緒に記念撮影でございます。ご満悦~
 そして、その後、2人は日本橋に向かいます。

 1488792148381.jpg

 この日のメインイベントでございます。



 
 ブログランキングに、いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 本日の1曲は「コーヒーカラー」です。

 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

本気の夏 

 3月の声を聞き、寒さもこころもち緩んだような気がします。
 別府の方は、ただいま夏のライブの計画中です。

     900424448[1]

 まず7月10日(月)は京都のホテルモントレです。
 関西のタンゴの重鎮、華麗なピアノで人々を魅了しております上田裕司さんとのコンビで、ランチショー、ディナーショーと昼夜2本立てでございます。

 montore.jpg

 続いて7月14日(金)は神戸文化ホール(中ホール)の「シャンソンの夕べ」に出演します。
 この企画は、去年の秋、松方ホールで行った企画が好評につき第2弾!となりました。
 別府がかつて、コンクールで火花を散らした往年のライバル、人呼んで「姫路の新沼謙治」こと山田直毅さんのプロデュースするステージでございます。

 stage-B-2_20170303192229834.jpg

 そして7月29日(土)、30日(日)と大阪の「JAZZ LIVE BARグラバー邸」、名古屋の「Jazz Spot Swing」と2日連続でライブを行います。

 napShot(1731)_2017030319221689f.jpg

 もちろんメンバーは別府葉子女子会トリオこと、別府、鶴岡雅子(Pf)、中村尚美(B)でございます。

 napShot(705)_20170303192213625.jpg

 この大阪、名古屋のライブを皮切りに、この夏は、この女子会トリオで、各地で合計10カ所以上でのライブツアーを計画中です。

 SnapShot(1035)_20170303192226a75.jpg

 さて、どこにお邪魔することが出来ますか?これまで別府がライブをやったことのない街にも挑戦するつもりです。

 napShot(956)_20170303192214777.jpg

 別府の本気をみせる夏にするのだ。
 そして千秋楽が9月1日(金)東京 ルーテル市ヶ谷ホールです。

 SnapShot(1211)_20170303192227de2.jpg

 きっと盛り上がりますよぉ!
 全力でやり切れたら泣くかも。

 各ライブの詳細は、追って、このブログやホームページで、ご案内いたします。



 
 ブログランキングに、いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 本日の1曲は「夏物語」です。

 

[edit]

trackback: -- | comment: 0

日本訳詞家協会の新しい船出 

 昨日は、新大阪のココプラザで、日本訳詩家協会主催の訳詩コンサートが開催されました。
 毎年この時期に、大阪にて日本訳詩家協会関西支部が、このコンサートを事実上、主催しています。

 CA390578.jpg

 会場は、こんなところです。
 壇上には、昨年亡くなられた日本訳詩家協会の前会長 永田文夫先生のお写真が飾られております。

 CA390579.jpg

 そう今回は永田先生の追悼コンサートとして開催されたわけです。
 別府は、このコンサートには出演はせず、毎年、裏方に徹しております。
 今年は準備期間が、自分のツアーと重なって大変でしたけど、頑張りましたよ~

 1488190175065.jpg

 舞台裏担当の別府は、今年も自分で進行表を作成し、当日は、それを紐で手首から吊るして奔走してまいりました。
 走る別府!

   ninja_hashiru.jpg

 舞台監督 兼 雑用係なのだ(後者の色合いが強いところが、トホホ)

 でもステージでは、別府のお友達の片山冨子さんが「アミラとボスコ」、個人レッスンの生徒さんでもある大滝善子さんが「ジュテーム」と、別府の訳詩を、とても素敵に歌ってくれて、訳詞家としては、誇らしい気持ちでした。

 CA390581.jpg

 終演後は、打ち上げ兼懇親会でした。
 出演者の皆さんのほか、片桐和子新会長をはじめとする日本訳詩家協会の新しい執行部の皆さんも東京から参加され、関西支部の皆と交流を図りながら、楽しく盛り上がりました。

 party_animal.jpg
 (ちょっと違うか、笑)

 一夜明けた今日は、朝から梅田で、新執行部と関西支部の正副支部長とで初会合が持たれました。

 VectorOpenStock.jpg
   © Vector Open Stock

 永田前会長の持論だった訳詞家の権利の確立について、片桐会長の新体制が現実的な道筋を設定しながら活動方針を定めていることに、とても心強く感じた別府でした。
 別府も頑張ります!



 
 ブログランキングに、いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 本日の1曲は「マダム」です。

 

[edit]

trackback: -- | comment: 1