FC2ブログ
10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

斑鳩の地に法隆寺を訪ねる その2 


 では法隆寺の写真などご紹介しながら、梅原猛氏の論じた法隆寺論の一部についてもご紹介してみます。

 DSC_0935_20190224143609385.jpg

 写真は左が金堂、右が五重塔、中央奥の方に写っているのが中門で、これら建造物はいずれも国宝に指定されています。

 DSC_0908_20190224143607464.jpg
 (中門、門の中央に柱という例外的な構造をもっています)

 梅原氏の説によれば、法隆寺は、聖徳太子の霊が怨霊となって祟りをなすことを恐れた藤原氏一族が、太子の霊を鎮め、またこれを封じるために再建したものとされています。
 不遇のうちに亡くなった英雄の怨霊が災いをなすことを恐れて、これを祭るという文化は日本の歴史の中で繰り返しみられます。菅原道真公、崇徳上皇、安徳天皇…etc.
 聖徳太子は、皇極2年(643年)その子、山背大兄皇子(やましろのおおえのおうじ)が一族もろとも(再建前の)法隆寺五重塔で絶滅するという悲劇が起きています。

 DSC_0962.jpg

 梅原氏は、山背大兄皇子一族を絶滅させた首謀者の1人が法隆寺に多額の寄進(食封)をしていることを見つけたときに、自説の着想を得たとされています。

 DSC_0959_201902241436295fd.jpg
 (五重塔、金堂は、このような回廊の内側にあります)

 梅原氏の論は、その着想、発想に驚かされるという点もさることながら、もっとも感心してしまうのは、その論証の多様さです。繰り返し繰り返し角度を変え、別の事象を取り上げて、驚くほど多くの側面から自説の合理性を明らかにし、また自説を前提とすることで初めて、夥しいほどの事実が整合的に説明されていくことをもって自説の正当性を証明しようとします。まさに圧倒的な知の力を感じさせる作業なのです。

 DSC_0931.jpg
 (金堂)

 この金堂の中にある釈迦三尊像と薬師如来像の光背の裏面には、それぞれの仏像が造られた由来などを記した銘文が記載されているそうなのですが、梅原氏は、これらの銘文を後世のねつ造としています。その論証の鮮やかさといったら、もう(笑)

 DSC_1034.jpg
 (夢殿)

 そして聖徳太子の廟といわれている夢殿。太子が住んでいた斑鳩宮の跡地に建てられています。
 でも、建てられたのは天平11年(739年)、聖徳太子が亡くなられた推古30年(622年)から100年以上経ってからです。おかしいですよね。
 その2年前、確固たる地位を築いていた藤原氏の当時の支柱であった4兄弟が次々と亡くなるという事態が発生しているのです。怨霊の怒りを封じようとしたという説明はとても説得力をもっています。

 DSC_1026.jpg

 長い歴史をもち、そして今も往時の姿をとどめる法隆寺。
 その地で、今も息づく法隆寺の姿を体感しつつ、その歴史に思いをはせることができました。最高の時間でしたよ。
 (なおつづく…つもり)



 
 ブログランキングに、いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 最新アルバム「ばら色のJE T’AIME! 」Amazonにて発売中です。
 下のジャケット写真をクリックすると、試聴できるサイトが開きます。

 ジャケ写beppu3

 今日の1曲は「花の季節」です。

 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

斑鳩の地に法隆寺を訪ねる 


 2月の冷え込んだ日のこと、別府は斑鳩の地に向かいました。
 電車を乗り継ぐこと1時間余り、JR法隆寺駅に到着です。
 寡聞にして、この有名なお寺の名前を冠した駅があると知ったのは初めてのことでした。
 そして駅のコンコースに記念撮影スポット発見!

 DSC_0878_20190218191852dd6.jpg

 これは見逃せません。
 当然、撮影でございます。
 この駅から徒歩で20分あまり、景色を楽しみながらブラブラと歩いていくと、やがて法隆寺が見えてまいります。

 DSC_0901.jpg

 日本最初の世界文化遺産、法隆寺に到着です。

 DSC_0921.jpg

 さっ、行きましょう!

 DSC_0993_20190218191946065.jpg

 ところで今回の斑鳩・法隆寺紀行のきっかけとなったのは1冊の本でした。

 DSC_1286_20190218191949fb5.jpg

 「隠された十字架 法隆寺論」
 先般亡くなられた哲学者 梅原猛氏の代表作の1つです。
 別府は、氏が亡くなられたというニュースを聞いて、なんとはなしに興味をそそられて、読んでみたのですが、なんというか衝撃を受けるほどの面白さでした。

 DSC_0911_HORIZONa.jpg

 氏は繰り返します。
 すべての事象をもっとも合理的で整合的に説明する仮説こそが真理の地位を獲得するのだ。常識に捕らわれてはならないと。

 DSC_0936_HORIZON.jpg
  (法隆寺五重塔)

 法隆寺は推古天皇の時代、607年に建立されたと言われています。聖徳太子が摂政だった時代ですね。ただ現在の法隆寺は、そのとき建てられたものか、それとも1度焼けて再建立されたのか、いわゆる非再建論と再建論との争いがあったそうです。日本書紀に天智9年(670年)に法隆寺は全焼したという記述がある一方で、再建されたとは、どこにもはっきり書いてないからという辺りが原因みたいです。

 DSC_1005-(1).jpg

 非再建論に立つと、いまの法隆寺は、聖徳太子が建立した当時のお寺がそのまま残っているということになって、その権威いや増すというところですね。
 でも現在では、もっぱら再建論が支持されているそうです。発掘調査の結果、現在の法隆寺の南方に、現在の法隆寺とほぼ同じ規模の伽藍の跡が残っていることが分かっているからです。

 では、現在の法隆寺は、一体いつ、誰が、何のために建てたのか?法隆寺、最大の謎です。
 ただ法隆寺にまつわる謎は実にたくさんあるのです。大小さまざま形を変えて…
 梅原氏は「隠された十字架 法隆寺論」の中で、これらの謎に挑んでいます。手を変え品を変え、あらゆる角度から。

 DSC_1001.jpg

 別府はぐいぐい引き込まれ、そして思ったのですよ。これはもう、法隆寺に行くしかないと。
 (つづく…はず)




 
 ブログランキングに、いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 最新アルバム「ばら色のJE T’AIME! 」Amazonにて発売中です。
 下のジャケット写真をクリックすると、試聴できるサイトが開きます。

 ジャケ写beppu3

 今日の1曲は「ローズです。

 

[edit]

trackback: -- | comment: 1

てんぷら考 

 先日、天ぷら(さつま揚げ)を高松駅でお土産に買ってきて、写真に撮ってフェイスブックにアップしたら、意外に多くの皆さんからコメントをいただきました。
 コメントを拝見するうち興味をもったり、疑問に感じることが出てきたので、この際、こちらでまとめてみることにしました。

 DSC_3469.jpg

①さつま揚げのことを「天ぷら」と呼ぶ地域はどこなのか?

 この前提として、さつま揚げ(魚のすり身を主成分とし、油で揚げた加工食品)を食べている地域はどこなのか?という問題がありますが、この点については、ざくっと「日本中で食べている」と考えておきます。「うちの地域では食べないぞ」という地方がございましたら、ご一報ください。

  ojigi_animal_neko-(2)_201806171802281b9.jpg

 本題に戻りますと、さつま揚げを天ぷらと呼ぶ地域は、けっこう広いみたいです。
 別府がいま住んでいる大阪でも、スーパーの一画で「ひら天」や「いか天」なんかが売られていて、それらを総称して「天ぷら」と呼ぶことがあります。
 コメントでも山口、高知、関西では、そう呼ぶというご指摘をいただきました。

 bc326b69fae00e10878c21159c8.jpg

 農林水産省のウェブサイトで見つけた「全国ご当地練り物マップ」の箇所に「さつまあげは地域によって天ぷら、つけあげ、チキアギと呼び方が変わります。そのほか、えび天、じゃこ天、がんす、フィッシュカツ、魚ロッケ、おにぎり蒲鉾など、各地のオリジナル練り物が盛りだくさん。」と記載されていて、さつま揚げは地域によって「さつまあげ」「天ぷら」「つけあげ」「チキアギ」と異なる呼称があることが指摘されています。
 コメントでも鹿児島の「つけ揚げ」のほか、「チキアギ」「つきあげ」といった呼び名のご指摘をいただきまいした。

   MC900423860_201806171804277b7.jpg

②各地のオリジナルな揚げ物はあるんだろうか?

 この疑問についての答えは、さきの農水省のサイトに一部出てましたよね。
 「えび天、じゃこ天、がんす、フィッシュカツ、魚ロッケ、おにぎり蒲鉾など、各地のオリジナル練り物が盛りだくさん。」
 うんうん、宇和島のじゃこ天とかオリジナル感あるわねーと思ったけど、それ以外、あんまり分かんないよ。なに、魚ロッケ(ギョロッケ)?
 こんなんでした。

 Oita_gyorokke.jpg
   © 大分帰省中

 佐賀、大分、山口の方にあるらしいです。
 香川県だと「えび長天」とか「赤えび天」とか呼ばれる、この天ぷらは、よそで見かけた記憶がないのですが…

 uematsu-honten_005.jpg
   写真は高松の「うえ松」さんのウェブサイトから拝借しました。

 コメントにあった意外なものとして、博多、宮崎では「てんぷらうどん」を頼むとさつま揚げがのっているという情報は、結構びっくりでした。
 こういうことらしい。

 e92fccb52582132b27744b6e761.jpg
   写真は「博多の魅力」さんのウェブサイトからお借りしました。

 讃岐でも「てんぷらうどん」を頼んだときは、普通に衣のついた天麩羅がのって出てくるけどなー

③さつま揚げの発祥の地はどこか?

 これは特定不能じゃないですかね。
 日本は四方を海に囲まれていて、おかげで日本中どこでも魚が獲れます。つまり素材はどこにでもあります。
 素材を加熱する料理の方法は「焼く」「茹でる」「蒸す」「揚げる」といったところですが、魚のすり身を、これらの料理方法でシンプルに料理すれば、「ちくわ」「つみれ」「かまぼこ」「さつま揚げ」といったもの等が出来るでしょう。
 つまり調理用の油が一般化したころ、日本各地で、魚のすり身の揚げ物が、ある意味必然的に生まれてきたんじゃないでしょうか、その呼称はともかくとして。



 
 ブログランキングに、いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 8月18日(土)より別府葉子シャンソントリオによる2018サマーツアー開始です。
 初日、観音寺は14時開演です。
【出演】Vo/Gt別府葉子 pf鶴岡雅子 Contrabass中村尚美
【会場】Cafe&LiveStudio ホワイトハウス
  香川県観音寺市大野原町中姫2262-1
  TEL:090-5711-9514
【チャージ】 予約はお店まで。
  予約 2500円 (要ドリンク代別)です。

 20180818kanonji_01.jpg

 9月7日(金)は、別府葉子シャンソントリオによる恒例の夏の終りの東京コンサートです。
 今年もプラスワンことViolin 会田桃子を加えて、たっぷりと別府一味の世界をお楽しみいただきます。
 【会場】ルーテル市ヶ谷ホール〈各線 市谷駅下車〉
 【日時】9月7日(金)19:00開演(18:30開場)
 【チケット】全国のローソン、ミニストップにて販売中。前売券 3,500円 (Lコード 72836)

 21369368_1514901375214335_1.jpg

 ニューアルバム「ばら色のJE T’AIME! 」Amazonにて発売中です。
 下のジャケット写真をクリックすると、試聴できるサイトが開きます。

 ジャケ写beppu3

 本日の1曲は「夏物語(ミスターサマータイム)」です。

 

[edit]

trackback: -- | comment: 4

別府「実話」の謎を追う 

 先日ご紹介した小説「ジェームス・ボンドは来ない」ですが、この本を読みながら、途中から気になっていたことがありました。

  sMC900423852_20180418184433b0a.jpg

 それは、この本の文庫版の「まえがきにかえて」の中で筆者である松岡圭祐さんが「この物語は実話である」と明記されていたことでした。
 だって、この本の中で取り上げられているイベントに実際に参加していた別府は、作品を読むと、そこに書かれていることが、実際に起こったこととは違っていることにすぐ気がついたからです。

 00151_20180418184450af4.jpg

 たとえば直島のボンドナイトパーティでの第1回「ボンドガールはウチや」コンテストです。直島の日常の光景を一変させた大きなイベントとして小説にも取り上げられているのですが、作品中では2005年7月7日に行われていたことになっています。でも実際に開催されたのは、その2年後の2007年7月7日のことです。このため作品中では、他の関連する出来事との先後関係が事実とは違っていて、結果的に、それぞれのエピソードの持つ意味付けが微妙に異なっています。
 そしてこの第1回「ボンドガールはウチや」コンテストの優勝者は、作品の中では主人公の女の子と同級生の高校生となっていますが、実際に優勝された方は20代半ばの社会人の方でした。
 だってこのときのプログラムは、「ボンドガールはウチや」コンテスト、別府葉子ステージ、コンテスト結果発表の順番だったので、別府は、まさに現場に立ち会っていたわけで、間違えようもないわけです(笑)

   pose_kiri_woman_20180418184432532.jpg

 さらに「ボンドガールはウチや」コンテストは、翌年2008年に第2回が行われた後中断され、直島を含むこの地域一帯で瀬戸内海国際芸術祭が行われた2013年に5年ぶりに復活して第3回目が行われました。小説の中では、2013年に7年ぶりに復活したことになっていて、このとき25歳になっていた主人公の女の子(直島で生まれ育っています)が優勝するわけですが、実際には優勝(「ボンドガールはあなたで賞」を受賞)されたのは、兵庫県出身で、成人後に直島に移住されたイラストレーターの方です(こっちは興味があったので調べてみたら判明しました)

 illust1109_20180418184429deb.jpg

 う~む、どういうことなのか、と考え込んだ別府、ふたたびキーボードを叩いて調べ始めました。
 「実話」の意味を調べたのです。
 三省堂大辞林では、①実際にあった話。②実際にあった事を記した読み物、でした。別府の認識とだいたい一致していました。
でもデジタル大辞泉だと、①実際にあった話。事実談。②実際にあった話をもとに書かれた読み物、となっていて、2つ目の意味は少し違っています。つまり実際にあった出来事をベースにして書かれたものは、フィクションを含んでいても広く「実話」と呼ぶと読めます。

  magnifier_animal_inu_2018041818443056b.jpg

 さらに調べてみて判明したことをまとめると、こんな感じです。
 もともと著作物は、作者の想像力によって作り上げられた架空の物語、小説などを意味する「フィクション」と、虚構(フィクション)を全く排した文章、ルポルタージュ、ドキュメンタリー、旅行記、歴史などの「ノンフクション」とに2分されていたのだけれど、その後、その中間的な読み物のカテゴリーが生まれてきた。事実をベースにしながら、想像力によって肉付けされた読み物で、ノンフィクションノベル(novel:小説)と呼ばれるようなものだ。したがって「実話」というと、この中間的なカテゴリーを含むことがある。
(注:実際はもっと細かく、いろんな分析や考え方があるみたいですけどね)

 なるほどね。
 たしかに松岡圭祐さんご自身が「まえがきにかえて」の後ろの方で、この作品はノンフィクションノベルだと書かれています。
 すっきり。
 そうなると「ジェームス・ボンドは来ない」も、どこまでが事実で、どこからがフィクションなんだろう、なんて考え始めるわけで、これはこれで興味が尽きないですね…

 eto_hitsuji_kime_201804181844278cf.jpg

(付記)あと松岡圭祐さん自身が語っている、この小説の主人公のモデルの女性ですが、2013年の「ボンドガールはうちや」コンテストで審査員特別賞を受賞された方なんじゃないかと、別府としては推理しております。



 
 ブログランキングに、いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 4月27日(金)は香川県の仁尾町でライブです。

 180427古木里庫A4_01a

 4月28日(土)は山口県山口市でライブです。

 180428ポルシェA4_01_01

 4月29日(日)は広島市でライブです。

 別府フライヤー 2018429 ふらんす座_01

 4月30日(月・休)は松山市でライブです。

 180430松山A4_01_01

 5月12日(土)は大阪でライブです。

 180512グラバー邸A4_01_01

 ニューアルバム「ばら色のJE T’AIME! 」Amazonにて発売中です。
 下のジャケット写真をクリックすると、試聴できるサイトが開きます。

 ジャケ写beppu3

 本日の1曲は「シェルブールの雨傘」です。

 

[edit]

trackback: -- | comment: 1

しっぽくうどん解決編 ~スペシャルサンクス 

 「しっぽくうどんの謎」シリーズ如何だったでしょうか。
 個人的なふとした疑問から始まったシリーズでしたが、思いがけず何人もの方から、記事に関してブログに、またフェイスブックにコメントをいただきました。
 これら温かいコメントの中に、きわめて示唆的なコメントもありまして、こうして予定外の追補版ともいうべき記事を書くことにしました。

  ojigi_animal_neko-(2).jpg

 まず福田悦子さんから、高松市の鬼無出身の友人の方は「しっぽく」ではなく、「しっぷく」うどんと呼んでいるとのご指摘をいただきました。
 ん?なんかありそうだけど、えーと、という感じでしたが…
 さらに高松の若宮英司さんから、7種類の具材を使った「七福うどん」という、ズバリなご指摘をいただきました。

 shichifukujin_takarabune.jpg

 大晦日の夜、おめでたい新年を迎えるにあたって七福神にあやかった「しちふくうどん」をいただくという習慣が生まれたというのは、いかにも筋が通っています。
 そして「しちふく」が音便変化を経て「しっぷく」へ。
 腑に落ちるとは、このことではないですか。

 free-illust9_20180224183941970.jpg

 さらに想像をふくらませれば、上方の「しっぽくうどん」が伝わってくると、もともとあった香川の「しっぷくうどん」との、その音の類似性から、ある種の混同のようなものを生じて「しっぷくうどん」が「しっぽくうどん」へと、呼び名が変更されてしまったのかも…

 なんかスッキリしたー

  887mark_201802241839404c3.jpg

 あとこれは書かなかったのですが、いろいろ調べている途中で、中サイズ?の干しシイタケのことを「しっぽく」と呼ぶということも判明していて。
 京都のしっぽくうどんでも、香川のしっぽくうどんでも、どちらもシイタケは具材として使われることがあるもので、なにか関係があるのかもとも思ったのですが、この点は漠然とし過ぎていて、これ以上は分かりませんでした。
 今後の研究課題?(笑)

 ところで最後に、ちょっとご案内です。
 今回の「しっぽくうどんの謎」シリーズのきっかけを作ってくれたピアニストの村尾亜計実さんとは、今年の9月2日(日)に神戸で一緒にライブをやります。

 206.jpg

 9月2日(日)14:30開演(14:00開場)
 会場:サロン・ド・あいり
  神戸市中央区雲井通4丁目1-23 アスティ三宮2F
  TEL:078-241-1898
 出演/Vo/Gt別府葉子 pf村尾亜計実 Contrabass中村尚美
 各人のオリジナル曲の披露など、ちょっぴりスペシャルなライブです。
 Live Charge 3,500円(1drink付)

 よろしかったら、いらっしゃいませ~



 
 ブログランキングに、いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 3月30日(土)は高松でライブです。

 180330ほのほA4_01

 3月31日(日)は岡山でライブです。

 180331JORDANA4_01_01_01_01.jpg

 4月27日(金)は香川県の仁尾町でライブです。

 180427古木里庫A4_01a

 4月28日(土)は山口県山口市でライブです。

 180428ポルシェA4_01_01

 ニューアルバム「ばら色のJE T’AIME! 」Amazonにて発売中です。
 下のジャケット写真をクリックすると、試聴できるサイトが開きます。

 ジャケ写beppu3

 本日の1曲は、「蔦がゆれる」です。

 

[edit]

trackback: -- | comment: 2