09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

ディヴィエント・アン・ドウル(Divent an dour) 

 前回に続いて5月14日の高松でのコンサートの様子を収録した動画のご紹介。
 今日の曲は「ディヴィエント・アン・ドウル(Divent an dour)」です。
 TVのCMにも使われていましたから、実際に聴いていただければメロディーに聞き覚えがあるという方も多いと思います。
 この歌の起源はケルト地方ということで、もともと"The water is wide"という題名で英語で歌われることが多い曲なのですが、フランスのフォークグループ「トリ・ヤン」が2004年に発表したアルバム「マリーンズ」の中で、この曲をフランス語とブルトン語(ブルターニュ地方の言葉)で歌って注目を集めました。そのときの曲名が"Divent an dour"です。
 コンサートでは一部に別府の訳詩をつけて歌っています。5月29日の記事で訳詩の一部を紹介させてもらってますが…
 ゆったりとした優しい旋律に秘められた熱い想いを伝えたいというイメージを持って歌ってみました。



 越えたくても越えられない海、そのもともとのイメージはドーバー海峡だったのだろうかと想像できますが、その海にタトエられた何かを越えようとした曲中の男女の未来がどうなるのか?
 皆さんはどう思いますか?
スポンサーサイト

[edit]

trackback: -- | comment: 2

« 別府葉子シャンソンコンサート in 東京  |  とにかく… 「歌い続けて」です »

この記事に対するコメント

NoTitle

初めまして、VARAKIVと申します。
いつもご訪問ありがとうございます。
別所さんの歌声とピアノの音色、
時折聞こえるベースと
本当に綺麗で素晴らしいですね。
これまでシャンソンに興味はなかったのですけど
いいなと思いました。

VARAKIV #- | URL | 2010/06/15 02:24 * edit *

Re: VARAKIVさま

別府とシャンソンに興味をお持ちいただきありがとうございます。
一言でシャンソンと言っても、様々なものがあるようです。
こんなものもあるのか、いいなと思っていただけるような曲をご紹介できればと思っています。よろしくお願いいたします。

葉子 #- | URL | 2010/06/15 21:16 * edit *

コメントの投稿

Secret