07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

夏の想い出… 

 1歩、外に出ると…
 ムッとするような熱気が全身をつつむ。
 太陽がカッと照りつけて、額をやき、同時にアスファルトからの照り返しが、あごから頬を焦がすのを感じる。
 大阪の夏でございます。

 DSC_4154.jpg

 いよいよ明日から天神祭…

 DSC_4160a.jpg

 判で押したように、毎年この時期、灼熱の空気が、この街を包みます。

 DSC_4162.jpg

 本当に不思議なくらい…
 雨なんか降らない。
 この街で生まれ育った子供たちは、この祭りの夏の熱さを、生涯わすれないだろう。
 この季節がやってくる度、どこに住んでいても、ふるさとの夏の焦げたような空気の香りを思い出すだろう。

 DSC_4157.jpg

 神輿をかつぐ人々の興奮を思い出すだろう。

 DSC_4159.jpg

 人で埋め尽くされた天神橋商店街で聴いた、高揚した人々の少し甲高い大きな話し声を思い出すのだろう。

 DSC_4158.jpg

 そして生まれて初めて祭装束を身に纏ったときの魂の昂ぶりを、きっと思い出すに違いない。

 DSC_4163.jpg

 街を歩きながら、笑顔とともに差し出された祭用の団扇を、こちらも笑顔で受け取りながら、そんなことを考える。
 少女時代を、この街からずっと離れた故郷で過ごした私は、ちょっとだけ異邦人の孤独に似た、寂しさを感じながら、歩いている。
 幼い日に、父に手をひかれて行った、故郷の街の小さな夏祭りの思い出を噛みしめながら…

 DSC_4164.jpg

 天神祭、明日からです。
 今年も暑くなりそうです。


 
 いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 

スポンサーサイト

[edit]

trackback: -- | comment: 2

« 「北ウイング」  |  レコーディングレポート »

この記事に対するコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2014/07/24 16:17 * edit *

Re: 鍵コメ H さんへ

ありがとうございました。
投げキスをしながら、舞台そでに下がる別府です…

別府葉子 #- | URL | 2014/07/27 17:29 * edit *

コメントの投稿

Secret