07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

“Pleurer des rivières” 

 昨日のNHKスペシャル「民族共存へのキックオフ ~"オシムの国"のW杯~」
 期待に違わない見どころの多い番組でした。
 再放送もあるといいな。たくさんの人に見てもらいたいような内容でした。
 多民族国家ボスニアに、今も生々しく残る内戦の傷跡を垣間見せる描写は、胸がつまるものがありました…

    MC900281738.jpg

 ただそれとは別に、別府にとって軽くショックだったのは、オシムさんが歳をとられていたこと。
 確かまだ72、3歳のはずなのですが、日本で活躍されていた頃のお姿はともかく、昨年、ボスニアがW杯出場を決めたときにみた Youtube でのお姿と比べても、かなり老けられたご様子で…
 いつまでもお元気でいてほしい。辛辣な意見を吐いては、にやりと笑って肩をすくめるダンディーな姿をずっと見せていてください。

 Ivica-Osim32.jpg

 えーと、話題はサクッと変わります。
 本日も、別府のライブから1曲聴いていただきたいと思います。
 曲名は、“Pleurer des rivières”というのですが…
 「クライ・ミー・ア・リバー」と言えば、ジャズ好きの方には、な~んだというところかも。
 “Pleurer des rivières”は、1980年代にベルギー人の歌手ヴィクター・ラズロがヨーロッパで大ヒットさせた「クライ・ミー・ア・リバー」のフランス語カバーバージョンなのです。

 viktor-lazlo.jpg

 この曲、昨年の11月に丸亀と高松で、ベーシストの奥田稔さんと一緒にライブをやったときに、ベースのみの伴奏というスタイルでやってみて、いい感じだったので、12月の大阪のライブでもやりました。
 聴いていただきたいのは、そのときの音源です。
 このときは後半から上田裕司さんのピアノも入ってきていて、それはそれでとても良いムードになっています。

 SnapShot(144)_20140623205012b82.jpg

 曲の内容はですね…
 「ほんまに悪かった。もうせえへん。許してくれ」みたいなことを言っているダメダメ浮気男に対して「わるい思うてんのやったら、涙のひとつもみせんかいな。涙が川になるほど泣いてみいや」と鼻でわらう女、みたいな感じですかね。

 そうそう一言ご注意なのですが…
 PCで聴かれる場合、サウンド→スピーカーのプロパティをいじって、ラウドネスの設定を有効にするとかしないと、伴奏のベース音がよく聴こえないという場合があるかもしれません。
 それではお楽しみください。

 


 
 いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 140802OS.jpg

スポンサーサイト

[edit]

trackback: -- | comment: 2

« ささやかな支援で申し訳ありませんが…  |  偉人 »

この記事に対するコメント

NoTitle

オシムさんは「頑固なお爺さん」。口は悪いけれど、本当に相手の事、みんな事を心配して、助けたいと思っている。それも本当は「助ける」なんて「上から目」線じゃなくて…「みんないい人生を」と願っているのでしょう☆C'est la vie…☆

Michiru #- | URL | 2014/06/24 22:11 * edit *

NoTitle

ベース オンリーなのかと思えば
途中からピアノが絡んでくる
そして最後は またベースで終わる  
心憎い 演出ですね
楽しませて頂きました Good !
おおきにです

TAKA60 #- | URL | 2014/06/25 00:10 * edit *

コメントの投稿

Secret