05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

ヴォーラーレ~ 

 丸亀お城村のステージですが…
 以前から、野外コンサートなど、別府のフリーライブを録画して、youtube で公開して下さっている mo35412 さんが、今回も Youtube にて録画した動画をアップしてくださったので、ご紹介させていただきます。
 まず昼間のステージから…

 1曲目は「あるビジネスマンのブルース」です。

 

 カナダ生まれの歌姫セリーヌ・ディオンのヒット曲の1つです。
 映画「タイタニック」のテーマ曲“My Heart Will Go On”で大ブレイクしたセリーヌ・ディオンですが、最初にワールドワイドなヒットとなったのは、『フランス物語〜セリーヌ・ディオン、プラモンドンを歌う〜』という、カナダ生まれの作詞家リュック・プラモンドンの曲を歌ったアルバムでした。
 「あるビジネスマンのブルース」は、その中の1曲です。
 フランス語、英語、どちらもネイティブのレベルで使いこなせるセリーヌ・ディオンの、最初の大ヒットは、フランス語の曲だったわけですね。
 別府の日本語カバーヴァージョンは、別府自身の訳詞です。

 2曲目は「誰も知らない私の悩み」です。

 

 シャンソン好きの方なら、聞き覚えのある、この曲、エディット・ピアフのヒット曲「群衆」の原曲です。
 1930年代にアルゼンチンで発表された、この曲を、1950年代にたまたま南米旅行中のピアフが見つけ、その後、フランス語でカバーして、大ヒットさせたわけです。
 別府、原曲のままスペイン語で歌っていますが、実は、耳コピーです。
 意味がよく分からなかったので、よくアルゼンチンに演奏に行かれるピアニストの上田裕司さんに、「どういう意味なんですか?」と聞いたことがあるんですが、「なんで行ってしもたんや、俺のどこが悪かったんやァ、みたいな未練がましい、しょーもない男の歌や」ということでした…(笑)

 3曲目は「ヴォラーレ」です。

 

 青空のキャンパスに青い絵を描こうか…
 そんな歌です。
 イタリア生まれの曲ですが、ビールの TVCM で有名ですよね。

 ヴォーラーレー
 はい、皆さんご一緒に!
 ウォウオー
 カンターレー ウォウォウオー


 
 いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

スポンサーサイト

[edit]

trackback: -- | comment: 2

« そしてフィナーレへ  |  別府の勲章 »

この記事に対するコメント

NoTitle

こんばんは

 夜のステージも素敵ですが、風に揺れる木々をバックのステージも素敵です。緑が目に染みわたります。
 別府葉子さんの朗々たる歌はセリーヌ・ディオンに肉薄しますね。
 北海道にもぜひいらしてください。

ミキタカ08シクティーズ #- | URL | 2014/05/10 22:58 * edit *

YouTube、チャンネル登録しています。

 別府氏のYouTube動画、チャンネル登録して拝見しています。

晴雨堂ミカエル #- | URL | 2014/05/11 10:35 * edit *

コメントの投稿

Secret