07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

別府の考え ~ シャンソンとは ~ その14 

 前回の記事では、一般的なシャンソンの定義、その代表的なものには2種類あり…
1説.フランスの歌曲。本来フランス語による歌曲の総称であるが、日本では一般にフランスの現代大衆歌曲をさしていう。(三省堂 大辞林より)
2説.フランスの歌謡曲。主に物語性を重視した人生を描いた歌詞や、聴く者に話しかけるような歌い方が特徴。(ヤマハミュージックメディア 音楽用語辞典より)
 このうち1説は、シャンソンをフランスの大衆歌曲一般を指すとする別府の考えと重なるけれど、2説は、かつて日本に輸入されて歌われていた、フランスの大衆歌曲のごく一部だけを「シャンソン」と捉えており、別府の考えとは異なっている、というところまでお話しました。

 本日は、上の1説と2説の違いを論じる実質的な意味、あるいは別府がシャンソンを1説のように捉えるべきだと考える理由をお話したいと思います。

 MP900427595.jpg

 別府が、1説のように、シャンソンをフランスの大衆歌曲一般というふうに広く捉えている理由の1つめはごく簡単なことです。
 フランス語を勉強していた別府は、日本で歌われている「シャンソン」について、ほとんど何も知らないまま、フランス音楽のオリジナルに接し(語学の勉強のためにそうするうちに)、それに心惹かれて、いろいろなChanson(シャンソン)を積極的に聴くようになりました。シャンソンを、日本に輸入されて歌われていたものに限定してとらえるという発想は、始めから無かったのです。
 ただこれは別府の個人的な事情に過ぎません。

 別府がここで、本当にお話したいのは2つめの理由、シャンソンをフランスの大衆歌曲一般というふうに広く捉える「べきだ」と考えている理由です。

 今日、シャンソンは、日本のミュージックシーンの主役の1人というべきジャンルとは言い難い状況にあります。
 シャンソンが、TVやマスコミに取り上げられる機会も、少ないですしね。
 別府には、日本のシャンソン界自体が、活力を失っているように感じられます。

 MP900442435.jpg

 そして、その主要な原因の1つは、シャンソンが、新鮮で魅力的な楽曲の提供に乏しく、往年のスターたちが歌っていた曲目ばかりが、今も繰り返し歌い続けられるという傾向に傾き過ぎているからだと思うのです。
 往年のスターたちが歌っていた曲目、つまり「主に物語性を重視した人生を描いた歌詞や、聴く者に話しかけるような歌い方が特徴」とされる一群の曲目ばかりが、歌われる傾向です。
 そしてそれは、多くの人々が漠然と、シャンソンというのはフランスの古い名曲の一群のことを指すものであって、そういった曲を歌うことがシャンソンを歌うということなのだと思い込んでいるからではないでしょうか。
 問題は、その意識にあるのだと思います。

    MC900434411_20140408072740679.jpg

 時代が変われば、人々が求める音楽は変わります。
 エディット・ピアフやイブ・モンタンたちの音楽は、今も色褪せません。その歌声を聴けば、彼らが多くの人たちに愛された理由はたちまち理解できます。
 しかし彼らの歌声が、その全盛期に、世界中の人々に圧倒的に支持された理由は、その普遍的な音楽性の高さだけではなく、時代が彼らの音楽を求めたから、という側面があったはずです。
 時代は流れ、時代が、そして人々が、求める音楽は変わります。
 今日では、価値の多様化や、聴き手の成熟などに対応して、ミュージックシーンでは、多彩な特徴を備えた様々な音楽が展開されています。求められる音楽も多様化しているのです。フランスであれ、日本であれ。

 MC900441583.jpg

 もし仮に、フランスに「NIPPON」という音楽のジャンルがあって、美空ひばりさんや坂本九さん、あるいはそういった古い時代の日本の曲ばかりを、歌い続けているフランス人たちがいたとしたら、皆さんはどう感じますか?
 別府であれば、そこに文化の壁をこえる音楽の普遍性を感じると同時に、なぜ古いものばかりにこだわるのかという疑問を感じ、そこに奇異なものを覚えずにはいられないでしょう。
 我が国には、もっと新しいものにも、素敵な曲はたくさんありますよ、と言うでしょう。

 a1380_001445.jpg

 どんな名曲も、そればかりを歌っていては、新鮮味は失なわれ、その魅力は色褪せてしまうでしょう。
 シャンソンも同じです。
 名曲の持つ、時代を超えた魅力を輝かせ続けるためには、別の色合いで様々な輝きを放つ現代の多彩な音楽とともに歌われるべきだと思います。
 もう1度言います。シャンソンとは、フランスの現代大衆歌曲一般を意味します。
 そこには今日この時代にフランスで輝きを放っている、様々なジャンルの音楽が、いつでも選び取ることが出来るように、ラインナップされているのです。

 (つづく)


 
 いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 本日は4月のレギュラーライブのご案内です。なに歌おうかな~

 1404DS.jpg
スポンサーサイト

[edit]

trackback: -- | comment: 4

« 別府の考え(最終話) ~ シャンソンとは ~ その15  |  別府の考え ~ シャンソンとは ~ その13 »

この記事に対するコメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# |  | 2014/04/08 20:49 * edit *

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# |  | 2014/04/09 11:39 * edit *

葉子さま♪

あいかわらず、急な告知で、、、(笑)
4の5の段取り考える余裕も無く、行くっきゃないでしょう!

同僚にシャンソンショー行くから明日は残業2時間までね!って言ったら、、、(ついに、壊れたか?って失礼な!)

でもやっぱ、2説のイメージを持つ者が多い事は、事実ですよね、、、(まぁオラもその先入観は持ってましたが)

Gin #- | URL | 2014/04/09 23:18 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2014/04/10 22:25 * edit *

コメントの投稿

Secret