07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

大阪冬ライブ レポート その1 

 14日土曜日の朝は冷え込みましたが、空は青空、快晴でした。
 別府は気合を入れつつ、午前中にライブ会場へ。
 おはよーございまーす

 DSC_1587.jpg

 リハ中や本番中、楽屋を空けるときは鍵を持ってでます。
 首から下げるようになっておりまして、本番の際、危うくそのままステージに出そうになったりして(笑)
 サウンドチェック、リハーサルと進みます。

 DSC_2377.jpg

 ピアノ上田裕司さん、ベース奥田稔さんという気心の知れたメンバーですから、やったことのある曲は、アレンジを確認するだけ、初めてやる曲は通してやってみて、気になるところだけチェックって感じです。

 午後1時45分定刻に本番を開始しました!

 DSC01181.jpg

 お陰さまで、満員のお客様。わーい。

 SnapShot(62).jpg

 「百万本のバラ」からスタートして、「花まつり」「いつも何度でも」…と聴きたいと言ってくださる方の多い曲、お馴染みのナンバーを続けました。

 DSC01199.jpg

 「衣装だけはフランス人形風にしましたが…」なんてMCを入れながら「夢見るシャンソン人形(ただし仏語ヴァージョン←こだわりどころ)」です。

 DSC01203.jpg

 「ゲッティンゲン」は1週間前に作ったばかりの日本語訳詞で歌いました。

 SnapShot(113).jpg

 ユダヤ系フランス人として生まれたバルバラは、ナチスとの戦いで負った深い心の傷があったはずですが、後に訪れたドイツの街ゲッティンゲンで、この曲を作っています。
 美しい街、愛を語る恋人たち、無邪気に笑う子供たちを歌い、遠い過去の悲しい諍いの記憶を洗い流そうとするように…
 コンサートの1週間前、とつぜん日本語訳詞が頭の中に湧いてきて、あっという間に訳詞が完成してしまいました。
 いま歌うべき曲だったのだろうとの思いでプログラムにいれた1曲です。

 SnapShot(82)_201312160936264f5.jpg

 第1部は全部で9曲、最後の曲は「アムステルダム」でした。
 しばらくライブで歌ってなかったかも。
 この曲をはじめてライブで聴いたというお客様から、好きな歌だったけど、CDで聴くのとぜんぜん迫力が違った、よかったよぉと言って下さったりして、別府、ニンマリでございます。

 (次回へつづく)


 
 いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

[edit]

trackback: -- | comment: 2

« 大阪冬ライブ レポート その2  |  こそうじ登場 »

この記事に対するコメント

NoTitle

こんにちは!
寒くなりましたね。
コンサート、大盛況で良かったですね。
楽しんで歌っているのが、分かります。

りんこ

りんこ #- | URL | 2013/12/17 14:14 * edit *

Re: りんこ さんへ

おはようございます。

楽しく歌わせてもらいました。

コメントありがとうございます。

別府葉子 #- | URL | 2014/01/19 10:12 * edit *

コメントの投稿

Secret