09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

笑うオジサンたち ~続き 

 前回記事の笑うオジサンたちのポスター写真をご覧になって、なんでベーシストが3人も?と思われた方は目ざといと言わねばなりません。
 ベースアンサンブルというものをご存知でしょうか?ベース(コントラバス)だけによって構成されたアンサンブルです。今から10数年前、フランス生まれの「オルケストラ・ド・コントラバス」というユニットが、この演奏スタイルを確立して、それまで私たちが想像もしていなかった、この演奏スタイルがつむぎ出す音楽の魅力を世間に知らしめたのです。
 デカくて重たげ、小回りが利きそうもない、いかにも扱いづらそうに見えるこのコントラバスという楽器だけを組み合わせることによって、どれほど豊かで、幅広く、そして繊細な音楽表現が可能になるのか!を彼らが初めて私に教えてくれました。それは衝撃的!!な出会いであり、大きな喜びでした。
 仕事柄、様々な機会に、いろいろなベーシストの方とご一緒します。その中でも特にご一緒させていただくことの多い3人のベーシストに、今回、私のコンサートの中で、このちょっぴり珍しいスタイルのアンサンブルをご披露していただくことになりました。熟練した職人の正確さを思わせる冨山さん、力強さに満ちた迫力の奥田さん、遊び心満載の神崎さん、このお三方、いったいどんなハーモニーを聞かせてくれるのでしょうか。
 最初、この企画を立てて、私からお願いした際、皆さん、異口同音に「あれは難しいんや」と少し困った顔をされました。でも是非にとお願いして、なんとかこのユニット結成にこぎ着けることができたのです。
 だって、聞きたかったんだもの …ほんとに。
スポンサーサイト

[edit]

trackback: -- | comment: 0

« 余韻  |  笑うオジサンたち »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret