07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

何度でも… 何度でも 

 Youtube にアップされている別府の動画の中で、「百万本のバラ」が初めて再生回数 1万回を超えたとことを書かせてもらったのは、今年の1月11日の記事でのことでした。
 あまたの人気動画がひしめくYoutube 上で、1万回という再生回数は、実にささやかな数字ではありますが、別府としては、やったねーと快哉を叫びたい出来事だったわけです。

     MC900428103_20130612175029.jpg

 そして歳月は流れる…
 ふっふっふ

 先日、別府の歌う「いつも何度でも」が再生回数1万回を超えました。
 Youtube 上の別府動画では、2本目の再生回数1万回突破です。
 わーい、パフパフ、ドンドンドン

 「千と千尋の神隠し」の主題歌として有名な、この曲に別府がはじめて興味を持ったのは、3年前のことでした。
 人から教えられて、ナスターシャ・グジーさんという方が、歌うこの曲を聴いたときのことです。
 グジーさんは、幼いころ、ご両親と一緒に、チェルノブイリ原発の事故に会い、放射能に被爆し、住んでいた街が2度と帰ることのできない死の街と化したという体験を語りつつ、この哀しいあやまちに対する想いを、「いつも何度でも」という歌に託して歌っていると話されていました。
 別府が、この歌に込められた意味の深さに気づいたのは、そのときだったと言ってよいと思います。

 この曲の歌詞に歌われている情景に、明瞭な物語性はありません。
 スライドショーのように次々に切り替わっていくイメージが、やがて、ある方向性を持った風景として、心象の中に1つの像を結んでいくのです。

 MP900428006_20130612175525.jpg

 曲の前半のイメージは、あやまち、哀しみ、死、そしてその後にくる静寂、といったものです。
 そして後半に至って見えてくる風景は、破壊された廃墟に立ち尽くしながらも、失われない希望、そしてやがて胸の中に灯ってくる再生への強い決意、といったものではないでしょうか…

 この国に住む多くの人々が、民族の原体験のように抱いている共通したイメージ…
 敗戦、焼け野原、復興、成長、矛盾、挫折、再生といったものが形作る心象風景と重なるものが、この歌にはあると思いませんか?

 別府の歌う「いつも何度でも」です。

 

 いま確認したら、「百万本のバラ」の方は、もうすぐ再生回数1万7000回だわ。
 やったね!


 
 いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページ、開設いたしました。よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

[edit]

trackback: -- | comment: 16

« 6月30日(日) 心斎橋「アートクラブ」  |  「かがわ山なみ芸術祭 綾川町エリア」綾山湖 (田万ダム) 周回道路 »

この記事に対するコメント

NoTitle

音楽音痴の私が、M氏の作品館へ採用させてもらった理由で
も書き込んでいますが、素晴らしい曲です。その後に、若いリハビリの先生にジブリの曲だと教えてもらったのでした・・・

真におめでとうございます。拍手です。

インスピ #waBC1xgs | URL | 2013/06/12 21:23 * edit *

NoTitle

はじめまして。
歌声聞かせていただきました。
透明感のある美しい声で感激しました。

この曲にピッタリ!!
またこれからも、聞かせて頂きます♪

#- | URL | 2013/06/13 09:54 * edit *

NoTitle

初めてコメントさせていただきます。
再生回数1万回突破、ホントすごいことですね🎶
本当に良いものが、本当に素直に評価されることは、こんな世の中でも捨てたものではありませんし、心からうれしいことですね🎶
本当に素敵な歌声が、色々なところで、色々な人たちの前でご披露され、そして、感動の余韻が伝わっていかれると良いですね。
これからのご活躍、心から祈っています。

jinenbi #- | URL | 2013/06/13 13:21 * edit *

NoTitle

「百万本のバラ」は何度も聴かせて頂きましたが、
「いつも何度でも」は初めて?かな~新鮮でした。
私の持ってるCDにも入っていなかったです。(^^ゞ
良い声!何を歌っても素敵です。(^^♪

プリティ・カフェ・チューリップ #- | URL | 2013/06/13 14:25 * edit *

おめでたうごじゃましゅ

すごい再生回数ですな~
わちきのブログにそのぐらいの人くるまで何十年かかるやら(T_T)

Time comes round #uhNLfRIw | URL | 2013/06/13 19:24 * edit *

おめでとうございます。

 YouTubeからさらに輪が拡がりますね。

 ナターシャ・グジー氏のコンサートは10年以上前に行ったことがあります。当時、ナターシャさんは二十歳そこそこ、妹さんらと歌を披露されていました。
 すでに日本語がえらく達者で込み入った話もできるほどてした。今ではおそらく淀みのない綺麗な日本語になっているでしょう。

晴雨堂ミカエル #- | URL | 2013/06/13 19:59 * edit *

聴き入りました!

はじめてコメントさせて頂きます。

素敵な歌声がスゥーッと胸に沁み込んできました。
耳元で静かに優しく語りかけるような、それでいて力強い歌声、
とても素敵です!

そして歌詞の意味を一言ひとこと確かめるように、
耳を澄まして何度も聴かせてもらいました。

アクトイズム #- | URL | 2013/06/14 00:19 * edit *

はじめまして。

百万本のバラの再生にはかなり協力したかも。愛の賛歌もですが、凄く聞き惚れてしまいました~
「いつも何度でも」も素敵な唄ですし、別府さんの声がまたいいんでこれも聞き惚れております。

別府さんのブログは「愛の賛歌」をyouTubeで検索して拝見してから、ちょくちょくお邪魔させて頂いておりました。
四国に3年ほど勤務で居たことがあり、なんだか凄く親近感の湧くご当地記事があったりですっかりファンになっております。
関東での公演、楽しみにしておりますね!
今後ともどうぞよろしくお願い致します。

ひぐま3号 #X.Av9vec | URL | 2013/06/16 22:59 * edit *

Re: インスピ さんへ

いつもありがとうございます。

聴くたびに、新鮮な感動があり、新たな意味の発見があったりと、本当に素敵な曲だと思います。

別府の歌声で多くの皆様に聴いていただけて感謝しています。

別府葉子 #- | URL | 2013/07/14 18:45 * edit *

Re: 苺 さんへ

コメントありがとうございました。

お気に召していただけたようで、とても嬉しく思います。

別府が、この曲を歌うきっかけを作ってくださった方に感謝しないと。

今後ともよろしくお願いします。

別府葉子 #- | URL | 2013/07/14 18:49 * edit *

Re: jinenbi さんへ

コメントありがとうございました。

大変にお褒めの言葉をいただきまして、ありがたく感謝しております。

この曲を歌うとき、別府の歌声が誰かの心に届き、そこに生まれたものが、誰かにつながっていくといいなと、いつもそんな風に思ったりしています。

別府葉子 #- | URL | 2013/07/14 18:54 * edit *

Re: プリティ・カフェ・チューリップ さんへ

別府の歌を、何度もお聴きくださって、ありがとうございます。

「いつも何度でも」は、ライブで歌ううちに、CDに入れて欲しいというふうに言っていただくことが多くなって、3枚目のアルバム「スケッチブック」に入れました。

そんなふうに言っていただけることは、歌い手としては、とても嬉しいことです。

別府葉子 #- | URL | 2013/07/14 18:59 * edit *

Re: Time comes round さんへ

ありがとうございます。

1人1人の方が、動画を再生して下さった結果、こういう数字になるんだなーと、ただただ有難く思うばかりです。

別府葉子 #- | URL | 2013/07/14 19:04 * edit *

Re: 晴雨堂ミカエル さんへ

グジーさんは、大変に聡明な方だということが、そのお話を聞いていると感じられます。

そして、何ひとつおごったところのない、その話しぶりが、人の心に直接に、その声を届かせてことになっているのかもしれないなと思います。

見習いたいと思う方です。

別府葉子 #- | URL | 2013/07/14 19:10 * edit *

Re: アクトイズム さんへ

コメントありがとうございました。

とても素敵なお褒めの言葉をいただいて、大変嬉しく思います。

アクトイズムさんの撮られているお写真も、波の音や風の音、太陽の温かさ、そういったものを感じさせるものだと感じられて、別府は好きです。

別府葉子 #- | URL | 2013/07/14 19:14 * edit *

Re: ひぐま3号 さんへ

こんにちは。

ひぐま3号 さんは四国に住んでらしたことがあるのですか。

う~ん、四国の鉄道はどうなんですかね?電化されてないので、四国の人は鉄道のことを今でも「汽車」って言ったりします(笑)

撮影の折には体調にご留意くださいませ、なんせ暑すぎです、今年は。

別府葉子 #- | URL | 2013/08/13 11:26 * edit *

コメントの投稿

Secret