07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

ヨッシーに酔いしれました 

 昨日は、夕方6時前から、いそいそとお出かけでした。
 ちょうど通勤の時間帯と重なって、満員電車に揺られることになりましたけど、これから始まる楽しい時間のことを考えると、ちっとも苦にならないわけですね、えへへ。

 vlcsnap-2013-05-18-10h19m33.jpg

 こちら阪急西宮北口駅前にございます「プレラにしのみや」でーす。
 この日の7時から、こちらの5階にありますプレラホールにて…

 vlcsnap-2013-05-18-10h20m26.jpg

 ピアニスト吉川隆弘さんのリサイタルだったのです!
 ちょうど3年前の今頃の季節、初めて吉川さんのコンサートに出かけた私は、そのときから吉川さんの大ファンとなったのでした。
 繊細と熱情、静謐と混沌、たった1人で、1つの楽器を操るだけで、音の世界の片隅から彼方までを自在に駆け巡りつつ、聴く者の心をはるかな高みまでいざなってしまう魔術師のような方なのです…

 今回のプログラムはオールショパン!
 いやが上にも期待が高まります。
 「ピアノの楽器としての官能的な美が最大限に発揮されて、それ以上ピアニスティックでは品に欠ける、そこのところのバランスという点では、ショパンは頂点を極めました」
 プログラムに書かれていた、吉川さん自身の手による作品解説の一節です。

 DSC_1429.jpg

 けれんに満ちたショパンの作品は、吉川さんの手によって、ときに優しく慈しむように、ときに無造作に投げ出すかのように、自在に操られ、輝き続けていました。
 煌びやかな美しさの頂点に向けた、危ういバランスは、悠々と、彼の手の中で操られていたようです。
 絶えず感性が触発され続ける心地よい緊張の中で、ゆったりとあやされるように魂を揺さぶられ続けた2時間足らず…
 至福のときでした。

 終演後、うっとりと夢見心地にロビーに出ると…

 vlcsnap-2013-05-18-10h25m52.jpg

 ヨッシー発見!
 ちなみに「ヨッシー」は別府が勝手に付けている呼び名です。でも連れは「ブラボー」とか言うほか「たかひろ!」とか呼び捨てで声援してたし、それに比べれば可愛いものです(笑)
 そして、そして…
 別府、吉川さんに紹介してもらって、ちょこっとお話しちゃったー
 やったー

 vlcsnap-2013-05-18-10h23m30.jpg

 ステージの上で短いお喋りされるときもそうですが、すごく気さくな方です。
 それに吉川さん、別府がブログで吉川さんのことを取り上げているのを、以前から読んで下さってたんですよね。
 えへへ
 これからも気合入れて連載しますよぉ

 そのあとは、誘い合って一緒にコンサートに来ていた人たちと一緒にお食事でした。

 vlcsnap-2013-05-18-10h25m04.jpg

 今回は10人もいたし、こっちもしっかり盛り上がりました。
 肉系がっつり?(笑)


 
 いつも応援をいただきましてありがとうございます。
スポンサーサイト

[edit]

trackback: -- | comment: 0

« カラオケセッションの夜  |  奄美島豚 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret