06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

ルノー王の哀歌 

 今日は早起きして、朝6時の電車で、高松から大阪の自宅に帰ってきました。
 朝が早いと、駅前も人影まばらで静かだし、なんだか空気も澄んでる感じでした。

 130322_0618~0001

 気持ちいいー

 ところで来月4月20日の鹿児島ライブ、以前にご案内させていただいたとおりなのですが…
 そのライブをプロデュースして、別府を鹿児島に呼んでくださった しいばたかしさん。
 ご自身がDJを務めるいらっしゃるエフエム鹿児島の番組「Bonsoir chanson しいばたかし 今夜は貴方と」(毎週土曜日PM7:30~PM7:55)にて、明日4月23日の放送で、別府の曲を1曲流してくださるそうです。
 わーい

 その曲というのが「ルノー王の哀歌」です。

 MC900230768.jpg

 この曲、イヴェット・ギルベールが採譜したことによって音楽史に登場し、コラ・ヴォケールの熱唱で現在も多くの聴衆に知られているフランスの古い民謡です。

 ちなみにイヴェット・ギルベールと言われてもピンとこないかもしれませんが、こちらなら如何でしょうか?

     301px-Toulouse-lautrec_yvet.jpg

 ロートレックの描いたムーランルージュのポスターの中に登場してくる歌い手の1人です。

 別府、なぜかフランスの民謡に、すごく心惹かれるものを感じてしまうのです。
 この曲も、民謡独特といってよいでしょうか、素朴な節回しのメロディーが延々と繰り返されながら、3人の登場人物の台詞によって、悲劇が坦々と描かれ、最後にクライマックスを迎えます。

     MC900250595.jpg

 ややもすれば単調で、退屈なものとなってしまいかねない、この曲は、歌う側の力が問われる1曲かもしれません。
 別府ヴァージョンは、別府が自分で訳詞を付けたものです。
 機会がございましたら、是非、聴いてみてくださいませ。


 
 いつも応援をいただきましてありがとうございます。
スポンサーサイト

[edit]

trackback: -- | comment: 4

« 今年の東京コンサートは9月6日(金)です  |  教室発表会 番外編 »

この記事に対するコメント

ダンスリー。

 神戸を拠点に中世フランスの楽曲を扱っていたダンスリーというグループがあったように思いますが、ご存じありませんか?

晴雨堂ミカエル #- | URL | 2013/03/24 09:00 * edit *

NoTitle

東京会場もあるのですね。忘れないようにしなくては。

ノーベル賞コウホケンメイゴンサン #- | URL | 2013/03/25 15:23 * edit *

Re: 晴雨堂ミカエル さんへ

寡聞にして、知りませんでしたー

でも、調べてみると、すごく興味深いグループですね。ストライクゾーンです。

聴いてみなくては…

ありがとうございました。

別府葉子 #- | URL | 2013/04/06 00:11 * edit *

Re: ノーベル賞コウホケンメイゴンサン さんへ

はい。東京でもコンサートやってます。

機会がございましたら、是非お運びくださいませ。

別府葉子 #- | URL | 2013/04/07 18:48 * edit *

コメントの投稿

Secret