07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

一粒の種がやがて大きな花を咲かせることを願って 

 先週の土曜日は、日本訳詩家協会主催のシャンソン訳詩コンサートでした。
 つい先日(2月9日)の記事でご紹介したコンサートでしたけど、無事に終了しましたー

    MC900294370.jpg

 別府が訳詞をつけた4曲は、片山富子さん、柴田乃生子さんのお2人が歌って下さったわけですが…
 別府が自分で歌うときとは、また違った味付けや解釈で歌って下さっていて、大層興味深く、別府、舞台裏で「おお、ひえ~、う~む」などと唸っておりました(笑)
 ただ、お2人とも別府の訳詩がお気に召していただけたことは間違いなかったみたいで、嬉しい限りです。

     MC900417462a.jpg

 さて、この訳詩コンサートですが、大阪では3年連続3回目の開催となりました。
 別府自身、最初にコンサート企画が立ち上げられたときから係わっていて、これまでの3回のコンサートは、いずれも裏方として参加してきました。
 自分たちの手でコンサートを運営するためには、裏方として参加する者が必要となるのは、いわば当然ですからねー、ならば私がやろうかなと。
 当初、「どうして出演しないの?」といろいろな方から聞かれましたけど、こういった別府のスタンスも、どうやら周囲に理解していただけてきたようです。

     MC900330869a.jpg

 3回のコンサートを経て、当初からの企画メンバーを中心に、出演者の方々も交えて、いろいろな意見が交わされるようになってきました。
 このコンサートをどういう形で、今後、育てていくかということ、さらには日本訳詩家協会・関西支部の活動の在り方について、積極的な提言もどんどんなされつつあります。
 これまでの活動を通じて、少しずつ築かれてきた会員相互間の信頼関係があればこそですよね。
 なんかバイタリティーが溢れている感じです。
 楽しみになってきたー

 MC900231222.jpg


 
 いつも応援をいただきましてありがとうございます。
スポンサーサイト

[edit]

trackback: -- | comment: 4

« 舞台監督?  |  「いじめ」考 »

この記事に対するコメント

訪問ありがとうございます。

弊ブログ「ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋」にお立ち寄りくださり、ありがとうございます。

 大阪と四国を中心に活動とありましたが、四国のどちらですか?
 私は堺市在住ですが、国は高知県香美市です。今は身動きとれませんが、いずれは郷里の村興しに寄与したいと考えています。何か機会が巡れば合力いたしましょう。

晴雨堂ミカエル #- | URL | 2013/02/12 00:32 * edit *

NoTitle

訳詩コンサートというのがあることはじめてしりました。詩が歌い手によって豊かに広がるんですね。ご活躍を注目しております。

ノーやん #40v3ysNw | URL | 2013/02/12 17:54 * edit *

Re: 晴雨堂ミカエル さんへ

コメントありがとうございました。
別府は、高松市の出身で、いまは大阪市に住んでいますが、高松に自分の教室があったり、仕事の関係で今でも高松とは、よく行き来しています。
知人に高知県出身の方がいらして、香美のご出身と聞いていたのですが、そのときのおぼろげな記憶では香美って「郡」じゃなかったのかなと思ったので、さっき調べてみたら、7年ほど前に、合併で香美市が誕生したのですね。
新しい知識でしたー

別府葉子 #- | URL | 2013/03/09 17:47 * edit *

Re: ノーやん さんへ

いつもありがとうございます。
私たちの訳詞コンサートは、まだまだ歴史の浅いものですが、いろいろな意味で充実・成長させて行きたいなと思っています。
ご声援のほどよろしくお願いします。

別府葉子 #- | URL | 2013/03/09 17:50 * edit *

コメントの投稿

Secret