07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

「いじめ」考 

 今日は、動画のご紹介をさせていただきます。
 内容はキャンペーンフィルムみたいです。
 キャンペーンの題目は「いじめ撲滅」
 Friends という名前のスウェーデンの団体が作ったものらしいですのですが、この団体の詳しい活動内容などについては、ごめんなさい、別府、よく知りません。

 この動画が作られたのは、最近のことではありません。
 別府自身、この動画を初めて観たのは1~2年前だったかと思います。
 ただ最初に観たときから、ずっと印象に残っていました。

 メッセージは明確で、強いインパクトがあります。
 ストーリーに少しも押しつけがましいところがなくて、スマートな演出です。
 結果、さわやかで後味の良い清々しいさが強い印象を残しています。
 心に残るという言葉がピッタリですね。

 赤毛の少年が、数人の少年たちから、髪の色のことでからかわれています。
 その子の赤毛をからかうことは、その少年たちにとって定番の遊びのようなものなのでしょう…

 

 別府は、「いじめ」とは、自分が少数派になることを恐れる人間の心理、誰の心の中にもある人間の弱さがもたらす病理なのだと思っています。
 少数派を疎外することによって、多数派と連帯しているという幻想を抱き、自分を安全な多数派の立場に置けたと感じる卑怯な心が、イジメをもたらしているのだと。
 ですから、あらゆるものが、からかいや差別の対象になるのです。
 自分が多数派になれるなら、対象は何でもいいのですから。
 赤毛でも、黒い髪でも、金髪でも…
 どこで生まれたか、何をしているのか、どんな言葉をしゃべるのか、何を信じているのか…
 誰の心の中にも潜んでいる、弱くて卑怯な心が、そんな何かを取り上げては、誰か傷つけることで、自分を守ろうとするのです。

 全ての人は、ほかの人たちと多くのものを共有しています。
 共有しているのは、人を人たらしめているもの。それは喜んだり悲しんだりする気持ち、誰かを恋い慕う思い、何かを求め、何かから逃れようとする感情…
 例えて言うなら、そんなものでしょう。
 でも同時に、すべての人は、ほかの誰とも同じではありません。
 みんな違っているのです。
 そして、その違いこそが、また人を人たらしめているのです。

 そんな当たり前のことを、当たり前のこととして、素直に受け入れるとき、人は自分の中の弱い心、卑怯な心に打ち勝つことが出来るのではないでしょうか。

 動画の中では、年かさの少年が、いじめられている少年のために、自分の気持ちを行動によって明らかにします。
 別府が印象に残ったのは、いじめている少年たちが、その年かさの少年の意図を瞬時に理解したことです。そこに表れているものは、別府には、恥じらいに見えました。卑怯な自分を恥じているのです。

 いじめている者、いじめられている者、手を差し伸べるもの、みな同じ人間で、実に多くのものを共有しているのだ、それがテーマなのだと感じました。


 
 いつも応援をいただきましてありがとうございます。
スポンサーサイト

[edit]

trackback: -- | comment: 18

« 一粒の種がやがて大きな花を咲かせることを願って  |  シャンソン訳詩コンサート »

この記事に対するコメント

オハです!

みんながこういう思いにたどり着いてくれば・・・

daryljohn #- | URL | 2013/02/09 05:38 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2013/02/09 09:04 * edit *

Re: 管理人宛てのお問い合わせをされた方へ

ご連絡ありがとうございました。
お問い合わせの件、心当たりがありません。
こちらのPCで、お問い合わせされたと同様の操作をしてみましたが、ご指摘のような異常は認めませんでした。
さらに知人何人かにPC上での動作確認を依頼した結果、現在まで4~5名の方から連絡をいただいていますが、いずれも異常なしとのご返事でした。
お使いのPCにウイルスが感染している可能性もあるように思われますが、如何でしょうか?

別府葉子 #- | URL | 2013/02/09 19:26 * edit *

こんばんは。

おいらもこの動画は見た事あります。
しかし、ただ見ただけで。^^;
> そんな当たり前のことを、当たり前>のこととして、素直に受け入れると
>き、人は自分の中の弱い心、卑怯な心>に打ち勝つことが出来るのではないで>しょうか。
この短い動画の中での葉子さんの鋭い観察力恐れ入りました。m(__)m


まこと #- | URL | 2013/02/09 20:04 * edit *

始めまして

ブログ拝見させて貰っています。
いじめですか~非常に難しい問題ですね!人間である以上決して無くなる事は無いように思っています、それは大人子供関係なくです悲しい事ですが…皆我が身は大事ですからね!!すみません偉そうに書き込みしまして以前いじめみたいな感じの悔しい思いをいたもので…ではまた寄せて貰います。

亀は急いでもやっぱ亀 #- | URL | 2013/02/10 00:44 * edit *

Friends

こんばんは!
(^-^*)(・・*)(^-^*)(・・*)
言葉では伝わらないこと。。
髪をお揃いにした彼。。
無言で 最後に微笑んだ彼。。
かっこいい!
彼らはけして 帽子をかぶった人にはならないですよね!無言でこそ伝わることだと感じました。 心にpower頂きました。
ありがとう。。葉子さん!

Ren #- | URL | 2013/02/10 01:35 * edit *

心を打たれました

別府様
まったくあなたの言うとおりだと思いました。いや、とても大切なことを気付かせてくれました。ありがとうございます。
つまり、いじめは悪であり、あってはならないもの、なくさなければならないものという前提に立ち、だから解決しなければならないという態度で臨む限り、いじめはなくならないのだろうということです。いじめはなくならない、それはヒトの弱さだから致し方ない。だから、それゆえ逆に解決に至る道はあるだろう・・・と考える方が正当なのだということを気付かせてもらいました。しかしスウェーデンという国は大人の国ですね。そのことにも心を打たれました。

Takashi #- | URL | 2013/02/10 17:37 * edit *

はじめまして

感動しました!

トモゾー #- | URL | 2013/02/11 07:06 * edit *

人間ってやつは…

訪問歴からやって来ました「ティンパニで朝食を」こと高木です。この画像、さりげなくいいですね!

もうすでにご覧いただいてるかもしれませんが、私のブログでは音楽寄りの記事だけでなくちょっと社会的なテーマについても書いています。「一歩踏み込んで…」のカテゴリには大津の事件についても…。
子ども・青年に起こる「いじめ」は、大人社会の縮図ですね。
それからある意味、コミュニケーション能力の低下とも関係あるように思います。「コミュニケーション」&「ノーマライゼーション」、違いを理解し、認め合い、助け合う…そういう発想が大切ではないでしょうか?

第一楽章 #- | URL | 2013/02/11 14:18 * edit *

Re: daryljohn さんへ

こんばんは。

人間の考えることは、ホント不思議なくらい良く似てますよね。

ほんの少しのキッカケだと思います。

別府葉子 #- | URL | 2013/02/11 20:48 * edit *

Re: まこと さんへ

こんばんは。

「鋭い観察眼」だなんて…

もっと褒めてー(褒められると伸びる子より)

まことさんご紹介の尾びれのない金魚の話、ちょっとウルッとしますねー

別府葉子 #- | URL | 2013/02/11 20:54 * edit *

Re: 亀は急いでもやっぱ亀 さんへ

こんばんは。

コメントありがとうございました。

別府は小さい頃、いじめられっ子でした。

そういうことって、話せるようになるのにも時間がかかりますよね~

別府葉子 #- | URL | 2013/02/11 20:57 * edit *

Re: Ren さんへ

こんばんは。

カッコいいですよね、彼。

彼の周囲にいる少年少女たちが皆、年齢も性別も肌の色も別々なんですよね~

そんな中に、ごく自然にいますね。

別府葉子 #- | URL | 2013/02/11 21:04 * edit *

NoTitle

人間が差別することが大好きだってことを知ってる人は他人なんて信用しないんだよ。

日本人なんて特にそうだよね。

たとえばね、誰か友達が一人、集団に迫害を受けていたとするじゃない。一対多数ね。そこで何をするべきか。勿論それは友達の味方をするべきなんだよ。でも大抵の人はそうしないんだよね。集団につくんだよ。人間は仲間を欲する。だけどその仲間は誰でもいいんだ。仲間があること、仲間がいることが重要なんであって、それがどういう集団なのかは関係ないんだ。意味がない、価値がないと言ってもいいかもね。そういう残酷な事実を知っちゃったら、誰も信用なんてできないよ。

首絞め浪漫チスト #- | URL | 2013/02/17 15:19 * edit *

Re: Takashi さんへ

ご賛同いただきまして、ありがとうございます。
でも、いつも物事を深く考えていらっしゃるTakashiさんに、そんなふうに褒められると、すごく恐縮してしまいます。
別府は、子供のころ、いじめを受けた経験がありますが、知らぬ間に自分が誰かをいじめる立場になったりしてはいないかと、自戒することもあります。

別府葉子 #- | URL | 2013/03/09 17:22 * edit *

Re: トモゾー さんへ

コメントありがとうございました。
さりげなく色々なメッセージが込められたビデオですよね。

別府葉子 #- | URL | 2013/03/09 17:24 * edit *

Re: 第一楽章 さんへ

コメントありがとうございました。
違いを知り、それを理解して認めることが、コミュニケーションの第1歩にして、その本質であるということでしょうか…
そのように心がけていても、異なる習慣が無作法に感じられたり、異なった考えが無知無理解と思えたり、現実をスマートに生きることは難しいな~と、よく感じます。

別府葉子 #- | URL | 2013/03/09 17:34 * edit *

Re: 首絞め浪漫チスト さんへ

コメントありがとうございました。
別府は、人を信じるということは、とても難しいことだと思います。
自分で、自分の弱さを知っているので、ほかの人にも、やっぱり弱さがあるのだとうなと思います。そして人は弱さゆえに人を裏切ることがあるのだろうなと思います。
ただ「人を信じる」ということは、どういうことなのだろうなということを、よく考えます。
結論が出ているわけではありませんが…

別府葉子 #- | URL | 2013/03/09 17:58 * edit *

コメントの投稿

Secret