07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

ディヴィエント・アン・ドウル(Divent an dour) 

 今日は、別府の新しい動画をご紹介したいと思います。
 「ディヴィエント・アン・ドウル(Divent an dour)」です。
 Youtube 上では、2010年に高松のサンポートホールでのコンサートの際に歌ったこの曲の動画が既にアップされているのですが、今回は、昨年の暮れ、コメッセ宇多津で同じ曲を歌ったときのビデオを使っています。
 サンポートホールではドレスを着て歌っていますが、今回は、比較的小さい会場で弾き語りを行っているバージョンで、少し雰囲気が変わっていると思います。

     MC900038688.jpg

 別府は、個人的に、同じメロディーをゆったりと繰り返すような民謡にルーツを持つ曲が好きなのですが、この曲もスコットランドあるいはケルトの民謡にルーツを持つと言われています。

 "The water is wide"の名前で、英語で歌われることが多い曲ですが、別府は、フランスのフォークグループ「トリ・ヤン」が歌ったフランス語とブルトン語(ブルターニュ地方の言葉)のバージョンに、一部日本語詞を付けて歌っています。

 tri.jpg

 曲の内容は「この海を越えることさえ出来れば」と願う恋人たちの様子を歌ったもののようです。
 ただ、この曲が、いつ頃どこで生まれ、また詞が付けられたのがいつ頃のことなのか、いずれもよく分かっていません。
 ですから、恋人たちが、一体なにから逃れて、どこへ行こうとしているのか、実際のところよく分からないのです。
 「海」は文字通りの海なのでしょうか、それとも何かの象徴なのでしょうか…

 

 別府、歌いながら、組んでいた足を外したりしていますが…
 この舞台、実は、プティットフルールという生徒さんたちが作っている愛好会のプチコンセールでして、この日、別府は(リハも含めて)4時間近く、生徒さんたちのためにギター伴奏を付けてたもので、指は痛くなるわ、組んでる足は痺れてくるわ、大変だったのです!(笑)

 同じ曲の、高松のサンポートホールでのコンサートバージョンはこちらです
 よろしかったら、聴き比べてやって下さいませ。


 
 いつも応援をいただきましてありがとうございます。
スポンサーサイト

[edit]

trackback: -- | comment: 4

« シャンソン訳詩コンサート  |  見えているもの… »

この記事に対するコメント

NoTitle

まだ苦労中ですが、なんとか、掲載できたようです。

インスピ #waBC1xgs | URL | 2013/02/05 03:17 * edit *

始めまして^^

お初のコメントを書かせて頂きます

同じFC2ブログで洋楽中心ですが音楽を気ままに紹介しております、別府様の歌を今日始めて聞かせて頂きました~シャンソンということですが不思議に私のような60に手が届く者の良き時代を思い出させられる素敵な歌に出会い感動しております。

ギター弾きながら・・・・ちょっと驚きました

ご活躍応援しております~^^

追)リンク入れておいて宜しいでしょうか?^^;

Koukou #GTh2ANWE | URL | 2013/02/05 22:32 * edit *

Re: インスピ さんへ

こんばんは。

本当にいつも別府動画を素敵にご紹介下さって、ありがとうございます。

別府葉子 #- | URL | 2013/02/11 20:36 * edit *

Re: Koukou さんへ

こんばんは。

コメントありがとうございます。

いろいろな意味で、どこか懐かしい気がするという部分があるかもしれません。そう感じていただければ、それはとても嬉しいことですが…

リンクありがとうございます。

今後ともよろしくお願いいたします。

別府葉子 #- | URL | 2013/02/11 20:42 * edit *

コメントの投稿

Secret