07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

見えているもの… 

 10日ほど前の話になりますが…
 イングランドのサッカーのリーグカップ戦の準決勝で、強豪チェルシーのエデン・アザール選手が退場処分を受けるという出来事がありました。
 アザール選手は、ベルギー出身の若手選手で、最近めきめき評価を高めているニュースターだとか。
 この試合、チェルシーはホーム&アウエー方式で戦われた準決勝の第1戦を落とし、決勝に進むためには、第2戦、相手チーム、スウォンジーの地元に乗り込んで2点差以上で勝つしかないという状況でした。
 しかし両チームとも無得点のまま経過した後半の78分に、アザール選手は、ボールがゴールラインを割った後、いそいで試合を再開させようとボールを追いかけたところ、彼にボールを渡そうとせず、逆にボールを抱え込むように倒れ込んでしまったボールボーイを蹴りつけて退場処分になったというふうに報道されました。

     MC900346501.jpg

 別府、そのニュースを読んですぐに Youtube で動画を探しました。
 「うわ、ひどい」というのが、動画を観たときの印象でした。
 アザール選手は、(なぜか)ボールを抱え込むような格好でうつ伏せになっているボールボーイの少年の下からボールを取り出そうとした後、突然、少年の脇腹のあたりを蹴りつけたようでした。

 a01.jpg

 ネット上の声も、アザール選手の行為を非難する声が大半のようでした。

 ただその後、だんだん状況に変化がありました。
 ボールボーイの少年が試合前に、自身のツイッターに、(スウォンジーのための)時間稼ぎを予告するような書き込みをしていたことや、その少年がスウォンジーの幹部の息子さんであったことなどが報道されると、今度は、だんだんボールボーイの少年の行為を非難する声の方が多くなってきたのです。

 もっともそんな中で、別府の注意をひいたのは別のことでした。
 それは何人かの人たちが、アザール選手は少年を蹴ったのではなく、ボールを蹴りだすために、少年の下にあったボールを蹴ったのだと主張していることでした(アザール選手本人も含めて)。

   MC900197736.jpg

 別府、動画を見直してみました。すごくたくさんの動画がアップされていたので、いろいろ見比べてみたりして。
 その結果としての別府の結論は…
 画像からは、アザール選手が少年を蹴ったのか、ボールを蹴ったのかは、はっきりしない、というものでした。

 少年は、ゆったり目のウインドブレーカーのようなウエアを着ていて、そのためでしょうか、うつ伏せになった少年のお腹の下にあるボールは、画像では実際にどこにあるのか確認できませんでしたし、またアザール選手が蹴ったのが、どこなのかがハッキリと分かる画像は見当たらないことが分かりました。
 ただ別の角度から撮った遠景の画像を注意深く見ると、アザール選手が蹴るのと同時に少年の下からボールが転がりだした所が写っていて、これを見ると「ボールを蹴ったのだ」という可能性は(ボールと同時に少年の身体にも足が当たっているという可能性も含めて)十分考えられることのように思えました。

      MC900293476.jpg

 別府は、誰が悪いとか、良いとか言うつもりはありませんし、真実がどうであったと決めつけるつもりもありません。

 ただ人間の目というものが、いかに不正確で、何とアテにならないものであるかを、思い知らされた気がしたのです。
 「アザール選手が少年を蹴った」と言われて動画を観ると、そう見えたのに、「アザール選手は少年を蹴ったのではない」かもしれないと考えて、同じ動画を見直すと、まったく別の可能性が見えてくる。
 何を見ているときでも、本当は自分には何も見えていないのかもしれない、そのことを常に心に留めておきたいと強く考えた次第です(今日は最後まで真面目)。


 
 いつも応援をいただきましてありがとうございます。
スポンサーサイト

[edit]

trackback: -- | comment: 4

« ディヴィエント・アン・ドウル(Divent an dour)  |  信じやすいタチなのか… »

この記事に対するコメント

はじめまして

はじめてコメントさせて頂きます。

サッカーの記事を目にしまして、やっと当ブログを閲覧されている意味を知りました。
また音楽活動されているということで、どっこいしょとYoutubeでそのお姿を拝見させていただきましたが・・びっくりです。驚くのは失礼なのですが・・お歌お上手ですね。サッカー選手にサッカー巧いね~、と言うようなもんですが・・やはりそう言わざるを得ないようなお上手さです。

また気にしてブログ拝見させていただきます。

ぼん #- | URL | 2013/02/03 14:41 * edit *

NoTitle

こんばんわ

なるほど・・と思いながら読ませていただきました。
そういえば テニスの試合などは近年、チャレンジシステムがとられていますが それなどは人間の目の曖昧な部分を補う意味で採用されたものなんでしょうね。

ももPAPA #Wgi4adpQ | URL | 2013/02/04 00:10 * edit *

Re: ぼん さんへ

こんばんは。

は~い、サッカーの応援も好きだったりする別府です。

神戸へは、まだ行ったことがありませんが、万博や長居には、たまに出没することがあります。

別府の歌も、たまに聴いてやってくださいませー(笑)

別府葉子 #- | URL | 2013/02/11 20:27 * edit *

Re: ももPAPA さんへ

こんばんは。

スポーツの審判の判断の部分に機械を導入するというのは、また別の意味で、すごく微妙な問題ですよね~

人間の判断なのだから間違いが混入するのを当然の前提として、審判の判定に委ねるというのがルールなんじゃないのかなという疑問が常に付きまといます。

審判の判定に従うという潔さへの憧れがある別府です。

別府葉子 #- | URL | 2013/02/11 20:35 * edit *

コメントの投稿

Secret