09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

かい原 

 昨夜の食事は「かい原」に行ってきました。
 「かい原」はJR天満駅の北、天満市場に程近いところにあるお鮨屋さんです。
 開店してからまだ半年と伺っていますが、私が最初にお邪魔したのは数ヶ月ほど前のことでした。誰かに教えられてとかではなく、街を歩いていて、ピンときた、それこそ野性の勘で発見したお店なのです。
 ゴテゴテした飾りを排除したシンプルで清々しげな佇まい。8席程度のカウンター席だけのお店を歳若いマスターがお1人で切り盛りされています。メニューは3500円のお任せのみ。旬の素材へのこだわりが感じられて、お値段以上の価値があることは請け合いのお料理ですよ。
 昨夜は、湯葉のひたしに生うにと蚕豆を添えた豆鉢から。

100508_1841~0001

 料理は、片面を軽くあぶって茗荷と青物をあしらったマグロのたたき、ササガレイの焼き物と進んでいきます。
 別府はビールで喉を湿した後は、芋焼酎のお湯割りに移って、快調、快調。

100508_1908~0001

 頃合いをみて、料理は握り鮨に写ります。写真はキスです(たぶん)。サッとあぶって醤油のたれで味つけされています。舌に温かく感じられる甘みにうっとり。お酒が進む~
 仕上げに巻き物もいただいて、愉快、愉快。

100508_2123~0001

 また来ますね~と、お店の前でご挨拶しながら、男前のマスターと一緒にパチリ。
 いー感じで酔った挙句、お店に帽子を忘れて帰った別府でした。はぁー
スポンサーサイト

[edit]

trackback: -- | comment: 0

« 愛器  |  プログラム »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret