07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

ブログがつなぐ縁 つづき 

 先日の記事で、ブログから生まれたご縁でお世話になった方々のお話をしましたが、今回は、また別の形でお世話になっているブロガーの方々のお話です。

 1人目の方は、宇藤カザンさんです。
 カザンさんは、東京などで絵画教室やシャンソンサークルの主宰、フランス語講師など幅広い活動をされておられる方です。

 2人目の方は、kazkoline さんです。
 kazkoline さんは、趣味としてシャンソンを歌い、フランス語でシャンソンを歌う教室の講師をされたりしておられる方です。

 このお2人に共通しているのは、いずれもご自身のブログで、フランス語の歌にご自分で付けられた訳文を掲載されていることです。

 MC900352024.jpg

 別府は外国語の曲の訳詞をするわけですが、訳詞をする場合、必ずしもその曲のことを良く知っているわけではありません。その曲が生まれた経緯や時代背景、作者の詳しい情報なども知りたいですし、ときには題名以外ほとんど情報がなくて、フランス語歌詞自体、手元に無いということもあるのです。

 というわけで、とりあえず、その曲のウェブ検索をしてみるというのが恒例のパターンなのですが…
 そんなとき、よくヒットするサイトの中に、先のお2人のブログが含まれているのです。

 MC900234430.jpg

 カザンさんは、フランス政府留学生としてフランスで学ばれたそうですし、またkazkoline さんも長くフランスに滞在して、ルマンレースの通訳を務められたりしたという経歴がおありだそうで、お2人ともフランス語に関する本格派です。

 MC900361232.jpg
 ルマン(のつもり)

 正確な日本語訳なので、とても参考になります。
 日本で歌われている訳詞曲の中には「えっ?」とたじろいでしまうような誤訳があったりするんですよね、正直に言ってしまうと…

 後ですね…
 「カザンさんからお話を伺ったのですが」とご連絡を下さった方があって、その方からフランス語で歌うシャンソンのレッスンを依頼されることがあったりもしました…
 別府は大阪では教室はもっていないのですが、折角ですからというわけで個人レッスンをさせていただきましたが、きれいなフランス語で、発音を直すところがなかったりしました。
 でもご本人は優雅で素敵なマダムだったので、これはこれで嬉しい出会いかなと…(笑)


 
 いつも応援をいただきましてありがとうございます。
スポンサーサイト

[edit]

trackback: -- | comment: 2

« お友達 中山瞳さんのライブです  |  ほとんど使わないので、今はあんまり喋れませんが… »

この記事に対するコメント

☆佳い年になす様に♪~

こんばんは、いつもblogno
曲にUpさせtrいただいています。
ととも、あなrたの板声から伝わります。
優しい気持ち+元気=あなたの歌声
こちらでの、コンサートを出来ます様に~

inspire1001 #- | URL | 2013/01/19 19:37 * edit *

Re: inspire1001 さんへ

いつも別府の歌をご紹介いただきまして、ありがとうございます。

自分の歌声が誰かを励ましたり、和ませたり出来るのだと感じることは、とても幸せなことなのです。

鹿児島でのライブとFM番組出演が、いよいよ具体化してきています。

こちらも有難いことです。

別府葉子 #- | URL | 2013/02/10 12:50 * edit *

コメントの投稿

Secret