07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

なぜシャンソンだったのか… 

 前回に続いて別府のお仕事に関係したお話です…

 別府のシャンソン教室には、フランス語と日本語で歌うクラスと、日本語だけで歌うクラスがあります。
 フランス語は分からないからとか、発音が難しいのでといったことで、フランス語で歌うクラスを敬遠される方は少なくありません。
 「日本人だから、日本語で歌います!」といった、「はあ、そうですか」と答えるしかない、みたいな方もいらっしゃったりしますし(笑)

 MP900341537.jpg

 もちろん楽しみとして歌うわけですから、日本語であれ、フランス語であれ、興味がある方、楽しいと思えるように歌えばいいわけですが、ただ別府としては、歌うときは日本語でないとダメ、という方も、聴くときには、原曲のフランス語でも聴いてみることをお勧めしています。
 カルチャーショックを受けることがあるかも…
 日本で歌われている「シャンソン」の中には、原曲とはおよそイメージがかけ離れたものになっているケースもありますからね。う~ん、これは別の曲と言うべきでは、とかね。
 原曲を聴いて、そこから新たなインスピレーションを得るかもです。

      MC900338494.jpg

 別府自身がシャンソンというジャンルを歌い始めたのは、自分が感動したフランスの歌の魅力を再現して、それをたくさんの人に伝えたいという思いがあったからです。
 逆に昔から日本で「シャンソン」として歌われてきたジャンルの曲は、実は、ほとんど聴いたことがありませんでした。
 ですから自分がシャンソンを歌い始めてから初めて、日本の「シャンソン」を知ったというのが正直なところです。
 あの有名なシャンソン歌手の歌も、別のあの方の歌も、それまで聴いたことありませんでしたー、えへへ

 hubu.jpg
 (ビュービュー吹き荒れてます)

 よく「あの曲をステージで歌ってください」とリクエストされることがあります。
 ちょっと戸惑うことも…
 だって、リクエストして下さっている方の思いは、「あの歌詞を、あんな風に(歌手〇〇さんのように)歌う」といったイメージがあるんだろうなと見当がついてしまうのですが、別府が歌うと、その方の抱いているイメージとは全然違いますよーという自信があったりするので(笑)

 この曲とかだと、比較的イメージどおりだと思うので、大丈夫だと思いますが…

 


 
 いつも応援をいただきましてありがとうございます。
スポンサーサイト

[edit]

trackback: -- | comment: 8

« ぼちぼち年の瀬モード?  |  "Juste une chanson" »

この記事に対するコメント

能面製作に

通じるところがありますネ。
能面は、基本“写し”ですが
おおもとの“本面”を見ることが大切です。
“写し”は作り手の個性やアレンジが出るので・・・

やっぱり、
本物志向は大切ですよネ

雅勒 #CU4vqk3E | URL | 2012/11/24 21:08 * edit *

素晴らしいです。

本日の私の記事に収録させてもらいました。

インスピ #waBC1xgs | URL | 2012/11/25 15:34 * edit *

本日の記事にも紹介しました。

私は「PC=コピペ」だとも唱えている。だから、これは、コピペでも利用可能のように、書き込むものだ。私は、コメントをあまり他人(ひと)のサイトには書き込まないがこの度、「別府葉子さん」のブログにコメントを書き込んでいる。そして、彼女のところに付いた他人(ひと)のサイトも閲覧してみた。すると、
介護関係で「ケアマネージャー」をされている方のブログに行き着いた。私も、「デーサービス」に通いながら、ネットライフを楽しんでいるので、書かれている内容も他(ほか)の他人(ひと)よりは良く理解できる。そしてさりげない文章だが、面白い。流石に「別府葉子」さんの曲を楽しまれている方々は、良質の読者さん達が揃われているものだと感心している。スマホで閲覧しているから、「足跡」は付いていないと思っている。

 少し、コピペに利用する目的も兼ねているので・・・追加しておいた。


インスピ #waBC1xgs | URL | 2012/11/26 12:56 * edit *

日本語と・・・

別府さん こんばんは。

Mon Coeur Est Un Violon 「私の心はヴァイオリン」素敵な曲ですね。
この曲も世界に知られたシャンソンの定番曲でしょうか?

原曲でなく日本語に訳したシャンソンを生徒さんは望みますか、残念ですね。
他国の楽曲を日本語に訳して歌うより、原曲で馴染んで欲しいと私は思い考えますが、

確かに日本語は細やかな言葉使いで表現できますが、たとえ初めは難しいことでしょう
しかし如何なる楽曲も意味が判らずとも、原曲を聴く事により心に響ききます
ぜひ・・・言語でのシャンソンにチャレンジして欲しいと思います。

せっかく良い先生に教えて頂けるのだから、もったいないね。


saran1ify/天の人 #5eFz6IF2 | URL | 2012/11/26 16:45 * edit *

Re: 雅勒 さんへ

こんばんはー

そうか~「本面」をみるという感覚がやっぱりあるんですね~

作品と対峙して、何かを感じ取るという感じでしょうか…

いいな、能面見に行きたくなりました。

別府葉子 #- | URL | 2012/12/02 19:02 * edit *

Re: インスピ さんへ

ありがとうございます。

今日も冷えますね~温かくしてください。

別府葉子 #- | URL | 2012/12/02 19:05 * edit *

Re: インスピさんへ

いつもありがとうございます。
誰かのブログから誰かのブログへと足あとを辿って巡ってみたりするの楽しいですよね。
面白い記事を発見したりして。
別府もやってます。

別府葉子 #- | URL | 2012/12/31 18:49 * edit *

Re: saran1ify/天の人 さんへ

こんばんは。
「私の心はヴァイオリン」は、ある程度、年配の方だと、ご存じの方が多い曲のように感じています。
むかし流行ったことがあるのかも…
こういうこと、ちゃんと調べておいた方がいいのかなと思いつつ、ついつい…

別府葉子 #- | URL | 2012/12/31 18:52 * edit *

コメントの投稿

Secret