07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

神崎さん 

 ベーシストの神崎薫さんからメールをいただきました。
 5月14日の高松でのコンサートの件で、ステージ衣装はどういうものにしましょうか、というご相談メールです。
 実はこれ、ナカナカ悩ましい相談なのです。
 普通に伴奏していただくというのであれば、プログラムの構成に合わせて前後半でフォーマルなものとカジュアルなものとを着替えてもらう位でいいんですね。でも今回はベーシストは3人だし、ベースアンサンブルは演っていただくし、ということで、プログラム構成にはひと工夫が必要だし、できれば皆さんの個性も遺憾なく発揮していただきたいからステージの雰囲気もかなり色とりどりなものになりそう。
 それに何より、ステージに登場する男性ミュージシャンがどなたも格好良いんですよ。ステージ映えする方たちなのです。衣装もバッチリきめないと勿体ない。
 こちらが神崎さん、3態。

kanza001.jpg

 細身で長身。手足が長くて、文字通り日本人離れしたスタイルの良さ。どんな格好させても似合うんだなー、これが。同じくスタイル抜群で演奏スタイルも立奏の冨山さんと2人が並んで、座奏スタイルの奥田さんとのトライアングル体勢、全員タキシードなんてシビレルなー。でも、そうすると…曲の並びとの関係で私の衣装と合わないしなぁ、なんて悩んでます。
 でもまあ、ゼイタクな悩みですね。
 てなわけで、おまけの1枚をどうぞ。

SnapShot(188)d.jpg

 今から1~2年前。スペシャル企画のライブ直前、真剣モードにてリハーサル中の神崎さんと別府です。
スポンサーサイト

[edit]

trackback: -- | comment: 0

« プログラム  |  うどん三昧 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret