07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

宇多津 動画編その7 

 ユープラザうたづでのワンコインコンサートの動画レポートも後半に入っています。
 今回はコンサート1回分を全部、動画でご紹介してしまおうという企画ですからね~、まだ終わりませんよ。

 今日の1曲目は、後半第2部の3曲目ということになります。

 「サン=ヴァンサン通り ~白いバラ」です。

 この曲も、秘かに大好きというファンの多い曲かもしれません。
 「ローズ」この花の名で呼ばれた美しい少女が辿る儚く悲しい運命を描いたシャンソンらしい1曲です。
 イブ・モンタンが歌ったヴァージョンをご存じの方が多いかも知れません。
 別府が心震わせたのはコラ・ヴォケールのヴァージョンでしたが…



 次の曲はメドレーとなります。
 別府は、このようなメドレーを、パリ・メドレーと呼んでいますが、題名に「パリ」がついたり、パリのイメージの強い曲を、短い編曲で何曲か続けて聴いていただくものです。
 今回は「パリの空の下」「パリ祭」「パリはシャンパン」の3曲のメドレーとしました。
 1曲目の「パリ空」、今回はヴォーカルは無しです。パリ・ミュゼットの名曲を、鶴ちゃん(鶴岡雅子さん)のアコーディオンが奏でる哀愁の調べでお楽しみいただきましょう。
 ま、その分、「パリはシャンパン」のリズムが歯切れよく感じられるんですけどね。




 
 いつも応援をいただきましてありがとうございます。
スポンサーサイト

[edit]

trackback: -- | comment: --