09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

お気に入りの HERMES 

 先日お出かけする用事があったので、ふと思いついてスカーフを襟元にあしらってみました。
 別府はブランド物をあまり持っていないのですが(主として経済的理由により)、これは数少ないブランド物の1つ、HERMESのスカーフ、別府のお気に入りです。
 ずっと以前に、フランスで、このスカーフを買ったときのことを思い出したりしてみました。

  MC900412008.jpg

 それは別府が20歳を少し過ぎた頃のことでした。
 フランスから、もうじき日本に帰るという、ある日、別府は知人のフランス人マダムに尋ねました。
 「エルメスのスカーフを買いたいのですが、どこに行けばいいでしょうか?」
 いぶかしげな表情を浮かべている彼女に、別府はエルメスのスカーフを購入する目的を説明してから、日本で働いて貯めたお金があるんですと言い足しました。
 得心したように頷いた彼女は、お店の場所を丁寧に教えてくれると最後に、こう言いました。
 「葉子、その服で行ってはダメよ。ジャケットを着て行きなさい」

 マダムのアドバイスに従って一張羅のジャケットを着こんで、お店を訪れた別府の表情は、少し緊張してこわばっていたかも。

  MC900440641.jpg

 別府を迎えた落ち着いた雰囲気の女性の店員さんは、私より20歳ほども年上に見えました。

  スカーフが欲しいのですが…

 「贈り物ですか」と応じながら彼女が示した態度は冷淡そのものに感じられました。
 ブランド物を買いあさることが大好きな年端もいかない日本人娘に見えたのでしょうか…

  母へのフランスのお土産にしたいのです。

 「お母様はどんな方なの?」

  私とよく似ています。同じ肌の色で、髪の色も、目の色も私と同じです。

 「これはスタンダードなデザインで、とても人気のあるものよ」などと言いながら、いくつかのスカーフを見せてくれる彼女の親しみのこもった笑顔は、最初の印象とはまるで別人で、その表情の変化は劇的と言ってもよいほどのものでした。

 彼女のアドバイスにしたがって選んだスカーフのプレゼントを、母は大変よろこんでくれました。
 実際とても気に入ってくれたようでした。葉子にもろうたヤツやで、なんて言いながら、よく使ってくれていましたから。

 4年ほど前、別府が高松から大阪に移ることになったとき、母は、私より葉子の方がよう似合うようになったんとちがう、と笑いながら、このスカーフを私の荷物の中に入れてくれました。

 DSCN0820.jpg

 別府は、鏡の前に立って、スカーフを巻いた自分に向かって呟いてみました。

 私とよく似ています。同じ肌の色で、髪の色も、目の色も私と同じです。



 
 いつも応援をいただきましてありがとうございます。
(トントンさんの疑問に対する別府なりの回答です)

 フランスではエルメスは年配の方のためのブランドというイメージ、というと少し違うかもしれません…
 むしろ高級ブランドの品は、おしゃれのために誰もが持つというよりは、富裕層のためのものというイメージがあるように感じます。だから経済的に豊かでなさそうな学生や若い人が高級ブランドを持つとチグハグで似合わない、むしろ滑稽という印象で捉えられる側面があるかもしれません。
 裏返せば、高級ブランドを身に着けるには、何がしかの成熟や洗練が伴っていることがふさわしいと考えられているということになるんでしょうか…
 そして高級ブランド品を母から娘へと、2代、3代と受け継ぐということも割合よくあるみたいです。
スポンサーサイト

[edit]

trackback: -- | comment: 8

« 撮影や録音がなくて…  |  2011.12.22 X’mas スペシャル の詳細です »

この記事に対するコメント

いいお話ですね!
HERMESは、本場ではある程度年配のレディーが装う
ブランドものとい位置づけなんですかねえ
その方面にはトント疎い素人の疑問でした

トントン #q7XswXQk | URL | 2011/11/18 09:29 * edit *

はじめまして。
初めてコメント書かせていただきます。

思い出深い、素敵なスカーフですね。
なんだかじんわりしました。

社会人になってから初めて自分のお給料で
母の日の花を頼み、
メッセージカードに「いつもありがとう」と書くだけで
手が震えた事をなんとなく思い出しました。

pino #JalddpaA | URL | 2011/11/18 14:38 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2011/11/18 15:10 * edit *

フランスの思いで

ブランド品は私も殆ど持っていませんが、
スカーフは大好きでいつもフランスのお土産に買っていました。
ブランドのお店には直接行かずにお土産さんです。
直営店はやはり普通の格好では行き難いですよね。
高い分商い柄を長い間使いたい物です。

takechan0312 #- | URL | 2011/11/18 20:14 * edit *

MuseScore

あし@から来ました。お初のコメントですね。
ちょっと前に別府さんの記事で楽譜作成ソフトのことが書いてあって、小生も早速ダウンロードしていろいろと作ってます。それまではfinalのフリー版を使ってましたが、機能限定なので使いたいものが出来ない状態でした。
このソフトいいですね、使い易いし。オカリナ用に数曲作りましたが、今日そのうちの一曲の音源をブログにアップしました。ここです。
http://ameblo.jp/grosbonhomme/entry-11082331739.html

いいソフトを紹介して頂きありがとうございました。
尚、出身は関西なんですが、今は千葉です。是非、コンサートに行ってみたいです。

吟遊駱駝シャレバンビ #HfMzn2gY | URL | 2011/11/18 20:58 * edit *

おはようございます。

別府さんのお母さん思いも素敵だし、
別府さんを見守り、思いやるお母様も素敵ですね、
心温まる思いで記事を拝見させていただきました。
ありがとうございます。

ノリーダヨ #- | URL | 2011/11/19 07:45 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2011/11/19 19:18 * edit *

素敵なお話ですね♪

私も20代の頃、
エルメスのスカーフを買いました。
今でも大切に使っております。

uni #- | URL | 2011/11/20 17:59 * edit *

コメントの投稿

Secret