07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

(笑) に関する別府の考え 

 今日は(笑)「カッコわらい」についてのお話をします。
 別府が、よくお邪魔しているブログの記事で、つい先日、この(笑)が取り上げられていました。
 別府なりに理解した、その記事の概要をご紹介すると…

 文章に(笑)を使っておられる方々は、ここが面白いところだから笑ってくださいというつもりで、(笑)を使っているようだが、そもそも面白いかどうかは、読み手が判断するものであって、それを書き手の側から云々するのは如何なものだろうか。むしろ文章の表現力をみがくことによって、読み手を面白がらせる努力をしてはいかが?

といったご趣旨のように思われました。

 この(笑)、別府も文章に使っていますし、以前から、いろいろと思うところもあったので、そのブログにコメントを書き込もうかと思ったのですが、長くなりそうだったし、それに、なかなか興味深い話題だとも感じられたので、思い切って自分のブログで、こうして記事にすることにしました。

 別府の考えです。

 別府自身について言えば、(笑)を使うとき、ここで笑ってほしいという意図で使っているわけではありません。自分が面白いことを書いているという認識もないのです。
 (笑)を使う意図を、あえて言葉にするなら、「書き手は、微笑みを浮かべながら、これを書いていると思ってください」といった程度の意味合いでしょうか。

 自分の考えを文字にして文書にあらわした場合、そこに含まれる情報の量は、直接対面した相手に語りかける場合より、圧倒的に少ないものになってしまいます。
 表情、態度、視線、身振り手振り、口調、声の大小、抑揚などといった文字情報に付随するものでありながら、しばしば文字情報以上に、語り手の意図を雄弁に物語る豊富な情報が、文章による意思の伝達方法では、完全に抜け落ちてしまうからです。

 私たちの日常的なコミュニケーションの大半は、実は文字情報以外の情報によって成立しているのではないでしょうか。
 TVのスイッチを入れた恋人に対する「これをみるの?」という問いかけの言葉の真意は、文字情報だけでは、はっきりしません。
 「ねえ、何をみるの? 一緒に見ましょうよ」という親愛の情が込められた言葉なのかもしれませんし、あるいは逆に「こんなつまらない番組を見るのなら、1人で見て!」というトゲトゲしい敵意が込められた言葉なのかもしれません。
 でも実際の生活の場面の中の会話であれば、上のどちらの意味であるのか、あるいはそれ以外の意味であるのか、さして苦労をすることもなく、理解することができるはずです。表情や態度、口調といった、文字以外の豊富な情報が、言葉の真の意味を明らかにしてくれるからです。

 (笑)は、それと同じようなことだと思います。
 文字情報を補完する目的をもって、文章の真意をできるだけ特定化しようとする、新しい文章の作法といえば良いでしょうか。
 文章というものは、その書き手ですら気づかないうちに、実に様々な解釈を許すような、多くの意味を含んでしまうことが、しばしばあります。特に、ブログのように、顔の見えない不特定の方々を相手に情報を発信するツールにおいては、自分の書いた文章が思いもよらないような捉えられ方をしてしまう恐れは、日常生活におけるそれよりも、はるかに大きいでしょう。

 そのことを考えたとき、別府は、自分の書いた文章が、少なくとも攻撃的な意図や、ネガティブな意味を込めて書いたものではない、ということだけでも明らかにしておきたいとき、文章の最後に(笑)と付けるようになりました。自分の真意が伝わりますように、という思いを込めて。

 そもそも文末に(笑)を付ける作法は、メールという文字情報すら短く制限された、ある意味とても不完全なコミュニケーションツールが爆発的に広がった結果、頻発するようになった誤解や諍いを、できるだけ避けるために、編み出された方便だったのではないでしょうか。

 言葉というものは、生き物のように、次々に変化していくでしょう。
 長いスパンでみれば、数百年前の文章はひどく読みづらいものになっていたりしますし、他方、短いスパンでみれば、去年の流行語は、今年はもう使われていなかったりということもあります。
 そして新しい言葉や文章の作法といったものは、しばしば「日本語の乱れ」と呼ばれたり、ひどく違和感のある言葉の用法と捉えられたりしがちですよね(ある意味、当然の結果として)。
 でも、その乱れた日本語のうちのいくつかの用語や用法は、次の世代には正しい日本語として引き継がれていくものなのではないでしょうか。

 別府も、最初(笑)が登場してきたころ、ひどく違和感を覚えたものでした。
 でも、ここに書いたようなことを考えているうちに、あるとき(笑)を使うことに決めたのです。

 まだお使いでない方もいかがですか(笑)

 snapshot(11).jpg
 (できましたら、こんな感じの笑顔を想像していただければと…)


 
 いつも応援をいただきましてありがとうございます。
スポンサーサイト

[edit]

trackback: -- | comment: 17

« 善通寺プチフル紀行  |  MUSE SCORE »

この記事に対するコメント

ありがとう

反論してくれてありがとう。
書いた側からすると、無反応よりはるかにうれしい。

あの記事は、このところの(笑)の氾らんぶりにうんざりし、思わず「渇!」を入れたつもりでしたが、多少独善的なところもあったと思います。

葉子さんのように、相手ととげとげしくなりそうな空気を緩和しようとして(笑)を使う。なるほど、そんな使い方なら「あり」かもしれませんね。ただし乱発すると安っぽくなるのでご注意を。

そこで私も葉子さん流にいいます。「あんたの場合は許す!(笑)」……これででいかがでしょうか。

京一郎 #- | URL | 2011/10/30 10:47 * edit *

別府さんに1票!
私も同じことを思いました。わたしの(笑)も、自分のほほえみです。ただ、まず、ムカッと来たのは事実でしたが、とりあえず、(笑)を使わず、しかも短文でこの気持ちを表せるかどうか、試してみるのも面白いかな…とも思ったの。その発信者は言葉のプロでもいらっしゃるようなので、やったろやないか!と、闘争心に火がついたというか、負けず嫌いをつっつかれたというか。
なんて言いながら、知らないうちに使ってるかもしれませんけどね(笑)…ホラッ!

PATTI #JalddpaA | URL | 2011/10/30 11:03 * edit *

正しい日本語に思う

葉子さん おはよう御座います。

(笑い)について男性はあまり使っていないようですが、
(私も含めて)
私は快く見ています。女性の可愛らしさが一段と引き立って、
微笑ましいと思います。

正しい日本語についてですが、
国語学者は日本語の乱れを嘆きます。
でも正しい日本語とはなんでしょうか?
以前TVで奈良時代の言葉を聞いたことがありますが、
日本語ではありません。全く理解不能でした。

もう少し近くの平安中期「源氏物語」。
文章をそのまま理解できる人が何人いるでしょうか?
第一章 第一弾 のっけから意味不明です。

最近、「今昔物語」平安後期と「宇治拾遺物語」鎌倉初期(現代語訳一部原文と比較して)
を読み終わりました。近いうちに少し比較を取り上げ、
UPするつもりでした。
両方とも大分意味が判ってきます。

もう少し近代の江戸末期。
あの篤姫が西郷に宛てた江戸総攻撃を止めるよう出した嘆願書。
原書を見たことがありますが、これでさえ現在の日本語とは、
大きく違っています。
ここでわざわざ言うに及ばないと思いますが。

また言葉は洋の東西を問わず変化していると思います。
1953年公開のオードリー・ヘプバーンの「ローマの休日」。
我々の習った発音です。
でも最近の洋画の発音はかなり変化していると思います。

1970年代私は横浜に住み、東京で仕事をしていました。
当時横浜で使われていた「ジャン言葉」は、東京では全く
使われていませんでした。
今は全国区。鹿児島の若者でも当たり前に日常会話で使っています。

今若い子たちが使っている言葉も自然淘汰され、落ち着くべきところに落ち着き、
落ち着いたかと思うとまた新語が現れ、絶えず言葉は変化するものと、
私は思っています。
日本語の乱れを嘆く人たちは、日本語をあまり理解されていないのでは
ないでしょうか。

(笑い)文字大いに結構!



シッタレ #- | URL | 2011/10/30 12:07 * edit *

こんにちは。

いつも遊びにきていただき
ありがとうございます。
お礼とご挨拶が遅くなりしましたが
はじめまして(笑)
ボクも別府さんのご意見に賛成ですし、
そのように使わせていただいています。

DIESEL #Zr2/WiYY | URL | 2011/10/30 16:34 * edit *

(笑ですね。

今晩は。
私は 文末に付ける(笑を多々使っています、
それは読み手に「笑えるような話でした」の意味で書き込み(笑)決して読み手に笑えと言っている文字ではありません、
もっと気楽に捉えるべきでしょう、文書を読んでいれば決して笑えと強調するものではありませんが、その時の状況を伝える言葉と思います。

ちなみに私は・・・感謝の気持ちで(謝  少し怒りの(怒  ありがとうの意味で(礼
(汗 等 
気持ちを柔らかく表し伝える時用いていることが多い。

文書形態として捉えたときに疑問を感じられても当然と思います。

若輩ながら失礼な言い方、不快に感じられたのなら御免です(言葉は文字だけではないと思います。
内面的な表現でも有ると考えます(私考。

天の人 #5eFz6IF2 | URL | 2011/10/30 17:51 * edit *

こんばんは~いつも有難うございます(笑)

『(笑)に関する別府の考え』→『SYOW に関する別府の考え』

と読んでしまい(笑) 

ミュージシャン別府さんの

ステージにおける心構えのようなブログかな(大笑)

と楽しい勘違をしてしまいました(笑)(笑)(笑)

おかげで余分に楽しめました(得笑)

私もネガティブな すれ違いは嫌なので多用します。

完全無敵な肯定派です(笑) 

楽しいほうがいいですもんね(笑)

手打ちそば蕎友館 店主 #- | URL | 2011/10/30 18:16 * edit *

クロムは(笑)は使いませんが別府さんの意見と同じで解釈しております
笑うところですよととらえていませんが・・・

クロム #- | URL | 2011/10/30 20:25 * edit *

はじめまして

私もよく使う者の一人として、まったく葉子さんと同じ感覚で使っています。
ですから、葉子さんがご覧になったサイトさんの考え方に少々驚いております。
その方のような意図を持って使っている方はあまりいないのではないでしょうか。

BlogとかHPでは(笑)と使いますが、他ではwと使う方もいますね。
(笑)がw もうちょっと面白いときはwwって具合に。

色々な表現をしています。

でも、面白いとらえ方をする方もいるのだと、一つ勉強になりました。

初めてのカキコで長々とすみませんでした。

自分で笑いながら書いてるときはその分に(笑)って使っちゃいますよね。
苦笑いしている徳は(苦笑)大笑いしてるときは(爆)かなりバカ笑いしているときは(爆爆)とか(笑)

kasaburanka #jEoNSDQ. | URL | 2011/10/30 22:59 * edit *

葉子さん、こんにちは。

本当にブログというものは、時には独り歩きしますからね。
私も(笑)ではなく様々な事で悩まされていました。

私の今は、読者がどのように読もうとも、自分の意思や日頃の出来事を忘れないように綴っています。
後で読んだ時に「この頃はこんな思いが有ったのだなあ」と自叙伝みたいに書いています。
うつの事も同じ思いです。

ブログに使う絵文字や顔文字はその人の思いその物だと私は思いますよ。
使いたい人は使えばいいのであって、制限される物では無いと思います。

京一郎さんの気持ちも分かります。
文字を大切にする人なので、この様に思ったのでしょう。

なみ #EzEikaXI | URL | 2011/10/31 11:53 * edit *

私も(笑)よく使ってしまいますが
別府さんと同じく微笑みを浮かべながら、
書いてます。という気持ちです。
私も最初とても違和感ありました。


uni #- | URL | 2011/10/31 12:49 * edit *

(笑)は私もよく使います。
絵文字よりも自分の感情が伝わるだろうという思いで使っていましたが、笑うかどうかはそれを読む相手方が決めると言う言葉にはビックリでそういうとらえ方もあるのだなと初めて理解しました。
大半の方は葉子さんと同じ考えだと思いますが中にはそうでない人もいるのだということも知っておかなければならなないということですね。
かなり落ち込むことがあって葉子さんのところに伺ったのですが少し気が紛れました。(笑)

はせがわ #TSB56Rmw | URL | 2011/10/31 13:07 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2011/10/31 14:49 * edit *

こんばんは。
私は絵文字も記号も使わない。というか使えないんですね(笑)。
唯一使えるのが(笑)なんです。にこやかに書いても激励的に書いても
硬い表情のない文章。それを柔らかくする意味で使ってます。
これがいやだと思う人に積極的に使うつもりはありません。だって攻撃する言葉の意味じゃないから。
だけどこれを自由に使うのはありですよ。ただしいい日本語を教えたいなら義務教育ですればいい。それから先は独創的であって良しです。ましてや別府さんは芸術家ですよ。言葉に制限つけてどうするんですか?。あらゆるものを使って、工夫して我々の魂を動かすために挑戦していただきたい。
私はそんな別府さんが大好きです。

あかちん #- | URL | 2011/10/31 18:15 * edit *

同感。(笑)
あなたと直接会っていたとしたならば、【ココで私は笑いながら、話してると思って下さい】な、気分の【笑】。

嬉々とした笑いであったり、泣き笑いな感じであったり、苦笑であったり。
(笑)ひとつの中にもみえる様々な笑い。
文章の前後から漂う、その方のその時感じた【笑】ひとつの心が窺い知れる気がして私は嫌いではありません。

デッサンプリュスのマダム #- | URL | 2011/11/01 08:58 * edit *

私も別府さんの意見に同感です(笑)
この(笑)が入っているとホッとするのです。
別府さんがおっしゃるように(笑)とは、ここで笑ってくださいと言う意味ではありません。
笑顔で親しみをもって書いてくださっているのだなということがわかります。


イルカ #TeHtHwJE | URL | 2011/11/01 18:12 * edit *

はじめまして。

おはようございます。

何度か訪問していただいき、別府さんのプロフィールに興味を持ったので伺わせていただきました。

(笑)の使用感覚については僕も基本的に別府さんや他の肯定派の方達と同じ考えですね。
僕の場合、ブログでは顔文字や絵文字を使わない、という縛りの中で文章を書いていますので余計(笑)の使用頻度は多い訳ですが(笑)

ただ、僕的にここで笑ってくれたら嬉しいと思う部分は、文字を大きくし色を変えたり太くしたりして強調してはいます。
バラエティ番組や海外ホームドラマの、観客が笑っているシチュエーションが入る場面で視聴者に無理やり笑わせる手法に似ているでしょうか(汗)

僕は文章のプロではないし、万人受けするブログを目指している訳でもないのでこれでいいと思っています。

NARU #dEc.uiHI | URL | 2011/11/03 04:18 * edit *

(笑)は行間を書くための道具?

1週間以上出張していて別府さんのブログどころか自分のブログも開かなかったので、かなり古い記事にコメントしている間抜けな私を許してください。
私はすべての文章は行間を書くための道具だと思っています。そして行間にこそ感情を喚起するコミュニケーションの種が眠っていると私は考えています。(考えていると云うより直感的に行っています。)
(笑)という文字を文末に入れるのも、助詞を、「は」にするか「が」にするか決めるのも、私の場合すべて直感です。文章は人それぞれのセンスが表れて面白いですね。文章のうまい下手の話ではありません。行間に対する感覚を感じます。「文章」→「行間」=「空間」=「間」。ひとそれぞれの「間」はひとそれぞれの個性でなないでしょうか?だから、他人の文章を読むのが面白いと思っています。(笑)と云う記号は、ここで笑ってほしいとか、笑えないから入れると云う理屈ではなく、みなさん直感的に使っているような気がします。(ながながと、すみません・・・)

Taka #- | URL | 2011/11/06 13:05 * edit *

コメントの投稿

Secret