09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

たくさんの方々にお目にかかれますように… 

 いよいよ明日が大阪コンサートとなりました。
 9月11日に、東京コンサートを終えて、大阪に帰ってから今日まで4週間足らず、なかなかハードな日々でした。
 その間、大阪と香川県を3往復して、教室、ライブ、イベントなどをこなしながら、その合間をぬってのコンサートの準備だったので、いささかくたびれました。ふうー

 MP900431840.jpg

 気にはなりながら、譜面書きや打ち合わせなんかに時間をとられて、とうとう最後まで大阪コンサートのチケットの販促活動が何もできませんでした。
 う~ん、辛いな~

 でも、そんな心配も明日までです。
 ステージに立ってしまえば、もうこっちのものですよ(笑)

 SnapShot(125).jpg

 ステージでは、ご来場くださったお客様に、別府の歌を聴いていただくだけです。
 そのときには、緊張感より、開放感が別府を満たしているでしょう(笑)
 歌う喜びとともに、皆様に、別府が知る限りの最高の音楽の世界をお届けしているはずです。

 大阪でも歌います。東京コンサートでの別府の「アムステルダム」をお聴きください。
 あえて言うなら、この曲は「1番聴いていただきたい曲」というところでしょうか。



 そうそう、この曲を歌う別府に関しては、東京でミュージックスクールの代表をされていて、「季刊シャンソン」の元編集長も務められておられた富浦元公さんが、とても嬉しい記事を書いて下さっていたので、ちゃっかり、ご紹介させていただきます。富浦さんの記事は、こちらです。

 そして、この曲に関する別府の思いは、こちらの過去記事に書かせてもらっています。


 
 いつも応援をいただきましてありがとうございます。
スポンサーサイト

[edit]

trackback: -- | comment: 6

« 10月7日 大阪コンサートのお知らせ  |  うれしい予想外 »

この記事に対するコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2011/10/06 22:26 * edit *

アムステルダム

右上の動画よりこっちのアレンジが好き!
大阪がんばってくださいね~
お疲れがたまってないかちょっと心配

inali #- | URL | 2011/10/07 07:40 * edit *

いよいよ今日ですね!お声をかけさせていただきま~す

私は明後日10/9㈰、天満音楽祭に、Marimo Brothersバックコーラスとして出演します。
大阪帝国ホテルの横、OAPタワー2階に、午後3時55分演奏開始です。
お時間がおありでしたら、覗いてくださ~い

PATTI #JalddpaA | URL | 2011/10/07 10:52 * edit *

今日大阪コンサートで、そのアムステルダムを
熱唱しているんでしょうかね。
富浦編集長も激賛されておられますように、
>声のダイナミックスも自由自在
ですよね。
別府さんのこの曲に寄せる想いは並々ならぬ
ものがあったようですよね。
悔しいですよね。歌唱力を評価してもらえず、
会場側のせいでグランプリを逸してしまったことは
別府さんにとって、悔やみきれないでしょうね。
今日はその時の悔しさを「アムステルダム」に
ぶつけてみてください。

matsuyama #- | URL | 2011/10/07 17:57 * edit *

「こちらの過去記事」を読ませてもらいましたが。

現在、色々な歌のジャンルで様々なコンクールがあります。私も何度もそのような場所に聴きに行きましたし、審査員も何度かしています。先日も「チト、おかしいな??」というコンクールがありました。(詳細を自分のブログに書きました。以下)
http://koujimachimusic.blog.fc2.com/blog-entry-42.html

結果として、私は「コンクール」というものは、「アマチュアの方のためのお祭り的なもの」と思っています。つまり「出演する方が楽しみ、応援の方も楽しむ」もの。そう考えれば決して悪いものともいえません。そして、それらは人間がジャッジするもので、色々な絡みから、正しいものが否定されることもしばしばあるものです。

このことについては、「日本の音楽界の商業主義」という点でも同じです。
例えば、チョッと顔とスタイルが良く、グラビアかなにかのモデルになって人気が出たと思ったら、ドラマに出だして、「女優」になり、運がよかったり、「色々な働きかけ」をして、その後に「人気女優」になる。大抵その「名女優?」は、「シェークスピアを一冊も読んだことの無い人で、自分の哲学や演劇論すら持たない人々」です。そして、その人気に便乗し、CDまで出して、「歌手」にもなってしまいます。そうして、その後、「アーティスト?」となって行きます。

聴衆も、それに慣らされてしまっていて、良いものと、そうでないものの分別がつかなくなる、、、今のシャンソンの世界もそういった風潮があると思います。
しかし、本当に良いものを「自身の絶対的価値観」を持って判断できる人もいます。
コンクールであなたに声をかけた方々は、おそらく、そういった方々だったのだと思います。


富浦元公 #- | URL | 2011/10/09 13:14 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2011/10/12 23:55 * edit *

コメントの投稿

Secret