07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

皆に愛されて… 

 Kさんが別府葉子シャンソン教室・丸亀教室に通ってくるようになったのは、そんなに昔のことではありませんでした。
 教室に通われたのは、今年の夏ころまで2年余りの間だったでしょうか。
 教室に入ることになったのが、たまたま教室の発表会の時期と重なったためだったと思います。最初、打ち上げの席に、ご主人と一緒に来られていて、家内をよろしくとご挨拶されていたご主人との仲睦まじげな様子が印象的でした。

 k001.jpg

 Kさんは、教室では最高齢でしたが、とても明るくて誰からも好かれる優しい方でした。
 レッスンの合間に皆と一緒にコーヒーで一息入れながら、冗談を言い合ったり…
 ときには膝丈のスカートにロングブーツといったとてもお洒落な装いで教室に現れて、皆に「格好いいー」と口々に褒められたり…
 忘年会のカラオケ大会では、歌に合わせてエレガントに踊ってみせて、拍手喝采を浴びたり…
 どんなときもKさんは、人を惹きつける素敵な笑顔でニコニコと微笑んでおられました。

 そんなKさんの突然の訃報に接したのは、今年の秋もすっかり深まった頃のことでした。
 少し体調が優れないのでと、教室をお休みされてはいましたが、それまで、あんなにお元気そうだったのにと、その知らせを受けたときには言葉もありませんでした。
 どうやらかなり以前に病を得て、病と付き合いながらの生活を過ごされていたようでした。

 a0002_003094.jpg

 ご葬儀のあと、ご主人からお手紙をいただきました。
 お手紙には、奥様がシャンソン教室に出会えたことをどんなに喜んでいたか、そして教室を楽しみにし、皆に会えることをどんなに楽しみにしていたかが綴られていました。
 そして人生の最期に、家内にこんなに楽しい思い出を作ってくれたことに、家族みんなが心から感謝していますといったお言葉を読ませていただいたとき、別府はありがたくて、そしてまたなお一層哀しくて、涙があふれて止まらなくなりました。

 別府葉子シャンソン教室の今年度の発表会は来年の3月6日ですが、Kさんは、この発表会で歌う曲を早くから決めていたそうです。
 きっと衣装はどんなものにしようかしら、振り付けはどうしようと、アレコレ楽しく考えておられたことでしょう。
 その話を伺ったとき、別府は、Kさんに捧げるため、この曲は私が発表会で歌おうと決めました。

 k002.jpg

 ただKさんを偲びたい気持ちは私だけのものではありません。
 ですから丸亀教室の皆さんに、事情をお話して、この歌を私と協演して歌いたいという方はいらっしゃいますかとお尋ねしたところ、何の躊躇いもなく全員が協演を申し出られました。
 ですから、この曲は、別府葉子と丸亀教室全員との協演で歌います。

 歌は「ろくでなし」です。


 
 いつも応援をいただきましてありがとうございます。
スポンサーサイト

[edit]

trackback: -- | comment: 3

« だいたい「機種変更」って言うけど、新しく買うってだけのことなんじゃ…  |  西九条で CLASSIC JAZZY »

この記事に対するコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2010/12/17 16:23 * edit *

ありがとうございました

わざわざありがとうございました。
わたしも知ったことなので、おんなじジャンルと勘違いしました。
お気持ちありがたいです、
寒くなりました。お風邪をひかれませんように。
(今日もきらめいてのブログご訪問感謝です)

まほ #- | URL | 2010/12/20 15:38 * edit *

Re: まほ様

こんばんは。
何だか割と忙しくしています。
暮れっぽい感じです(笑)
まほ様もお体大切にしてくださいません。

葉子 #- | URL | 2010/12/23 20:20 * edit *

コメントの投稿

Secret