07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

瀬戸内国際芸術祭、野外ライブ 夜の部レポート 

 今日は昨日の記事から引き続きまして…
 高松での瀬戸内国際芸術祭の野外ライブレポート、今日は夜の部です。

 夜の部のステージは、港の近く、後ろはすぐに瀬戸内海という特設ステージです。
 キャッホー、瀬戸内の海を偏愛する別府には最高の舞台です。
 自慢じゃないけど、こんな仕事は絶対に断りませんよー
 ステージから振り向けば、こ~んな景色なんですよ!

 

 日が傾いてくるに連れて少しずつお客様も集まってくださってライブ開始です。
 お名前とかは存じ上げない方々ですが、昼の部を聴いてくださったお客様で夜の部にも来てくださっている方が何人もいらっしゃったみたいでした。わざわざ別府の歌を聴きにいらしてくれたんだなと思うと、なんかすごく嬉しい!

 SnapShot(231)s.jpg

 プログラムは基本的には昼の部と一緒でしたが、一部入れ替えました。
 1stステージの最後の曲は「花の季節」から「ヴォラーレ」に代えましたが、すごく受けてました。理由不明ですが(笑)…
 1stステージが終る頃には日も沈んで、素晴らしい夕焼け!

 SnapShot(251)m.jpg

 そして2ndステージの頃には辺りはすっかり暗闇に包まれました。
 暗くなったせいでしょうか?なんだかうちとけたような空気が会場を覆ってきて、盛んな手拍子とかいただいたりで、別府も絶好調でした。
 会場はフェリー乗り場のすぐ近くですから、こんなシーンも。

 SnapShot(267).jpg

 今回ご一緒したベースの浜野さん、ピアノの鶴ちゃん、そして別府と、皆一様にすごい楽しいライブに大満足でした。
 さっそく「なんか楽しかったから、ライブハウスとかでもやりませんか?」というお話になって、ライブの話が進行中です。
 浜野さんが率いる東讃ジャズ倶楽部がよくライブをされる東讃地区、特に高松よりも東の方面のライブハウスは、これまであまりご縁がなかったので、ご一緒させていただくのが楽しみです。
 きちんと決まったら、お知らせしますね。

 最後に、すごく楽しそうな1枚、これは是非クリックしてアップで見てくださいね。

 SnapShot(258).jpg


 
 いつも応援をいただきましてありがとうございます。
スポンサーサイト
タグ: 瀬戸内国際芸術祭 

[edit]

trackback: -- | comment: 3

« ウイ・ジュラドール  |  瀬戸内国際芸術祭、野外ライブ 昼の部レポート »

この記事に対するコメント

NoTitle

絵葉書に出てくるような絶景ですね。
こんな素敵な瀬戸内海を背景にしたライブは心に残りますね。
夜景を借景にスポットライトがあたったステージで、
葉子さんのボリュームたっぷりのボラーレは素敵だったでしょうね。
生のステージ、機会があったら1度聞いてみたいです。

matsuyama #- | URL | 2010/09/03 22:18 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2010/09/05 02:49 * edit *

Re: matsuyama さま

街中からブラブラ歩いてもいけるほどの所に、こんな眺めの良い場所があるというのは、高松という街の良いところだと思います。
大都会とはまた違った地方都市の魅力かなと。

葉子 #- | URL | 2010/09/05 15:31 * edit *

コメントの投稿

Secret