FC2ブログ
02 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 04

ライブレポート 神楽坂 THE GLEE 

 2020年1月18日、東京方面は生憎の天気。
 小雨の降る神楽坂のライブスポット THE GLEE にて別府ライブは行われたのでした。

 DSC_4224.jpg

 THE GLEE さんは、これまでにも何度かライブをさせてもらっていますし、スタジオ録音でも使わせていただいたりとご縁のあるお店です。

 IMG_2420.jpg

 ライブ定刻どおりにスタートでございます。

 IMG_2559.jpg

 この日のピアニストは江口純子さん。

 IMG_2341.jpg

 江口さんは「歌うピアニスト」でして、この日もピアノ弾き語りと別府とのデュエットを披露していただきました。
 このまでデュエットした中で1番上手いボーカリストの1人だと思いました。すごいですよ。また機会があればいいな。

 IMG_3275.jpg

 今回のライブのプログラムのイメージは「花」
 花のイメージで曲を選んでいくと、意図していなくても、バラの花の曲が多くなるんですよね。

 IMG_2692.jpg

 そんなことをMCでお喋りしたりしながら、歌い進めるうちに、あっという間の2時間でした。
 今回も熱いアンコールをいただきまして、最後のアンコール曲は「バラはあこがれ」でした。

 IMG_31702.jpg

 終演後は、1人1人のお客様をお見送りです。

 DSC_4245.jpg

 ありがとうございました!



 
 ブログランキングに、いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 神戸ライブのおしらせです。
 「春の香りシャンソンライブ」、別府葉子とピアニスト村尾亜計実がシャンソンライブをお送りします。
 2020年2月29日(土)
  Beppu Yoko avec Murao Akemi
  Start 14:30 (Open 14:00) 2ステージ
  ライブチャージ3,500円(1ドリンク付)
【会場】神戸/サロン・ド・あいり
 神戸市中央区雲井通4-1-23 アスティ三宮2F
 JR三ノ宮駅、神戸三宮駅 徒歩5分
【お席のご予約・お問い合わせ】
 サロン・ド・あいり TEL 078-241-1898
 やさかオフィス TEL 06‐6231‐5656

 200229中止ポ_01_01_01



 最新アルバム「AMOUR AMOUR アムール・アムール」別府葉子シャンソントリオ 2ndアルバム発売中です。

 AMAM01a_20190929155735fda.jpg

 今日の1曲は「花の季節」です。

 
スポンサーサイト



[edit]

trackback: -- | comment: 3

« 東京の休日 その1  |  東京ライブのお知らせ »

この記事に対するコメント

雨のシャンソン。

 なんであれ、新しい試みをするのはいいですね。人の日々の暮らしは、ついついマンネリになりがちですから。この人生は一度しかないのですから、新しい体験に挑戦し、新しい出会いを増やしていくのはとても良いことだと思いました。

 むろん、いつものトリオで聴くシャンソンもいいのですが、別の女声ヴォーカルとのペアで、シャンソン以外の曲も織り交ぜて聴くのもまたいいものだと思いましたね。デュエットでは、特に別府さんが低音部でハモったところが印象に残りました。もしもピアノが弾けたなら 思いのすべてを歌にしてきみに伝えることだろう 小雨が降る日は神楽坂の雨のよに だけどぼくにはピアノがない 聴かせる腕もない アア アー アア、と聴きながら思ったりしました。(笑) 

 終了後、帰りにカウンターのところで別府さんと偶然、数秒見つめ合ったとき、緊張しました。一瞬、自己紹介しようかと思ったのですが、「今日も良かったです」としか言えず、愛想のないことで、申し訳なかったです。生来が内気なせいで、きれいなスターの前ではどうしても引いてしまいます。

 衣装は前半レッド、後半ブルーで、華やかでした。曲のイメージに合わせたのでしょうか。前半最後の歌は「花祭り」で、後半最後の歌は「アムステルダム」でした。水玉模様の青いワンピに青いハットが合っていました。ハッとするほどでした。茶色の幅広ベルトもぴたり決まってました。普通、青と茶の取り合わせは難しいのですが。ラストは「パリ、パリ」と巴里を連呼して歌って終わるところでは気持ちが高揚しましたとか、ステージ上でライトが当たって、ちょっと上を向いて歌っているお顔にシビレて見とれましたとか、歌以外にもっといろいろ誉めようがあったのに、と帰りの電車の中でちょっと悔やんだことでした。(^^ゞ

 悔やむと言えば、シャンソンには恋の悔やみや人生の悔やみを歌った曲も多そうです。「毒のある歌」という言葉にはちょっとハッとしましたが、シャンソンにはそういう暗い哀しいわびしい(いや、物憂いとかアンニュイと言うべきかも)といったニュアンスの曲もあり、そういう曲ばかり聴いていると気持ちが沈んでしまいそうで、そうじゃ、暗い日曜日はダミアよ、と別府さんから言われそうです。(^-^;

 江口純子さんもシャンソンを歌うのですね。検索したら、映画『紅の豚』の中でも歌われていた「さくらんぼの実る頃」を歌っていました。デュエットだと、どんなふうになるのでしょう・・・。下から3枚目の写真、いいですね。

☆バーソ☆ #IGPPA7yY | URL | 2020/01/27 08:56 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2020/01/28 07:30 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2020/01/28 23:54 * edit *

コメントの投稿

Secret