FC2ブログ
12 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 02

広島、笠岡ライブレポート 

 先日は、2夜続けて、広島と笠岡(岡山)でライブでした。
 1夜目は広島のLIVE JUKE(ライブジューク)さん。

 広島6!cid_ii_k2mooa495

 大きなビルの19階にあるライブスポットで、すごく夜景がきれいなんですよね。

 広島8!cid_ii_k2moomsz7

 お邪魔するのは2度目です。

 広島1!cid_ii_k2momy4q0
 (以上、3枚の写真は写真家・有木麗子さんがスマホで撮ってくれました)

 今回はピアフひとり語りとシャンソントリオの2部構成でした。
 回を重ねてピアフひとり語り、成長を続けております。有難くも、お客様からも大好評をいただきました!
 ただ今回のライブは告知や集客があまりうまくいかなくて、空席が目立ってしまった(涙)
 でも大丈夫。何人もの方から、もっとたくさんの人に聴かせたいので、次回は協力しますよと声をかけてもらって感激でした。

 74470870_456107758590976_56.jpg

 というわけで、次もやったるでーと気勢をあげるメンバーでございます。
 そして2夜目は笠岡の「もんしゅしゅ」です。

 DSC_0426_20191116184208b43.jpg

 昼のうちからトリオメンバーで打ち合わせもバッチリです。

 DSC_0421_20191116184150dab.jpg

 楽器も仲良さげでしょ(笑)

 DSC_0428_201911161842106f9.jpg

 そしてこの夜は客席もギッシリ、ノリノリと相成りました、やったね。
 男性のお客様が多かったせいでしょうか、盛り上がると声援にも迫力がありました(笑)
 最後はお誕生日のお客様のためにハッピーバースデー・フレンチバージョンにて、会場全員でお祝いしましたー

 75069643_1172768719778805_5.jpg

 というわけで、もっともっとやったるでーと気勢をあげるメンバーでございます。



 
 ブログランキングに、いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

12月7日(土)は高松にて、「サロン・ド・葉子」開催です。
 ※楽譜をご持参いただきましたら、生伴奏で歌えます。
 【時間】14:00~16:30
 【会場】 多目的スペース ハートフル
   高松市塩上町3丁目17-2 中野ビル3F
 【伴奏】 Piano 鶴岡雅子 Guitar 別府葉子(司会)
 【参加料】 ソロ歌唱あり2,000円/ソロ歌唱なし1,500円
 【お問い合わせ先】やさかオフィス TEL 06-6231-5656

 20191207yoko_01.jpg

12月22日(日)は大阪にて別府葉子のクリスマスライブです。
 【会場】Jazz Live Bar グラバー邸
 【時間】14:30開演(14:00開場)
 【Music charge】 3,500円(要ドリンク代別途)
 ご予約はお店まで/TEL:06-6768-5963(18:00-翌2:00)
 ホームページ:http://glover-jazz.com/
 【アクセス】グラバー邸
 大阪市中央区5丁目7-3 タニマチビルディング9F
 地下鉄谷町四丁目駅(谷町線・中央線)8番出口より南へ徒歩3分
 【お問い合わせ先】やさかオフィス TEL 06-6231-5656

 20191222グラバ_01

 最新アルバム「AMOUR AMOUR アムール・アムール」別府葉子シャンソントリオ 2ndアルバム発売中です。

 AMAM01a_20190929155735fda.jpg

 今日の1曲はピアフのヒット曲から「アコーディオン弾き」です。

 
スポンサーサイト



[edit]

trackback: -- | comment: 2

« 東京ライブのお知らせ  |  北山杉の里山コンサートレポート »

この記事に対するコメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# |  | 2019/12/17 23:11 * edit *

これでもか…と、本当に質の高いレベルでコンサートを、毎日続けておられるのですね。尊敬します。

アコルデオン弾き…声の強弱を、自在に駆使して情景を鮮やかに描き出す葉子さんと、トリオの方々の達者な芸を前にすると、なんだか軽~くスムーズに行けてアタリマエみたいな気になるのですが、それが錯覚であることは、ヘタの横好きでやったことのある人間にはよく分かります。

スキルの高い演奏ほど、難しさを感じさせませんものね(^_^;)

オトコの声で(ーそもそもシャンソンに)トライする、ということ自体非常に冒険で、ましてこんな御大の“難曲”をやろうとするなど正気の沙汰でないのですが、ヘタくそなGr.でアツカましく開き直ってやってみると(曲が名曲ですから)それはそれで面白いですヨ(^o^;

アツカましさついでに、こないだフィギュアスケートの課題曲に使われていて、懐かしかった「灰色の途」も、シャンソンブックを引っ張り出して弾いてみました。歌詞は矢田部道一…というのを見て、あゝそうだ、葉子さんの履歴にたしか『シャンパーニュ』というのがあったなァ…と思い出しました。もちろん、葉子さんが活躍された頃よりかなり前だと思いますが、さゝやかな学生のコンサートのパンフレットに広告をお願いしに、『シャンパーニュ』をお尋ねし、矢田部さんにお会いしたことがあります。浅黒い顔の、ギョロ目の猿みたいな飾り気のない人で、今思えばいかにもシャンソンニエーといった感じの人でした。なかにし礼さんみたいな、功なり名を遂げた方もシャンソンにとって、限りない貢献をされたと思いますが、こうしたユニークで偉大な先達が、日本の『シャンソン』を縁の下で支えていたのだナァ…と、今更ながら思います。葉子さんの地道に重ねられている実績も、その礎の一角を占めるであろうことを確信しています(^o^)v

SF #- | URL | 2019/12/17 23:14 * edit *

コメントの投稿

Secret