07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

あなたが私たちの代表を率いていたことを誇りに思います、いつまでも… 

 サッカー日本代表の新監督選びも大詰めのようですね。
 どんな人がされるのかワクワクするような期待はありますが、どんな人が良いと話せるほどサッカーに詳しくないので、新監督選びの話はパスします。その代わり今日は元代表監督だった方のお話を少し。
 南アフリカのW杯が始まる少し前、1冊の本を読みました。
 日本代表の通訳をされていた千田 善さんという方の書かれた本です。
 題名は「オシムの伝言」

 DSCN0434.jpg

 代表監督だったオシムさんに通訳として仕えていた千田さんが、オシムさんの在りのままの姿を、その言葉を引用しながら描かれた作品です。
 別府は、この本に深く感銘を受けました。

 作品の冒頭にはオシムさんのこんな言葉が引用されています。
 「日本がワールドカップで、サプライズを起こせないと考えるなら、代表監督を引き受けなかった。自分に確信がなければ、選手に自信を植えつけられない。」
 何だか嬉しくなるでしょう。私たちの代表は本当に強いのだ、オシムさんが言うんだから信じられるわって感じで。

 でも同時に何か違和感も感じたのです。オシムさんって、こんなこと言う人だったっけ?という疑問ですね。
 いつも慎重な上にも慎重な言い回しで、なかなか手放しな誉め言葉を使わない、というより、オシムさんって、いつもいつもネガティブなことばかり言ってたような気がします。
 そして、それは過大な期待、過信、誤った思い込みといったチームにとって大きな障害となる要素が、マスコミの力によって簡単に作りだされるということを知っている者にとっての、その弊害を避けるための知恵なのだろうと思っていました。
 さらに言えば、ベルリンの壁の崩壊と歩調を合わせた民族主義の台頭によって自国である多民族国家ユーゴスラヴィアが崩壊していく中、生まれ故郷サラエボが自国の軍隊によって包囲され、離れ離れになった家族の安否さえ分からないという過酷な体験を経て、「あの戦争もマスコミによって起こされた部分がある」と語っているオシムさんの人生そのものが、マスコミに対する彼の慎重な態度と無関係ではあり得ないように思われます。
 なのにどうして?
 疑問は次の1行で氷解しました。
 上述したオシムさんの日本代表に関する発言は、オシムさんが日本サッカー協会との契約を全て終え、2009年1月に離日する直前にされたものだったのです。

 それを知ったとき、鼻の奥にツーンと熱いものがこみ上げてくるような気がしました。
 オシムさんが、開けっ広げに本音を語ったのは、もうそれを隠す必要がないから。つまり2度と日本代表の指揮をとることがないと分かっていたからでしょう。
 そして最後に自分が日本代表のために出来ることと言えば「君たちは世界中のどのチームにもけっして劣ってなどいない。自信を持て」と語りかけることしかなかったのですよ、きっと。
 オシムさんは、本当に去っていってしまったのです。

 オシムさんは、病に倒れて、代表監督を解任された後、もう1度、この国の代表監督に復帰することを考えなかったでしょうか?
 私は考えなかったはずがないと思います。

 「オシムの伝言」を読み進みと、この本ではじめて公表された病気に倒れた闘病中のオシムさんの様子が描かれています。この章を読むとき、オシムさんが病床の中で見せた執念ともいうべき代表監督としての責任感とその強い思いには胸を衝かれずにはいられません。
 一国の代表チームを率いる仕事とは、文字どおり命を賭して、全身全霊を打ち込むべきものであるし、それが出来ないのなら代表監督など引き受けるべきではない。言葉にすれば、こういうことでしょう。オシムさんの信念が感じられました。

 00375.jpg

 偉大な人物との別れの辛さは、その人が去ったずっと後からやってくることもあるみたいです。
 せめて、これからもずっと辛口の解説なんかしてる元気なお姿を見ていたいな。


 
 いつも応援をいただきましてありがとうございます。
スポンサーサイト

[edit]

trackback: -- | comment: 2

« 橋の向う側  |  さわやか浪速っ子発見! »

この記事に対するコメント

こんにちは♪葉子さん♪

オシムさんのお話…読んでいて 勇気とせつなさを
感じました。ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争は まだ
記憶に新しいもので…当時 ニュースを聞くたび
とても悲しかったです。(紛争中 民間人の犠牲者の
葬られる場所が足りず サッカーグラウンドを使っていました)
オシムさんは きっとご苦労の多い中 日本のサッカーに
情熱を注いで下さった方なのですね。
本当にありがたいと思います。
素敵な写真♪
一生懸命に生きられる方は 美しいですね。

ふくちゃん #- | URL | 2010/08/05 14:43 * edit *

Re: ふくちゃん様

そうですね。
別府も記事を書きながら1人でしんみりしてしまいました。
暑い暑いと言っていられるのも平和だからこそかも。
でも、やっぱり今年の暑さは格別ですから、ふくちゃんさんもお体大切に。

葉子 #- | URL | 2010/08/06 11:36 * edit *

コメントの投稿

Secret