09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

ベンチャーズもビートルズも知らなくても… 

 どうしても今日はラーメンが食べたいとか、カレーが食べたいという日があるでしょう。
 それと同じように、どうしもてこの映画が観たいという日があるわけで…
 そういうわけで昨日の夜はDVDで「青春デンデケデケデケ」を観ました。

 DSCN0430.jpg

 私と同じ香川県出身の小説家 芦原すなお氏が直木賞を受賞された同名の小説を原作として、大林宣彦監督が映画化された作品です。
 ベンチャーズの名曲"PIPELINE"に触発された15歳の少年が、仲間を集め、楽器をゲットして、バンドを組んで…という青春ストーリー。
 舞台は1960年代の香川県の田舎町(観音寺の方ごめんなさい)ですね。
 ですからネイティブスピーカーの別府には「浅野忠信さんの讃岐弁は全然ダメだわー」なんて批評する楽しみもあったりして。

 映画は、そこかしこに good old daysへの郷愁を色濃く漂わせる大林ワールドの中を軽快に進んで、クライマックスとなる高校生活最後の文化祭での初コンサートのシーンに至ります。そこで物語としては最高潮を迎えるわけですが、その後、映画には祭りの後の寂しさとでも言うべき後日談が描かれています。
 軽さと甘さのせいで何となく物足りなく感じられる作品が、この最後の短いシークエンスのお陰で、ぐっと締まります。大切なものを喪失することによって大人になっていく少年の成長記が、青春のスケッチに映画としての陰影を与えてるって感じですね。
 そして、この作品、学生時代にロックバンドを組んでいた別府にとって、また格別に味わい深い作品です。
 えっ、別府のバンド時代の話ですか?
 それはまた今度ってことで。

 00385396.jpg

 題名中の「デンデケデケデケ」とは何か?について最後に一言。
 "PIPELINE"の出だしのところ。高音部からまるでタップを踏みながら駆け下りてくるみたいなエレキギターの生み出す官能的なフレーズのことですよ。
 何のことか分からんという方は、こちらをクリックしてみて下さい。


 
 いつも応援をいただきましてありがとうございます。
スポンサーサイト

[edit]

trackback: -- | comment: 8

« さわやか浪速っ子発見!  |  8月になってしまった »

この記事に対するコメント

NoTitle

おはようございます(^^)
この映画は見たことないですけど
この曲は知ってますよぉ
あははっ、寺内タケシさんではないです(笑)
葉子さん、ロックバンドやってたんですかv-362
ロックも聴いてみたい気がしますe-343
声がいいもんv-353

TOKKO #- | URL | 2010/08/03 10:52 * edit *

NoTitle

この映画、タイトルは知っていましたが、未見です。
あのフレーズはやはり耳に残りますね。
見てみたくなりました。

桃源児 #- | URL | 2010/08/03 20:01 * edit *

Re: TOKKOさま

TOKKOさん、こんばんは。
あはは、寺内タケシさんかー
時代的には同じころじゃないかと思うので、この曲はきっとやってるはずですよね。
Youtubeで探してみよーっと。

葉子 #- | URL | 2010/08/03 23:33 * edit *

Re: 桃源児さま

コメントありがとうございます。
公開当時はあまりヒットしなかったんでしょうかね。
私もDVDで観たのが初めてでしたが…
「桃源児」さんの名前の由来はもしや「平原児」ですか?
ブログを拝見すると、歴史に造詣が深いようですが。

葉子 #- | URL | 2010/08/03 23:42 * edit *

NoTitle

はじめまして。
私も丸亀に住んだことのある人間なので
青春デンデケデケデンは大好きです。

ドラムの明石のタコこと岡下くんが
ツボでした。

今でも酔っ払うとたまに見てしまいます。(^^)
過ぎてしまった青春への憧れなのでしょうか?

houteifukurihi #- | URL | 2010/08/04 09:44 * edit *

Re: houteifukurihi

コメントありがとうございます。
そうですか、丸亀におられたことあるのですか。
そうすると観音寺は近所だし、行かれたことがあるんじゃないですか?映画にも出てきた琴引公園とか。
私は、琴引公園が登場するたびに小学生のときの遠足を思い出します。

葉子 #- | URL | 2010/08/05 00:53 * edit *

NoTitle

筆者の名前は戸籍上の名前から一文字とって、でっち上げた名前でございます。
一応、歴史ものの小説を書いているので、そこそこは知っております。

桃源児 #- | URL | 2010/08/06 20:07 * edit *

Re: 桃源児さま

歴史小説作家でいらしたのですね。
失礼しました。
むかし剣客商売とか夢中で読みました。あれ?あれは時代劇小説家か。

葉子 #- | URL | 2010/08/07 10:19 * edit *

コメントの投稿

Secret