02 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 03

「蔦がゆれる」 

 もうじき母の一周忌を迎えます。
 母は若い頃に病を得たせいで、長生きは出来ないとだろうと思われていました。
 それでも人生を楽しむ術を知っている人で、お友達といっしょに、踊りやカラオケ、旅行など、折々に楽しく過ごしていたようです。

 Friutz8065130009_29c52a22bb.jpg

 ずっとお医者さまのお世話にはなっていたのですが…
 昨年、どうも調子が悪いということなので、ツテを頼って大阪に来てもらって診察を受けてもらったりしたのですが、そのお医者様も詳しく病状を説明して下さった上で、「来年の桜を見るのは難しいでしょう」とおっしゃいました。

 inoc6952645778_4297e2a40c_b.jpg

 母もそういう診断は知っていたのですが、その後も暮らしぶりは、ほとんど変わりませんでした。
 変わったことと言えば、よく電話をくれるようになっていたくらいでしょうか。
 調子がよいときには、いろいろな所に遊びに行っていました。

 onigiri-kun7453359294_b3735.jpg

 最後はもうアッという間に逝ってしまって。
 葬儀のすぐ後に、コンサートが入っていたので、休む間もなくステージに立っていて、母の死を悲しむ暇もなかったように思います。(あのとき伴奏の2人は事情を知っていて、アンコールのときベースの尚美ちゃんのすすり泣きがずっと聞こえていたのを思い出します)

 SnapShot(440)_20161016185753bb4.jpg

 それから何カ月も経ってから、郊外を走る電車に乗っていた時に
 にわかに天気が崩れるなか、嵐のような雨風の中で、遠くの建物の壁一面を覆っているツタの葉が激しく揺れ騒ぐ様子がみえました。
 そのときでした。胸のなかに次々に母の思い出が溢れ出て、止まらなくなったのです。

 tsuta_01.jpg

 そのときの想いは、すぐに1曲の歌にすることができました。
 それが、この曲「蔦がゆれる」です。

 

   あとどれくらい君といられるだろう
   見えないふりの さよならの予感
   想い出つくるときはあるだろうか



 
 ブログランキングに、いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 今日の1曲は「6月の雨」です。

 
スポンサーサイト

[edit]

trackback: -- | comment: 4

« ライブは続く  |  丸亀の熱いライブ »

この記事に対するコメント

お母様への思いが込められた
優しい気持ちになれるとてもいい曲ですね。

ずっと遥か彼方の遠くまで
そう、天国までも届いていくような
そしてすうっと心に残る曲。
透き通った声も素敵です。

ユッカリン #- | URL | 2016/10/16 22:57 * edit *

こんにちは^^

お久しぶりです

蔦がゆれる
いい歌ですね、よく泣かずに歌えますね
流石プロだなぁ
聞いていて気持がいい歌ですね(^^)

jack #- | URL | 2016/10/17 12:26 * edit *

素敵です♫

コンサートに行かなければ聴けないと思っていた「蔦がゆれる」
こんなに早く聴く事が出来るなんて嬉しいです
そして、何て素敵な曲なんでしょう💙
仕事中も頭の中でず~~っと別府さんの声が響いておりますわ~
こうして、また1曲私に宝物が増えました(≧▽≦)
 我が儘を言ってしまえば「砂漠のバラ」も聴いてみたいな・・・なんて・・
でも別府さんにとっては1曲1曲が大切な財産・・そう簡単にはね・・・
はい!待ちますとも!!いつまでも!!!
機会がありましたらコンサート会場でね(^^♪

Mari #- | URL | 2016/10/18 00:34 * edit *

蔦が揺れる

1日1日が過ぎてもう秋最中、お元気でご活躍のご様子嬉しく思います。
「蔦が揺れる」心に沁みました。私も84歳何時別れが来ても不思議でない年齢、生きている間に楽しい思い出を沢山作っておきたいと思います。
有難うございました。

piroko #- | URL | 2016/10/18 09:40 * edit *

コメントの投稿

Secret