09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

ビジネスマン=実業家ってイメージですかね… 

 昨日の記事を読まれて「セリーヌ・ディオンってシャンソンを歌ってるの?」と疑問を抱かれた方がいたら…
 「う~む、スルドイですね」と言わねばなりません。
 だって、ディオンはカナダ生まれのカナダ人ですし、その最大のヒット曲といえば言わずと知れたタイタニックのテーマ"My Heart will go on"で紛れもなく英語の歌だからです。
 でもセリーヌ・ディオンはシャンソンを歌っています。

 それは「シャンソン」って何?ということとかかわるわけですが…
 "chanson"が単に「歌」という意味のフランス語だということはご存知の方もいらっしゃると思います。
 ただフランス語圏以外でシャンソンという場合、それは「フランスの歌」あるいは「フランス語の歌」という意味合いを含んで使われることが間々あるようです。日本語の「シャンソン」は明らかにこの意味ですよね。

 セリーヌ・ディオンはカナダ人ですが、カナダのケベック州の生まれです。ケベック州は住民の多くがフランス系で公用語はフランス語という土地柄。そして彼女自身、英語の歌のアルバムを出す以前からフランス語で歌ったアルバムをいくつも出していて、それらはフランス本国を含むフランス語圏で大ヒットを飛ばしていたのです。
 フランス語の歌という意味で彼女には多くのシャンソンのヒット曲がありますし、逆に彼女自身、シャンソンの名曲を集めたアルバムを発表したりもしています。

 そんなセリーヌ・ディオンのアルバムから別府が歌う1曲を聴いてください。
 「あるビジネスマンのブルース」
 昨年9月に行った、東京コンサートのときに撮ったものです。訳詩:別府葉子でお楽しみください。



 人生にはたくさんの分かれ道があります。いまの人生に不満があるわけじゃないけど、でもあのとき、あちらの道を選んでいたら自分は今どうしているだろうか?そんな考えは、時に麻薬のように人を惹きつけますよね。
スポンサーサイト

[edit]

trackback: -- | comment: 2

« ディオンとキャメロン、実はカナダ人つながり  |  改めて自己紹介?です »

この記事に対するコメント

NoTitle

初めまして風光と申します。

掲載されておりますコンサートの歌声を聴かせて頂き、
他の曲もと思い、オフィシャルページのCDの視聴をさせて頂きました。
この時間帯にお聞きしましても、心に留まる詩がメロディーとなって伝わってきました。
只今仕事中ですが手を休めて聴かせて頂きました。
感謝。

風光 #- | URL | 2010/07/19 11:14 * edit *

Re: 風光さま

ご丁寧なコメントありがとうございます。
私の歌が気に入っていただけましたようで、大変嬉しく思います。
これからも折をみて動画をアップしていきたいと思っております。
お楽しみいただければと幸いです。

別府葉子 #- | URL | 2010/07/19 18:02 * edit *

コメントの投稿

Secret