10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

ノルウェーの森 

 先日、村上春樹さんの「ノルウェイの森」のことを書いたとき、ちらりとビートルズの楽曲「ノルウェーの森(Norwegian Wood)」にも触れたのですが…
 そのとき思い出したんだけど、書けなかったお話を。

 1024px-The_Fabs.jpg

 このビートルズの有名な曲の邦題「ノルウェーの森」には誤訳論争があります。
 割と有名な話みたいで、ご存じの方も多いんじゃないかと思うのですが…
 歌詞の中に出てくる(そして曲名にもなっている)“Norwegian Wood”の正しい訳語は「ノルウェーの森」ではなくて「ノルウェー産の木材」じゃないのかという話です。

 1-12232382946oAf.jpg

 現在では「ノルウェー産の木材」説が通説化しているみたいです。
 つまり「ノルウェーの森」は誤訳ということになっていますが…
 でも別府としては、議論自体が「どうなん?」と思っています。
 歌詞の内容自体、深い物語性があるとか、メッセージ性が高いとかいうものではなくて、「?」マークがいっぱいみたいな内容ですしね。
 訳詩という作業は、訳詞者が、聴く人に対して、この曲のイメージをどう伝えたいのかという側面を持った作業です。

 Zanthia_library010009010.jpg
   著作者:Zanthia

 どこかもの悲しいシタールの響きが、ノスタルジックなメロディを奏でるこの曲の題名として「ノルウェーの森」は、イメージの選択としてベストチョイスじゃないのかしら。

 それにしても…
 この曲を聴いて思うのは、ジョン・レノンさんの(そしてポール・マッカートニー氏の)ヴォーカリストとしての桁外れともいうべき能力の高さですよ。
 すごいですよね。

 

 う~む
 すごい



 
 いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 今日の1曲は20世紀を代表する偉大なアーティスト達に敬意を表して「Eleanor Rigby(エリナー・リグビー)」です。ヴォーカリストとしての天才ぶり全開でございます。

 
スポンサーサイト

[edit]

trackback: -- | comment: 5

« うどん好きはDNAに刻まれ、ロゴは登録されるのだ  |  名前からして速そうだし… »

この記事に対するコメント

Eleanor Rigby

こんばんは、ケロです。
Beatlesに反応してしまいました。
というか、Eleanor Rigbyを持ってくるところに、そうなんだと感心したり。

今でも、何か考え事をしたりする時に、Beatlesを聴いてたりしますよ。
ただし、その時は後期のアルバムが多いですけどね。

ケロ #5fZIkb1. | URL | 2016/04/08 21:29 * edit *

動画・百万本のバラ

動画・百万本のバラ、できました
ありがとうございました
https://www.youtube.com/watch?v=zro-XNoFMHA

亜母 #HmfD0CQk | URL | 2016/04/11 17:09 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2016/04/11 18:08 * edit *

亜母さま

動画、拝見いたしました。
とても綺麗に作っていただきまして、ありがとうございました。
大変だったことと思います。
たくさんの方に見ていただけますように。

別府葉子 #- | URL | 2016/04/13 21:58 * edit *

ほっとしています

そう言っていただけてホッとしています
私にとって初めての赤いバラ、不慣れで上手くはないけれど、夢中で楽しみました。別府様の美しい歌が最高の贅沢です。

亜母 #HmfD0CQk | URL | 2016/04/16 12:21 * edit *

コメントの投稿

Secret