06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

ライブハウスについての別府の思い 

 先日、このブログで数回にわたって、ライブハウスの勧めシリーズ記事を書いたのですが、その記事に対するコメントをいただきました。
 その概要は…
 (ライブハウスではライブに対するチャージ料金をとるほかに、少なくともドリンク1杯は注文してもらうというやり方をしているけれど)
 本来ライブハウスのメインはライブそのものなのだし、本来の目的ではないドリンクは、頼みたい人だけが頼めばよいのであって、ドリンクはいらないという人にまで、それを注文させるというのは如何なものか。
 といったご意見と理解されました。

     MC900429829[1]

 そうですね。ごもっともなご意見だと思います。
 実は、別府も、いつもそう思っています。
 ライブを聴きに来てくださる方に、なんでドリンクを頼んでもらわないといけないのか。
 だいたい、手にドリンクのグラスをもっていると(グラスを置くテーブルがないときだってあるし)、拍手も手拍子もしていただけないのです。
 ミュージックチャージだけでは赤字になるので、ドリンク1杯は頼んでもらうというのであれば、初めからドリンクとか無しにして、ミュージックチャージに必要な分、チャージに上乗せすればいいんじゃないの?と思います(それでも聴きたいというお客様に来ていただくしかないでしょうがと思うわけですよ)

 P1110485_20160210205735aa9.jpg

 なのに、そうならないのには、理由があるんだそうです。
 ここから後は人から聞いた話なので、不正確かもしれませんが…
 コンサートをやる場所、つまりコンサートホールは、野球場とか劇場とかも一緒ですが、「興業を催すための施設」として造られている。つまり、そういう施設が備えなければならないと法律が定めている条件を備えていて、「興業を催すための施設」として認可を受けている。
 でもこの条件は厳しい条件なので、市中のライブハウスが、こういった条件を全て満たすのはとても難しい。
 結局、市中のライブハウスは「興業を催すための施設」ではなく、「飲食店」としての営業許可をとって、運営している。
 だからお客様に飲食物を提供して、飲食代をいただくという形式をとらなければ、それは「違法営業」となり、営業そのものが成り立たなくなってしまう。
 こういうことなのだそうです。

 SnapShot(2)_2016021020573321b.jpg

 もちろん別府が、自分のコンサートを全て「コンサートホール」で開催すれば、こういった問題とは無関係でいることができます。
 でもコンサートホールはたくさんのお客様を集めることが出来て初めて、そこを使ったコンサートを成立させることができるのです(すごくお金がかかるから!)
 集客力が乏しい別府は、自分のコンサートの多くをライブハウスに頼らざるを得ません。
 比較的少数のお客様だけが対象になっても、それに見合う経費でコンサートを開くことが出来るのがライブハウスだからです。

 a0002_001837_20160210205731969.jpg

 そういうミュージシャンはたくさんいるでしょう。そしてライブハウスは、それだけではなく、アマチュアの方が自由に自分のパフォーマンスを披露する場所でもあります。
 マスコミに取り上げられる音楽だけが音楽ではないと思います。
 誰もが自由に、自分の思うままに、表現者となり、ときにまた聴き手となり、気軽に楽しむものが音楽なのだと思います。
 ライブハウスは、そういう音楽の現場を実際に支えている最前線なのです。

 12402139_814726081970366_22.jpg

 別府は、自分の活動の多くを、そういうライブハウスに頼っているミュージシャンです。
 それでも1人でも多くの方に「いい音楽だね」と感じていただきたいと思っています。
 応援していただけければ嬉しい限りです。



 
 いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 冬のツアーのご案内です。2月28日(日)宇多津ライブは、ただいまローソンチケットにて発売中です。

 16WT09S.jpg

 今日の1曲は「哀しみのソレアード」です。

 
スポンサーサイト

[edit]

trackback: -- | comment: 4

« 山口ライブ、熱く終了です  |  別府、山口に行く »

この記事に対するコメント

確かに

確かにコンサ-トホ-ルで出来ればそれに越したことはないですがなかなか悩みはつきないですね
私はCDで聞くしか手はないのですが、生で聞いてみたいとは思いますよ

EGUTI YOUSUKE #- | URL | 2016/02/11 09:54 * edit *

NoTitle

寡聞ですがこういう事を書いて下さるミュージシャンの方を知らないので、書いていただいて初めて何となく^^;わかることがあります。調べて下さりありがとうございますっ!m(__;m(おじゃましたことのない私とはいえ、このような疑問すら持てないですけれど。)m(__;m

くわがたお #- | URL | 2016/02/11 17:09 * edit *

ライブハウスのドリンクチャージ

なるほどね。
今回の説明でライブハウスのドリンクチャージの意味がよくわかりました。
ありがとうございました。

1109切鮫 #- | URL | 2016/02/11 17:53 * edit *

法的区分。

たぶん「それなら公民館を借りてやればええやないか」との批判も出てくるでしょう。
公民館は公民館で借りるのは大変です。競争率も激しいし。会議室くらいは簡単ですがホールとなると一苦労。

なかなか運営する側の苦労は世間は解ってくれません。

ライブハウスも、深夜までやると今度は風営法に抵触してしまうので、なかなか法律の壁は世間の常識と違うものがあるから困ったものです。

Shall We Dance以前は社交ダンスと特殊浴場は同列に扱われた訳です。そのため、未成年は社交ダンスはできなかった。

晴雨堂ミカエル #- | URL | 2016/02/11 19:38 * edit *

コメントの投稿

Secret