05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

土佐紀行 アドベンチャー編 

 土佐紀行も、3日目。
 この日も快晴でございます。
 1日なにをするか、ああでもない、こうでもないと皆で相談するのもまた楽しです。
 朝ごはんをしっかり食べて、まず向かったのがこちらでした。

 1446973867774.jpg

 双名島
 「鬼の親子が大きな岩を運んで島をつくり、それが双名島になったという…」
 「鬼が金棒を刺したといわれる穴も実際に残っている」
 鬼が作ったのかぁ、ドキドキ
 宿の方に、車で送ってもらいました。
 じゃーん。

 1446164721043.jpg

 手前が観音島、向こう側が弁天島で、2つ合わせて双名島です。
 島と言っても、陸と地続きになっていますから、どちらの島にも歩いていけます。
 観音島に着くと、島の中腹の辺りに祠があって、そこまで階段が続いています。
 まず、そちらの祠に手を合わせて、ご挨拶しました。
 でも、その後で、気がついたんですけど…

 1447075659396.jpg

 この階段、かなり急で手すりもないし、下からみるのと、上から見るのとでは大違いで、降りるのが、すごく怖いのです。
 途中でちょこんと座って記念撮影なんかしてますけど、実際には内心ひきつってました~
 そして今度は、島の周りをぐるり半周して、島の反対側へ。

 1446256473766.jpg

 花を見たり、立ち止まって海を眺めたり…
 う~ん、気持ちいいわね~
 あっ!

 1446256499322.jpg

 鬼が金棒を刺した穴だぁ
 う~む、よく出来てるなぁ

 そして今度は弁天島へ。

 1446256656396.jpg

 逆光になって分かりにくいかと思いますが、写真をクリックで拡大していただくと、正面から右斜め上に上がっていく階段があるのがお分かりかと思います。
 なんか階段の下の方は壊れてたりして、やばい感じ満々でしたが…

 1446256518556.jpg

 行くしかないでしょう。
 さっき階段上って怖かったのも忘れて、どんどん上っていきます。
 うわ、なんか断崖の縁みたいな所を歩くことになっちゃったりしてきたぞ。

 1446256601933.jpg

 写真を撮っているのは、ちょっと一息つけるところで、ホントに怖い所では写真どころじゃなかったぁ
 でも島のテッペンまでは10分もかかりません。
 そこには小さな灯台があって、そこからの眺めは…

 1446256546228.jpg

 ふう、上ってきた甲斐があったわねー
 ちょとっしたアドベンチャー気分、満喫の双名島なのであった。



 
 いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 冬のツアー、12月6日の大阪ライブと12月26日の東京ライブは、ただいまローソンチケットにて前売券発売中です!

 1516Wフライヤー02

 今日の1曲は別府の作詞作曲で「夢のあと」です。

 
スポンサーサイト

[edit]

trackback: -- | comment: 3

« 土佐紀行 カツオ漁の町で思う…  |  土佐紀行 黒潮本陣編 »

この記事に対するコメント

「夢のあと」

今日の1曲「夢のあと」ジーンと胸に迫り2度も聞いてしまいました。
80歳を越えると一生のステージは何時終わりになるか考え本当に「今度いつあえるかなー」に実感をこめて聞かせていただきました。心から「ありがとう」が沸いてきました。

piroko #- | URL | 2015/11/11 14:20 * edit *

土佐を満喫されているようで嬉しく思います。

 土佐出身ですが、私が知っているのは物部川流域から高知市まで、他は殆ど未知の国です。若い頃の日本一周サイクリングで海岸線だけはぐるりと走りましたが。

 高知県の人口は堺市よりも少ないですが、日本酒の醸造所は20ほどあります。是非、地酒を楽しんでください。正味その村や町でしか飲めない酒がありますから。
 私のおすすめは安芸地方の安芸虎や高知市の北の土佐町の土佐酒造の原酒です。アルコール度数が20のせいか、アルコールの甘味で高知の酒にしては辛くはありません。

晴雨堂ミカエル #- | URL | 2015/11/11 15:31 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2015/11/12 19:36 * edit *

コメントの投稿

Secret