02 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 03

壊されたものを作りなおしましょう 

 安保法制は成立してしまいましたね。
 これで、日本は、世界中のどこにでも自衛隊を派遣して、アメリカ(他国軍)と(後方支援という名目で)一緒に戦争をすることが出来ることになりました。

 アメリカは、建国以来2百数十年のうち、年間を通して戦争をしなかったという年が数えるほどしかない国です。
 たいてい、世界のどこかで戦争をしている。
 ベトナム、イラク、アフガニスタンと、後になってみると、いったい何のための戦争だったのかと、アメリカ人自身すら深く疑問を感じる戦争を繰り返す国です。

 and-after-war_2773241.jpg

 このままだと、自衛隊は、そんな国の軍隊と一緒に、世界のどこかに出かけていって、一緒に戦争をすることになるのでしょう。
 何のために?
 もちろんアメリカは大喜びでしょう。
 アメリカ軍の若者が死ぬ代わりに、日本の自衛隊の若者が死んでくれることになるわけですから。

 日本の国会で、議論する以前に、そしてこの国の安全保障政策をどうするかを主要な争点とする選挙を経ることもなく、アメリカに出かけて行って、アメリカの議会で、そういう法律を作りますと演説して、安保法制を作ることを勝手に約束してきた人がいる。
 その総理大臣が、この法律を作ってしまいました。
 わたしには信じられませんし、この事態を理解することも出来ません。

      MC900440412_201509192241319d7.jpg

 そしてこの法律は、日本の近隣諸国との関係で、日本の立場を有利なものにするものでもありません。
 安保法制をめぐる議論の中で、この法律が、具体的に何を目的に、どのように作用し、いかなる効果を発揮すると期待できるかについて、まともな説明を聞いたことがありません。
 ルールを作るときには、ルールを必要とする状況があるはずで、ポイントなる問題点が指摘され、それを解決するための合理的な道筋(手段と結果との間の因果関係といってもよいと思いますが)が明確に示されて、はじめてルールを作る理由を理解することが出来ます。
 でも安保法制に関しては、その道筋を誰も示していない。
 説明しないのではなくて、出来ないのだと思います。自衛隊が世界のどこかに出かけていって他国の軍隊と一緒に戦争をすることと、日本の近隣諸国との関係で日本の立場が有利なものとなることとの間には、合理的な因果関係など存在していないからです。

 ニュースをみていたら、安保法制成立を受けて、街頭インタビューが行われていました。
 インタビューで、複数の人が「他国から攻撃されても、何もできないのはおかしいから、賛成」といったような意見を述べていて、深い深い脱力を覚えました。
 この法案成立の後押しした賛成意見の中には、こういった意味不明の誤解にもとづいたものもあったのでしょう。

 自由と権利と立憲主義を取り戻すための戦いは、今日から始まります。
 別府は、人間は侵すことの出来ない権利を持っているのだと謳われている憲法をもった、この国に生まれました。
 この戦いに参加する権利も持っています。

       MC900425784_2015091922412837e.jpg



 
 いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 今日の1曲は「哀しみの終りに」です。

 
スポンサーサイト

[edit]

trackback: -- | comment: 12

« 新しい動画です  |  守るべきもの »

この記事に対するコメント

今回の決定により、我国は米国の世界戦略に組み込まれる事によって自らの安全を確保する事になる訳ですが、私は普通に言われているのとは別の懸念を感じています。それは、米国が世界中で推し進めている「テロとの戦い」への加担です。この一見尤もらしいプロパガンダの下で、どれだけ多くの人々が傷つき、苦しみ、命を奪われている事でしょう。アフガニスタン、イラク、そして実に67年間も住む場所を奪われ続けているパレスチナの人々。
「後方支援」の名の下、日本人がこれらの人々の殺戮に手を染める事にならなければよいのですが。

只野 時事居 #I60QK38Y | URL | 2015/09/20 04:29 * edit *

日本の憲法は世界に類を見ない平和憲法だって学生の時に教えられてきました。そして憲法の変更も簡単にはできない硬性憲法だって・・・・・
それを時の内閣が解釈を勝手に変更してしまうなんて信じられないんですよね~。
昨日テレビでどこかの教授が内閣には解釈する権利があるんだというようなことを言ってましたが、解釈すると言っても従来の流れの中での解釈であって90度曲がるような解釈の変更が許されるか?って疑問に感じましたね~

自遊自足 #- | URL | 2015/09/20 05:59 * edit *

そうですよね

僕も参加いたします!

Powanko #- | URL | 2015/09/20 08:21 * edit *

おっしゃることに共感しています。
 音楽を通じ、写真を通じて、自由と民主主義を育て戦争を拒み、抑圧や人への蔑みを押し返し、貧困を克服するために、時に明確な政治の言葉でも、声をあげることが今日的市民の歴史的な責務だと思います。しなやかに強靭に。
 受動的な民主主義ではなく能動的な民主主義を。

 戦後第4の民主化のうねりが始まりました。

soujyu2 #- | URL | 2015/09/20 09:26 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2015/09/20 10:31 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2015/09/20 12:18 * edit *

私たちはきっと勝てると 最近の情勢で思いました
未だだまされていたり 自分の本当の気持ちの表現に気づいていない人達も
そのうち大合流させることが出来ると思います
なぜなら 今回の暴挙に出ざるをえなかった政権が その愚かさ そのごう慢さ故に 私たちの味方を増やし続けてくれるから
頑張りましょう それぞれの持ち場で

森の妖精 アイ #- | URL | 2015/09/21 00:47 * edit *

官邸はシルバーウィークで国民は忘れるだろうと思っているようですが、今回の暴挙は絶対に忘れません。
我々にできることは選挙です。
国のトップの考えで憲法解釈が変えられるなんてとんでもないことなので、選挙で思い知らせてやりたいです。

BB #- | URL | 2015/09/21 07:01 * edit *

そのとおり!

葉子さんの言われる通り!・・・

とりあえず、起きたことを忘れず・・・起こした人たちを忘れず・・・

まだまだ諦めずに行動したいものです・・・

「選挙」でしか、僕らの意思が伝わらないと言うのなら、伝えてやろうじゃあありませんか・・・

たばさ #- | URL | 2015/09/21 09:14 * edit *

28日の国会デモ二人でに行きました。反原発デモから何度、
足を運んだか分かりませんが、諦めずに行きます。

やまねこけん #- | URL | 2015/09/21 14:59 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2015/09/22 22:14 * edit *

いつもありがとうございます。

いつもお越し頂きありがとうございます。
何を求めて?
自分の言葉は多く語らず、できる限り沢山のYoutubeの動画を紹介したいと思っています。

しかし今回の暴挙に付いては我慢できずに居ます。
堂々と御自身のブログにご意見を発表されておられること尊敬申し上げます。

今のところ、我慢できないもののまだ耐えています。
今書き出すと止まらなくなりそうで。

影ながら応援させていただきます。

またお越しくださいますように。

喜んでもらえるよう、ブログの充実に励みます。

poponta #JfQHE9vw | URL | 2015/09/23 09:56 * edit *

コメントの投稿

Secret