10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

守るべきもの 


「この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。」

 日本国憲法第12条の第1文です。
 むかし、別府は、この条文を読んだとき、その内容がピンと来なかったし、むしろ何か違和感のようなものを感じていました。

 あるとき、人から教わって、腑に落ちました。
 確かに、この条文には、他の条文とは異質な要素があるそうなのです。
 日本国憲法は、権力の暴走を食い止めるために、権力を縛り、権力の勝手な行使を許さない、法の支配という原理をとっている。
 だから1つ1つの条文は、権力に対し、こうしなさい、こうしてはいけない、という命令になっている。
 例えば、日本国憲法第9条は、権力に対し、国際紛争を解決するために武力を用いてはならない(わが国が武力攻撃を受けたとき以外)、そして武力以外のあらゆる手段を講じて平和を守り抜きなさい(それがどんなに困難なミッションであっても、叡智を尽くして、これをやり遂げなさい)と命じていると理解できる。
 それを、国民の側からみたとき、第9条は、人々が平和のうちに生きる権利、平和的生存権の規定だと読める。

 でも日本国憲法第12条の第1文は違う。
 権力に対する命令ではなく、国民に呼びかけている。
 「この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。」
 日本国憲法は、国民の自由と権利を守るために、様々な手段を講じた。
 首相、大臣、国会議員を始めとする、公務員の憲法擁護遵守義務、三権分立、司法による違憲立法審査権…
 でも、この憲法が危機に瀕したとき、最後の最後に、それを守るのは、あなたがた国民なのだ、それ以外に、方法はないのだ。
 そのことを憲法自体が、国民に呼びかけている。

 paris-112220_640-(1).jpg

 わたしは、日本国憲法が、かくも容易く危機に瀕するものだとは思ってもいませんでした。
 その一時の権力を、国民から付託されたに過ぎない首相によって、国家の根本を定めた憲法が、いとも容易く踏みにじられることを、想像することが出来なかったのです。
 だから今、はじめて、日本国憲法第12条の意味を実感しています。

 今この国には、自由や権利、そして平和を踏みにじろうとする嵐が荒れ狂っていることを感じます。
 日本国憲法は、誕生した、そのときから、いつかこの日が来ることを知っていたのでしょう。
 だから国民に呼びかけているのです。
 あなたがたに保障された自由と権利、そして平和、これらを守るのは、あなた方自身なのだ、それが危機に瀕したときには、声をあげよ、闘え、屈するな。
 今日も、明日も、その後も…
 それ以外に、方法はないのだと。

 stockvault-sunrise141419-(1.jpg



 
 いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 今日の1曲は「月虹(げっこう)」です。

 
スポンサーサイト

[edit]

trackback: -- | comment: 12

« 壊されたものを作りなおしましょう  |  京都までライブを聴きに行く »

この記事に対するコメント

よくぞ書いて下さいました!!

拍手、拍手、拍手!!・・・拍手喝采!!

正しく、その通りですネ!!
今こそ、国民が その力を結集せねばならない時ではないのでしょうか!!

てつ! #LLTdOq/s | URL | 2015/09/16 23:49 * edit *

素晴らしい憲法解説だと思います。
私も全く同感です。
諦めては終わりですね。

takke #- | URL | 2015/09/17 06:27 * edit *

なるほど~

まさにまさに・・・「憲法」、そのものを壊されないように守るべきは国民ですね・・・

「死守」しなければなりませんね・・・

とりあえず、現政権の「暴挙」だけは、絶対忘れないようにしようと思います・・・

たばさ #- | URL | 2015/09/17 09:07 * edit *

この国は何処へ向かおうとしているのか?
それが心配です。
でも国民が憲法の番人なんですね。
デモなどで抗議するとともに、やはり選挙で憲法を守る候補者を選んでいかなければならないと思います。

BB #- | URL | 2015/09/18 07:47 * edit *

感謝~♪

 自立して自分で戦う自由…今回の出来事…何だか国民への憲法からの踏絵に感じています♪

ひでわく #oyUv4a/. | URL | 2015/09/18 11:22 * edit *

なるほど、これもまた正論ですね。
ポイント守るべきか変わるべきかといったところでしょうかね。
いずれにしても平和を願っていると私は信じてますし、方法論の相違だと感じています。

いえねこ #- | URL | 2015/09/18 11:28 * edit *

時々、ご訪問戴いておりますのに失礼していてごめんなさいませね

本当に仰るとおりですね!
私のブログにも同じ様な事を書いています。

今、皆さんと一緒に考えて見たい事を書かせて戴いておりますので、
宜しかったら私のブログにもお立ち依りくださいませ。

小さな天使 #- | URL | 2015/09/18 12:33 * edit *

国家公務員してましたとき、毎日、朝礼の時、日本国憲法を英文でよまされました。

ふくちゃん #- | URL | 2015/09/18 17:02 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2015/09/18 18:06 * edit *

こんばんは~♪
いつもありがとうございます(*^^)
日本国憲法前文の「そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであって、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する」と高らかにうたっています。
憲法は時の為政者の都合で解釈を変更することを認めておらず、すべて決めることができるのは国民だけという大原則をも今破られようとしていますが、いくら法整備をしてもそもそも立法の根拠になるものが違憲ですから、法律を施行することは許されません。
私たち国民が現政権の亡国政治に対しNoの声を上げ続けることこそ正すことがてぎると思います。
参議院は良識の府と言われるほど慎重な審議を保障されてきましたが、それさえも首相官邸の圧力で破られてしまいましたが、私たち国民が来年の参議院選挙で、この暴挙に及んだ議員たちを国会から締め出すことで本来の参議院を取り戻すことができるでしょう。

まり姫 #8m8hig/. | URL | 2015/09/18 21:44 * edit *

ありがとうございます

やることがいっぱい
嘆いてる瞬間も 怒ってる暇も あきらめてる時間も 
無い
と思います

森の妖精 アイ #- | URL | 2015/09/18 23:48 * edit *

まったく同感です!

数の暴挙で決まってしまいそうですね。
呆れた答弁ばかりで審議が尽くされたなんて、思っているのは
自民党ばかりです。こんな暴挙の決め方をしているにも関わらず、
まだ自民指示の国民がいるのも呆れてしまいます。
選挙の際、安保法案が出るのはわかっていたはずなのに、それでも
自民に投票した国民は真剣さが足りませんね。

山本太郎氏はもともとそれ程好きな人ではなかったですが、
1人牛歩戦術は見直しました。(^-^)
皆でもっともっと声を大にしましょう!

プリティ・カフェ・チューリップ #- | URL | 2015/09/19 00:02 * edit *

コメントの投稿

Secret