07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

直感 

 前々回の記事を読み返してみて、ちょっと補足したくなりました。
 「出来ると感じて、やると決めたことは、きっと実現する。」
 こう書いたんですが、言葉足らずな感じがするなと思って…

 直感って、ありますよね。
 物事を直感的に判断する、という場合の「直感」です。
 直感によって判断した結果は、正しいこともあれば、間違っていることもある。
 当り前ですね。
 でも人間は、何かを判断するとき、多くの場面で、筋道立てて事柄を分析判断するよりも、直感的に判断しているような気がする。むしろ直感的な判断に頼ることの方がずっと多いような気がします。

     MC900441880_20150822144253b55.jpg

 だから別府、この直感というものに、すごく興味があって、以前から、その正体について、ずっと考えていて、今では、それなりに結論づけているんです。
 人は、判断しようとする事柄にかかわるたくさんの情報を持っている。それは記憶の底に眠っているような知識の断片なんかも含めて、自分が認識しているより、ずっとたくさんの情報なんじゃないでしょうか。
 その雑然と散らばった膨大な量の情報を、人が、その事柄について判断しようとするとき、脳は猛烈なスピードで、収集して分析し、検討検証して、結論を導いていく。ただその収集、分析、検討の過程は、早すぎて、自分自身にも認識することができない。   だって一瞬のうちに処理しちゃうんだもの。

    MC900304109_20150822144251f97.jpg

 この収集、分析、検討の過程、いわば直感的思考システムとでも呼ぶべきものは、1人1人に独自のものであって、その人の人生、経験、受けた教育、学んだ学問なんかの影響を受けて、基本的パターンが形成されているわけですよ。
 直感のするどい人、「勘のいい人」は、このシステムがかなり合理的なパターンによって形成されているに違いない。

    MC900441890_20150822144256c7d.jpg

 ただですね、直感の正確性、直感によって導かれた結論の正しさに影響を与える最大の要素は…
 思考システムの合理性ではなくて、情報量の多さだと思うのです。
 たくさんの情報による多角的で、重層的な検証は、きっと結果の正しさを担保するはず。

    MC900286456_201508221442506fe.jpg

 人は、誰でも自分のことは、誰よりもよく知っています。
 自分しか知らない、自分に関する情報は、ものすごく多い。圧倒的に。
 だから、人が自分の未来について判断しようとするとき、直感的に、その結果が明らかであるとき、手に触れそうなほどリアルに  未来を思い描くことが出来るなら、その直感的判断は、きっと正しいのです。

 「出来ると感じて、やると決めたことは、きっと実現する。」
 そう思いません?



 
 いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 今年の東京コンサートは9月4日(金)です。ローソンチケットにて発売中でございます。

 15ルーテルチラシ

 今日の1曲は「月虹(げっこう)」です。

 
スポンサーサイト

[edit]

trackback: -- | comment: 3

« トゥカ選手を応援します  |  心に響く応援ありがとうございます »

この記事に対するコメント

NoTitle

そう、直感は経験値と感性の成せる技。
「やると決めた事は、、、」は試行錯誤にへこたれないで時間がかかっても進めば環境が整い、応援者も現れるから目標の近似値まで行けますな。途中で他者との関わりをどう対応するかが有りますが。。。だから、目標を達成、近づける事は幸せな事であり、環境、周囲に感謝するものだと思います。。。あれっ、この記事コメに合わなかったかな。ドヒャッ!

Zubola #xK4Eytvs | URL | 2015/08/22 15:53 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2015/08/22 21:53 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2015/08/23 11:00 * edit *

コメントの投稿

Secret