08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

佐々木辰子先生のこと 

 先日、別府のところに1冊の本が送られてきました。
 その本の贈り主の名前は、別府にとって、とても懐かしいお名前でした。
 佐々木辰子先生です。

 1439647264522.jpg

 先生は、上梓されたご自分の歌集を、別府に送って下さったのです。
 ありがとうございます。
 以前にも書いたことがありますが、別府にはシャンソンの師匠にあたる方はいません。
 でも、歌を教えてくれた先生は3人いらっしゃいます。

 1.jpg

 別府は、小学校4年から中学3年までの6年間、合唱団に所属していました。
 その6年間、3人の先生から指導を受けました。
 佐々木辰子先生は、そのうちのお1人で、別府が先生のご指導を受けたのは中学のときでした。
 当時の別府のパートはソプラノ!今では想像も出来ませんが(笑)

 MC900343325_20150816121608de9.jpg

 先生の指導は、徹底したスパルタ方式でした。
 合唱部員は、放課後、まず校舎を5周。
 腹筋、足挙げの後、声出しをしながら階段の昇り降り。
 それから合唱の練習が始まるわけですが、事前の体力トレーニングをサボると雷が落ちます。かと言って、トレーニングに手間  取って、練習に遅刻すると、やっぱり怒られる(笑)

      stu_tea_ca_023.jpg

 本当に厳しい先生でしたが、練習の合間に冗談をとばしたりするときに優しい素顔がのぞくようで、生徒たちからは、辰子先生、辰子先生と慕われていました。
 そんな先生に導かれて私たちは全国3位という成績を残しました。

 その後、先生は、他の中学校に転任されていきましたが、ほどなく転任先の中学校の合唱団を全国大会に出場させたと聞きました。
 まさにカリスマ指導者です。
 教師を退官された後も、合唱サークルの指導を続けておられるとか…

 佐々木辰子先生、当分の間、先生の短歌を少しずつ読ませていただきながら、恩師の足跡を辿ってみるつもりです。



 
 いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 今年の東京コンサートは9月4日(金)です。ローソンチケットにて発売中でございます。

 15ルーテルチラシ

 今日の1曲は「バラはあこがれ」です。

 
スポンサーサイト

[edit]

trackback: -- | comment: 1

« 懐かしい教訓  |  8月15日 わたしたちの決意の日 »

この記事に対するコメント

NoTitle

「バラはあこがれ」 思わず私も手拍子を打って聞きました。有難うございます。

piroko #- | URL | 2015/08/17 15:47 * edit *

コメントの投稿

Secret