10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

70回目の8月6日 

 なんとなく疑問に思っていたんだけど、口に出して人に聞いてみることが出来ないまま過ごしてきたことについて、何かの機会に疑問がとけたといった経験はありませんか。

 先日読んだ新聞の記事ですが…
 昭和20年8月15日終戦の日、終戦による検閲の隙間をついて、原爆による攻撃を受けた広島に関する生々しいルポ記事が毎日新聞に掲載されたそうです。
 その中の一節。
 「その焼け跡の清掃の行き届いているにまず感激した」

 Hiroshima_autograph_Tibbets.jpg

 これだったのです、別府の疑問は。原爆が投下された直後の広島市内の惨状を記録した写真をみたとき、別府には、町並みがきれいに清掃されているみたいに見えてしまっていました。でも、このときの広島の状況で町並みの清掃なんて出来るわけないし。清掃されているみたいに見えてしまう自分の感覚がおかしいんだろうかと、誰にも話せないまま疑問が残っていたのです。

 ルポ記事は、これが清掃の結果ではなかったことを明らかにしています。
 実は「爆風が真上から作用したので各建物はぺしゃんこに押しつぶされ(中略)劫火(ごうか)がその跡を一なめに焼き尽くしたのだ」
 その正体は、地上に存在する、あらゆるものを焼き尽くしてしまう悪魔の火の仕業だったのです。

 stockvault-fire118820_201508061650175ac.jpg

 「一台の電車が焼けた残骸のままとなっていた。遠目から見るとその中に人がずらりと並んでいる。奇妙なところで休息しているものだと近寄って見ると何とこれがすべて死体なのだ」「腰掛けた人はその姿のまま、つり革に下がっていた人々は右手でつり革に下がったままの姿で折り重なっている」

 悪魔の火は、一瞬にして何万人という無辜の市民の命を奪い、そしてその後も何週間、何ヶ月、何年にもわたって人の命を奪い続け、さらには70年経った今も、生き残った被爆者の方々の身体を蝕みつづけています。

 目指すべき世界、あるべき世界の姿が、核兵器の存在しない世界であることは明らかだと思います。

 MP900402712.jpg



 
 いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 今年の東京コンサートは9月4日(金)です。ローソンチケットにて発売中でございます。

 04.jpg

 今日の1曲は「いつも何度でも」です。

 
スポンサーサイト

[edit]

trackback: -- | comment: 8

« 「智の優越」はオシムさんが教えてくれたから  |  そして私たちは連帯する »

この記事に対するコメント

NoTitle

こんばんは~♪
人間の尊厳を踏みにじるだけでなく、ただぼろ屑のように焼きつくし、さらには被爆二世、三世まで放射能による後遺症で苦しみ、差別まで味わさせた悪魔の仕業としか思えないウラン型原子爆弾が地球上で初めて実戦で使用された広島。
あれから70年、核兵器の恐ろしさを忘れたかのような現内閣の姿勢にはただ呆れるばかりです。
この写真を安倍首相に見せてもおそらく無反応でしょう。
今日の記念式典でのあいさつ文にもその姿勢が出ていました。
私たちは大変な人を行政府のリーダーにさせる選択を許してしまったことへの責任を少しでも償うためにも安倍内閣打倒の一点で共同しないといけませんね。
極右以外の良心的保守層の人たちも安倍内閣では日本は立ち行かなくなると言い切っています。
すべての核兵器廃絶と原発の即時廃止には共通した課題があります。
原発を再稼働すれば核のゴミが出ます。
核のゴミこそ核兵器の原料であり、日本はすでに核兵器を51発持っていると同じ事で、これらの原発を稼働すればするほど核兵器の原料が増えることに直結します。
日本から核物質そのものをなくす方向にみんなで声を上げたいですね(^_-)-☆

まり姫 #8m8hig/. | URL | 2015/08/06 21:13 * edit *

NoTitle

私が小学生だった頃、図書室には「はだしのゲン」がズラリと並んでいた。
市の図書館には原爆投下直後の広島市内を撮影した光景の写真集があって、私は怖いもの見たさで観た。いま別府氏が紹介した文にある光景を生々しい写真で見た。当時、11歳です。

最近、子供には残酷すぎるとか、差別表現があるとか、子供を守るためなどと称して、そういった書物から子供を遠ざけようとする風潮があります。

しかし、ハリウッド映画で描写されている核爆発描写は私が子供のころに見た原爆写真や「はだしのゲン」などに比べればぬるいぬるい。
それもそのはず、アメリカ人の殆どは広島・長崎の惨状を具体的に知らないし、被爆者団体がアメリカで写真展などをやろうとしても当局は認めない。
要するに、核を持っているアメリカ人は核の本当の恐ろしさを知らないのです。

この事から見ても、「子供のために見せない」というのは眉唾物ではないでしょうか。

晴雨堂ミカエル #- | URL | 2015/08/06 21:58 * edit *

NoTitle

 内容の素晴らしさはもちろんのこと、構成と文章のきれの良さに感嘆しきりでした。原爆投下は確かに、歴史上類をみない一般市民大虐殺にほかなりません。

蛙声爺 #- | URL | 2015/08/07 03:51 * edit *

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# |  | 2015/08/08 12:44 * edit *

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# |  | 2015/08/08 21:33 * edit *

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# |  | 2015/08/08 22:08 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2015/08/11 21:24 * edit *

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# |  | 2015/08/13 08:14 * edit *

コメントの投稿

Secret