02 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 03

名曲を凄い人たちと楽しむ 

 本日も新しい動画をご紹介します。
 「愛の讃歌 "Hymne à l'amour」です。

 

 最初、別府は、この曲をなかなか歌うことが出来ませんでした。
 1番有名なシャンソンの1曲だし、フランス歌謡史上に残る最高のディーバ、エディット・ピアフの代表曲だし…
 正直、どう歌っていいか分からないという感じでしたね。

        MC900424474.jpg

 歌手としての経験を積みながら、少しずつ手さぐりで歌い始めた、この曲でしたが、いつしか自分なりに自信のある、得意な曲へとなっていったのです。
 この曲を1番よく歌った時代かな。
 別府の1枚目のアルバム「仏蘭西小劇場〈脱走兵〉」に収められた「愛の讃歌」は、その集大成とでも言うべきものだったと思います。

 51TyGYNUaQL.jpg

 その後、別府は、だんだんと、この曲を歌わなくなっていきました。
 もういいか、みたいな感じでしょうか。
 でも、このところ、また、この曲を歌うようになったのです。
 きっかけは、ヴァイオリンの会田桃子さんとの共演でしたね。

 vlcsnap-2013-09-10-21h18m48.jpg

 共演というより、変幻自在とでもいうべき彼女のヴァイオリンとの1対1の真剣勝負のような競演でした。
 サイコー
 ぞくぞくするような緊張感が忘れられず…
 同じく超絶テクニックと独自の音楽観を持つベーシスト 中村尚美さんとのタイマンが、今回の動画でございます。

 SnapShot(235).jpg

 ふっふっふ、曲の前半に、こういうアレンジを入れると、後半でピアニストが燃えてくれるんですよね。
 このときの鶴も燃えております。



 
 いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 今年の東京コンサートは9月4日(金)です。ローソンチケットにて発売中でございます。
 ヴァイオリンはもちろん、会田桃子でございます!

 04.jpg
スポンサーサイト

[edit]

trackback: -- | comment: 1

« 南の島で…  |  自分のための訳詞 »

この記事に対するコメント

NoTitle

初めました。初めてコメント差し上げます。
素晴らしい歌でした。ひとつの物語になっているようにも感じました。

nitta245 #- | URL | 2015/07/04 08:47 * edit *

コメントの投稿

Secret