08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

「愛の追憶」を歌う 

 本日ご紹介の新しい動画がこちらです。
 「愛の追憶 Mein Lieber Herr」



 この曲の意味を正しく理解するためには、歌われている時代背景を知っておく必要があるかも知れません。
 それについては、以前このブログの2015.4.1の記事で、書いたことがあります。
 パリ解放の直後、人々は、占領下でドイツ軍の兵士と付き合っていたフランス人の女性たちを、丸坊主にして辱めるというリンチを行いました。
 ロバート・キャパの作品の中にも、その凄惨なリンチを捉えたものがあります。

    MP900403207.jpg

 この曲の主人公は、おそらくそういったリンチを受けたであろう1人が描かれています。
 ただ曲のイメージは、暗いものではないのです。
 彼女のことを、敵と通じた裏切り者ではなく、頼る者もない街で自分を守ってくれた優しい人が偶然、異国の兵士だった女性の物語を、彼女の目線から描いているからです。

 stockvault-military-tank109.jpg

 曲中ずっと、明るく力強い行進のリズムが刻まれています。
 宗教や文化が異なり、肌の色も習慣も異なる、様々な人々が、手を携え、笑顔で行進していくようなイメージを別府は持ちました。
 そして明るくて力強いリズムなのに、どこか物悲しい思いがするのは、そんな行進が本当に実現されている楽園は、どこにも存在しないからかも知れません。

 a0027_001522_m.jpg

 動画の中で、このリズムを刻んでくれたのは
 ピアニスト鶴岡雅子
 ベーシスト中村尚美
の2人です。



 
 いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 今年の東京コンサートは9月4日(金)です。ローソンチケットにて発売中でございます。

 04.jpg
スポンサーサイト

[edit]

trackback: -- | comment: 3

« 自分のための訳詞  |  何もせずにいては… »

この記事に対するコメント

NoTitle

おっ、東京公演ですね。
出張と重なればラッキーですが、予定を見て作戦を練ってみたいと思います。

↓ 様々な景色や光景が移り変わる散歩道ですね。

白黒猫 #- | URL | 2015/06/27 06:43 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2015/06/28 14:19 * edit *

すみません。前回の私のコメントと差し換えてください。

4月の東京ライブで特に印象的だったのがこの歌でした。別府さんのレパートリーの中には「死んだ男の残したものは」「脱走兵」等、戦争に巻き込まれた者の哀しみを歌ったものがいくつかありますね。実は今日、長谷川きよしさんのライブに行ってきたのですが、長谷川さんも平和への願いを込め、スティングの「Fragile」をご自身で訳されて歌っておられました。静かな歌ですが強く訴えるものを感じました。

只野 時事居 #I60QK38Y | URL | 2015/06/30 22:28 * edit *

コメントの投稿

Secret