05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

夢が広がる… 

 松山のお話をもう1つだけ。

 実は、松山のホテルに入って、最初に窓から外を見たときから気になっていました。
 うっそうとした山の緑の中に、立派な古い洋館が建っていたのです。

 14333.jpg

 なんだか由緒ありそう。

 調べてみると、じきに判明しました。
 旧松山藩主の子孫だった伯爵が、大正時代に別荘として建てたもので、現在では国の重要文化財に指定されている洋館「萬翠荘」とのことでした。

 ホテルからは、歩いても大した距離ではありません。

 1433379199475.jpg

 緑に囲まれた坂道をトコトコ…

 1433379152319.jpg

 途中にあった池の畔のあずまやに碁盤と碁石が置いてあったりしまして…
 この池の畔で、正岡子規が囲碁に興じたという謂れがあるんだそうです。
 そして坂道を終点まで行きますと…

 1433379087710.jpg

 おおっ、美しい。
 建物の内部も一般公開されておりまして…

 1433378983641.jpg

 いにしえの大正ロマンの香りを色濃くとどめております。

 1433379067262.jpg

 パーティーが催されたりしていたんでしょうね。

 a1433379010249.jpg

 大きな窓から、ゆったりと入ってくる風に、レースのカーテンが揺れています。

 ところで、この萬翠荘、なんとイベントやコンサートなんかにも使えるんだそうです。
 ふっふっふ
 ピアノも持ち込めるのだそうでして…
 これはじっくり検討せねばなりませんよ。
 別府葉子 大正ロマンライブ in 松山、なんてね。



 
 いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 今日の1曲は別府のオリジナル曲「月虹(げっこう)」です。

 
スポンサーサイト

[edit]

trackback: -- | comment: 4

« 「そうだったのか!」と気づかされることは楽しい  |  マドンナごっことか、してみる… »

この記事に対するコメント

NoTitle

この場所いいかも。というかピッタリきそうな感じがしますね~ 松山には仕事でしょっちゅう行ってましたがこんなとこがあるのを知りませんでした。知ってれば見学に行ったのにな~

自遊自足 #- | URL | 2015/06/06 05:39 * edit *

NoTitle

それにしても貴女は写真がお上手だ。
まるで絵葉書を見ているようだ。

old comber #- | URL | 2015/06/06 13:22 * edit *

東京コンサート、待っています。

 ANAホテルでしょうか。時期にもよりますが、朝バイキングのみかんジュースがいいですね。商店街のアサヒでしょうか鍋焼うどんは大阪と違って又、魅力ありますね。ご掲載のところもいいところですね。東京コンサート、楽しみにしています。同地は、都内有数のフランス人の多いところ。朝のアグネスホテルなど、時にフランスのような感じです。

感動人 #CRSHTEAU | URL | 2015/06/06 20:32 * edit *

これはすごい!

古い建物が好き~といっても中世以前のそれとかではなく明治~昭和初期の西洋文化流入時の“日本が青春だった”時期のものが特に好きなのですが、これはまた違った魅力がありますね。

一番惹きつけられたのが建物ではなく

>>途中にあった池の畔のあずまやに碁盤と碁石が置いてあったりしまして…

これです!こんなの、初めて知りました。これはもう、これこそが文化だと思いながらも…もうひとり誰か碁を好む方が来ないと成立しないという…そこも面白さのうちですね♪
何だか古典落語みたいなものを感じました。

こういうところでのシャンソンライブって面白いでしょうね。アクセスが一番肝心なところでしょうが、こういう空間ではお客もじっくりと真剣に聴き入りそうですよね。

あるもんなんですねぇ、こういう空間が。

中林20系 #- | URL | 2015/06/08 20:45 * edit *

コメントの投稿

Secret