08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

読む前の楽しみ 

 このところ、毎週末ごとに各地でライブを行っていたので、それなりに大変だったわけですが…
 先週末に宇多津ライブを終えて、次回の松山ライブまでは2週間空くこともあって、今のうちにというわけで、溜まっていた細々した用事を、いろいろ片づけていました。
 ふー、ちょっとクタビレタぞ。

      MC900423812_201505212028102a1.jpg

 こんな時は、ゴロゴロしながら、面白い本でも読みたいなーというわけで、Amazonで本を買いました。
 買っても、いつ読めるか分からないというところもあるのですが、ほら、買っただけでも気分が変わるでしょう。
 まず1冊目

 1432207273663.jpg

 「パリの国連で夢を食う」 川内有緒 著
 筆者の川内さんは、なかなか国際的で華麗なキャリアをお持ちの方のようですが、30代にしてパリで働く国連職員に転職したかと思うと、5年余りで、そちらも辞めて、今度はものを書く人になってしまったという、なんだか自由に生きてるなーって感じの方です。
 その活力を、ガッツリ感じさせていただこうという企みで、買ってみました。
 さっそく少しだけ読みましたけど、とっても読みやすくて、面白そう。チビチビ読もうかな…
 そして2冊目は

 1432207249195.jpg

 「本能寺の変 431年目の真実」 明智健三郎 著
 話題の本みたいですよね。
 以前、秀吉ものの本を読んだとき、歴史的な事実に迫る学者の手法に「おお」って興奮したのを思い出しました。筆者が、かの明智光秀の子孫というのも、ワクワクものですよ。こういう本は、一気に読みたいから、チャンスを伺って、しばらく置いておこうかな。
 そしてもう1冊

 1432207218848.jpg

 「オシム ゲームという名の人生」 マルコ・トマシュ 著
 ふっふっふ
 わが人生の師、オシム先生の本とあっては、買わないわけにはいかないでしょう。
 さっそく途中まで読みましたが、すごく感じたのが、日本人の書いたオシムさんの本と随分ちがうぞ、ということでした。
 筆者は、オシムさんと同じボスニア・ヘルツェゴビナ出身の詩人だそうです。だからオシムさんを、憧れの人物として、子供の頃からよく知っていたわけですよ。だから皆(たとえばボスニアの人ということですが)が知っていて当然のことは省いてしまっていて、日本人が書くときのように説明的ではないのですが、逆に、自分にとっての「オシム」が生き生きと描かれているんですよ。
 興味は尽きません。



 
 いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 今回のツアーも、いよいよ大詰め。ラスト5月30日(土)は松山市です。

 15STチラシ03

 今日の1曲は「アミラとボスコ(橋の向こう側)」です。

 
スポンサーサイト

[edit]

trackback: -- | comment: 3

« 実は既に目をつけている曲は他にも…  |  そして宇多津ライブ終了 »

この記事に対するコメント

NoTitle

 「本能寺の変 431年目の真実」、すごく興味があります。会社に勤務しながら本能寺の変の研究を続け、それを本にしたんですよね。6年前に出版された「本能寺の変 四二七年目の真実」もとても気になります。
実はこの本を知るまで、明智光秀に子孫がいることを知りませんでした。
各地でのライブ、お疲れ様でした。
読書をしながらしばらく休んでください。

BB #- | URL | 2015/05/22 07:30 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2015/05/22 13:46 * edit *

楽しみに

別府様
今度の松山公演、楽しみにお待ちしています。真っ先にチケットは購入しました。

まさか、松山で公演が聞けるだなんて!ワクワクしているところです。

じゅん #CjR4k1/2 | URL | 2015/05/23 07:29 * edit *

コメントの投稿

Secret