09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

ひと仕事終えた後の一杯… 

 昨日の記事にアップさせていただいた「私の心はヴァイオリン」ですが…
 自分でも聴きなおしてみているうちに色々なことを思い出しました。
 この曲が入っている 1'stアルバムが出たのは 2006年の初旬、別府がまだ高松に住んでいたときでした。その前年 2005年の年の瀬も押し詰まったクリスマスの頃、別府は独りギターを担いでレコーディングのために大阪にやってきたのでした。
 伴奏の上田裕司さんや音響のスタッフさんたちとの打ち合わせを交えながらのリハーサルの後、本番は全曲ワンテイクの一発録り。もう1回同じテンションで歌えと言われても「無理っ」と答えるしかないほどに集中力を高めて歌いきりました。
 そのときの集中と緊張はピアノの上田さんも共有して下さったようです。
 このときの「私の心はヴァイオリン」のピアノは最高の出来だったと後日、熱く語って下さいました。

 もう一回聴いてみたくなりました?「私の心はヴァイオリン」
 ピアノが奏でる甘い愛のしらべは、心のうちを軽やかにくすぐりながら、どこまでも染み渡っていくはずです。

 ちなみのレコーディングが終わった後、別府は独りホテルに帰って一休みしてから街に出て、近くの居酒屋風のお店でシミジミしました。

a0001_011395.jpg

 クリスマスの夜、独り居酒屋で燗酒を酌む女。「誰だよ、あんた」って感じではあったかと思いますが…
スポンサーサイト

[edit]

trackback: -- | comment: 4

« 快挙、歓喜、そして…  |  「私の心はヴァイオリン "Mon coeur est un violon"」 »

この記事に対するコメント

こんにちは

初めまして。
以前から「別府」と言うお名前が気に成ってました。

何故なら・・・私は地名ですが・・・大分県別府の出身で・・・(笑)

ポチっとしときました

えへへ #- | URL | 2010/06/25 14:37 * edit *

シャンソンが身近に。

こんばんは。
私がシャンソンに興味を持ったのは宝塚歌劇の第二部ステージで次から次へとシャンソンのオンパレード、すっかり魅了されました。
今の若い人達はロック、ラップ、J-POPしか興味がない傾向は否めません。
でも、本当の音楽を愛好する人は数多くのジャンル曲を楽しみます。
私も洋楽が大好きです。
どの分野でも専門的なアーティストが欠かせません。
葉子さんのご活躍を絶えず、見守っています。
ファンになりましたので。

あつあげ #- | URL | 2010/06/25 20:06 * edit *

Re: えへへ様

大分県の別府とは関係がないですね…
残念ながら。
行ったことがあるのは中学の修学旅行のときだけです、ははは。
それはともかくマイケル格好いーですよね。私の大好きです。

葉子 #- | URL | 2010/06/25 21:31 * edit *

Re: あつあげ様

ご声援ありがとうございます。
フランスを中心にヨーロッパの歌を歌うことが多い別府ですが、オリジナルも発表しています。

葉子 #- | URL | 2010/06/26 10:04 * edit *

コメントの投稿

Secret