FC2ブログ
05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

永田文夫先生のこと 

 先日、日本訳詩家協会関西支部の総会が行われました。
 今回の総会は、いつもとは少し違う意味合いを持ったものでした。
 というのも、長年、日本訳詩家協会の会長を務められてきた永田文夫先生が先ごろ亡くなられてしまったという事情があったからです。

   nagata.jpg

 永田先生と初めてお話させていただいたのは、別府が日本訳詩家協会に入会したときでした。
 永田先生は、協会が設立された歴史や現在の活動の目的といったものについて、詳しく説明してくださり、それがそのまま入会のきっかけになりました。

 lgf01a201308241800.jpg
 ⓒ Christopher. Michel

 永田先生は、昭和の時代から訳詩家、音楽評論家として長く活躍された方で、岸洋子さんの歌われた「恋心」「暗いはしけ」など数々の名曲の訳詩を手がけられた方です。
 そして日本訳詩家協会の会長としては、訳詩家の地位と権利の確立のために、ご高齢にもかかわらず精力的な活動を続けてこられました。

 lgf01a201306010900.jpg
  ⓒ The Wedding Traveler

 そしてジェントルマンという呼び名が本当にふさわしい方でした。
 別府のようなものに対しても、少しも驕りのない姿勢で、いつも礼儀正しく謙虚な態度をとられ、優しく熱心に語りかけ、あるべきことわりを教え諭すように説明して下さっていました。

 gf01a201502121400.jpg
  ⓒ Christopher Combe Photography

 大黒柱を失った訳詩家協会は、いま将来に向けて、熟慮を求められるときを迎えています。
 別府は、訳詩家協会関西支部の副支部長の肩書きをいただいておりますが、未だ力乏しき未熟者に過ぎません。
 ただ縁をえて入会させていただいた会員の1人として身の力を尽くさねばと感じています。



 
 ブログランキングに、いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 今年の夏のミニツアーは、大阪、名古屋、東京、甲府と周ります。大阪(Lコード54591)、東京(Lコード71912)はローソンチケットにて発売中。

 2016Stourチラシ02
 (クリックで拡大します)

 今月のレギュラーライブは6月9日(木)でございます。

 1606Ds.jpg
 (クリックで拡大します)

 今日の1曲は「時代」です。

 
スポンサーサイト



[edit]

trackback: -- | comment: 2