FC2ブログ
04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

学ぶべきことには限りがないです 

 しばらくの間だけだったのですが…
 身近な人が車イスでの生活を送っていました。
 本人から聞いた話がすごく興味深かったので、ここに書こうと思います。

  avaxhomews.jpg
   © avaxhome,ws

 一言でいうと、車イスで生活するって、すごく大変だったということなんですが。
 想像していたのと全然違うレベルの大変さだったということでした。

 matdur69.jpg
   © matdur69

 まず基本的に車イスを自分で動かすのは、すごい力仕事だということです。
 特に建物を出て公道を進もうとすると、10m、20mを前進するのが大変で、200m離れたコンビニまで行くのは、気の遠くなるような作業だったとか。
 しかも力がいると言うだけではないらしいです。

 歩道のない生活道路で、道の端の方を進もうとすると、なかなかまっすぐ進めないらしい。
 ほら、道路は中央が高くなっていて、両端に向かって勾配が付いているでしょう。
 まっすぐに進もうとすると、勝手に溝の方に曲がっていって、そのまま行くと2mも進まないうちに側溝に落っこちてしまうことになるそうです。

 じゃあ、歩道なら進みやすいかというと、全然そんなことはないらしくて…
 まず狭い歩道というのは、歩道のない道路より、はるかに右に左にと勾配が付いているらしいです。ほら、歩道を横切って自動車を出し入れするためのスロープなんかが付いているでしょう。
 逆に広い歩道には、小さい段差が至るところに存在している。
 後から誰かに押してもらうならともかく、車イスを乗っている人が自分で動かそうとするとき、ほんの2cmの段差が、どれほどの障害になるか「自分で乗ってみた人でないと分からない」んだそうです。

 intocable-pelicula-5.jpg

 どこでどんな苦労をするか、世の中にはどれほど車イスにとっての障害物が満ち溢れているか…
 このリストは長いです。
 ただ、このブログは、それを1つ1つ挙げていくことを目的とはしていないので、止めておきます。

     MC900423828_2016051921284533e.jpg

 別府が思ったのは、「その人の身になって考えてみれば自分には理解できている」と考えることは、実はぜんぜん不十分な考え方らしいぞ、ということでした。
 私たちは、いろいろな考えをまとめるときに、出来るだけたくさんの知識を集め、それを自分なりに整理して、そこから様々な推論を働らかせて、熟慮のすえ適切な結論を導いていると、思ったりしています。
 でもホントは、その知識も推論も「ぜんぜん不十分」だったりするのかもしれないなー、そんな気がしたわけです。
 自分が愚かであることを、自戒、自戒。



 
 いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 今年の東京夏ライブは9月2日(金)でございます。

 16ルーテルチラシ01

 今日の1曲は「いつも何度でも」です。

 
スポンサーサイト



[edit]

trackback: -- | comment: 6