FC2ブログ
11 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 01

別府の Youtube 動画、ラトビアで100回以上再生されてた! 

 ラトビアは、北ヨーロッパ、バルト海に面した小さな国です。
 面積は九州の2倍足らずくらいとか。

 Map_of_Latvia_and_neighbori.jpg

 北方に位置する隣国エストニア、南方の隣国リトアニアとともに、バルト三国という呼ばれ方をしたりすることもありますね。
 ほら、最近、リトアニアを舞台にした「日本のシンドラー」杉原千畝さんの物語が映画化されて話題になっていたり…
 映画、観に行きたいなと思っていますが、今日の記事は、それとはまた別の話です。

 別府もライブでよく歌う曲「百万本のバラ」、この曲のルーツを辿ると、ラトビアに辿り着きます。
 “Dāvāja Māriņa”というラトビア語の歌謡曲が「百万本のバラ」の原曲です。
 直訳すると、「マーラは与えた」といったほどの意味らしいのですが。
 歌詞の内容は、大国ロシアを始めとする諸外国から侵略と干渉を受け続けた小国の悲哀を比喩的に描いたものです。
 この曲が、当時のソビエト連邦に輸入され、そこで貧しい男性が美しい女性に恋をするという内容のロシア語の歌詞が付けられて歌われ、やがて世界的な大ヒットへとつながっていったわけですね。

 画家02

 ところで、このラトビアを始めバルト三国、観光資源が豊富で、観光地としてとても人気のある国らしくて、日本からの観光ツアーもあるそうです。

 latvia-172016_960_720.jpg

 そんなツアーに参加された方から伺ったお話です。
 現地で添乗員の方が、いろいろな観光地なんかの説明をされていた中で、あるとき「百万本のバラ」についてのお話になりました。
 曲の歴史や背景について説明されてから…
 「たくさんの歌手の方が歌われていますが、この歌手の歌が1番です。別府葉子という歌手です」
と言って、Youtube からダウンロードした別府の「百万本のバラ」を流してくれたそうです。
 ツアー参加者だったその方は、う~ん、知らない歌手だなぁと思いながら、帰国後、ネットで調べて、Youtubeで別府の歌を聴いたりして下さるうちに、すっかり別府を気にいってくださったそうでして。

 添乗員の方が、どんなご縁で別府のことをお知りになったのかは分かりませんが…
 なんとも有難く、言葉にならないほど、うれしい話でした。
 ちょっとジーンとしちゃいましたよ。

 
 この動画を音源にしてくださったみたいです。



 
 いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 冬のツアー、12月26日(土)の東京ライブは、ただいまローソンチケットにて前売券発売中です!

 1516Wフライヤー02
スポンサーサイト



[edit]

trackback: -- | comment: 3