FC2ブログ
10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

土佐紀行 カツオ漁の町で思う… 

 町外れに位置する双名島を後にして、私たち一行は、久礼の町中に戻りました。
 町の東側に連なる海岸線です。

 1446256818619.jpg

 波荒い太平洋ですが、ここは入り江の奥、防波堤に囲まれて、海はおだやかな表情をみせています。
 左の方、水平線の近くに双子のように2つ並んでいる島が、別府が、さっきまでいた双名島です。

 そして、こちらの海岸に立って、後を振り向くと、こんな方の像がありました。

 1446256686740.jpg

 青柳裕介氏の像です。
 と書きつつ、別府は名前を聞いても、ピンときませんでした。ごめんなさい。
 高知県出身の高名な漫画家の方で、その代表作は「土佐の一本釣り」。
 ずばりこちら久礼の町を舞台とする作品だそうです。
 こんなん。純平と八千代。

 1447192572544.jpg

 そうか、だから、こういうものがあるのか…

 1446256797096.jpg

 カツオの慰霊碑です。

 実は、この久礼の町、カツオ漁の本拠地だそうです。
 そして「漁師町」として初めて、国の文化財(重要文化的景観)に指定された町なんだとか。
 うんうん、納得です。この町の佇まいは日本の「ふるさと」を強く感じさせます。
 自分の生まれ故郷に帰ってきたような心の安らぎがあるのです。

 1446256854042.jpg

 浜辺を出たら、そこには八幡様。

 1446257191547.jpg

 町の中心にお宮がある。
 海の幸に恵まれた集落で生きる人々の、自然の恵みに対する素朴な感謝の念。
 それが形になったような景観は、私たちが祖先から受け継いできた暮らしの原点の姿を見る思いです。
 自然とともに生き、自然に対する畏敬の念と、感謝の心を忘れない姿…

 そして、そのすぐ側こにあったのが、こんな建物でした。

1446257141137.jpg

 南海トラフ大地震に備えた避難塔です。
 津波に対する避難場所ですね。
 私たち人間は決して自然には敵わない。

 1446257100549.jpg

 だから、ときが経ち、時代が変わっても、私たちは作る。
 形を変えて。
 自然の、その大いなる力と対峙するときに、恐れと敬いの心を失うことなく、それと向かいあう象徴を。
 そんなことを思ったりもした瞬間でした…



 
 いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 冬のツアー、12月6日の大阪ライブと12月26日の東京ライブは、ただいまローソンチケットにて前売券発売中です!

 1516Wフライヤー02

 今日の1曲は「いつも何度でも」です。

 
スポンサーサイト



[edit]

trackback: -- | comment: 2