FC2ブログ
02 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 04

思い出紀行 

 往年のロック少女が、シャンソンへシフトしたのは何故?というコメントをいただいて、ふと昔のことを思い出してしまいました。

   MC900446066_2015031808120944f.jpg

 別府が本格的にギターを始めたのは、高校のギター部に入ったときからでした。
 弾いていたのはクラシックギターです。
 根が凝り性なんでしょうね、大層熱心に練習しておりました。

 MC900434773[1]

 そんな頃、先輩から悪の道?に誘われまして(笑)
 ロックバンドでエレキベースなぞ弾くようになったわけです。
 練習のために貸しスタジオに通ったり
 ライブハウスでライブをやったり…
 でも別に、不良少女って訳じゃなくて

     AJ-Bass-Guitar.jpg

 両親には心配させたくなかったので、ライブに来てもらったこともありました。
 高校生バンドが集まってやってたライブでしたね。
 しっかりやっとるんやなと信頼してくれたみたいでした。
 うちの両親は公務員でしたからね、最初、娘がライブハウスに出入りしていると聞いただけで、だ、大丈夫なのか?というところはあったと思います。

     MC900424466[1]

 大学に入ってからも、クラシックギターと、ロックとの2足のワラジは続きました。
 でもボーカルデビューは割と遅くて、20歳くらいのときだったと思います。
 ボーカルをやってた子が体調を崩したときに、ちょっとやってみてと言われてやったら、おー、いけるやんってなって(笑)

 MC900252879.jpg

 でもそんなロックな時代は大学を卒業してしばらくまででした。
 週末は梅田でストリートパフォーマンスとか、難波にも、よく出かけたけど…
 そんな時代は、ふっつりと終わりました。
 そのころは職業としてのミュージシャンをリアルにイメージ出来なかったのです。
 「自称ミュージシャン」を見過ぎたせいかもしれません。
 ミュージシャンを名乗ることは簡単ですが、何らかの形で音楽を生活の基盤に出来るほど、需要のある音楽を提供し続けることは至難の業だということは、直感が教えてくれました。

 「シャンソン」に辿りつかなかったので、つづく…



 
 いつも応援をいただきましてありがとうございます。

 別府葉子フェイスブックページも開設しております。よろしくお願いいたします。

 スプリングツアー情報です。皆様方のお越しをお待ちしております。

 15STチラシ03

 今日の1曲は「夢のあと」です。別府のオリジナル曲です。

 
スポンサーサイト



[edit]

trackback: -- | comment: 4